流行性角結膜炎りゅうこうせいかくけつまくえん

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

流行性角結膜炎とは

アデノウイルス8,19,37型を主とするウイスルが原因による急性の結膜炎のことを流行性角結膜炎と言います。1〜2週間の潜伏期間のあと、目やにや強い充血、異物感などの症状を引き起こします。角膜混濁などの合併症を起こすこともあります。強い感染力をもつため「はやり目」と呼ばれています。

流行性角結膜炎の症状

流行性角結膜炎は、潜伏期間後、急に症状が現れるのが特徴です。代表的な症状の1つとして、目やにの症状があります。あまりに多くの目やにが出るために、起床時、目やにで目が開けられないという症状も珍しくありません。そのほか、目のゴロゴロとした異物感、ひどい充血、涙目などがあり、症状の重いものでは耳前リンパ節の腫れが起こり、痛みを生じたり、発熱したりするという場合もあります。
  
片側の目が先に発症し、その後にもう片側の目が感染する場合が多く見られますが、先の片目が発症した時点で体内の免疫が備わるため、あとに発症した目のほうが症状が軽いという場合もあります。

流行性角結膜炎の原因

流行性角結膜炎はアデノウイルスというウイルスが原因で発症します。アデノウイルスは風邪の原因にもなるウイルスの1つであり、タイプによって起こる症状にも違いがありますが、流行性角結膜炎は、アデノウイルスが原因となって起こる目の症状の中で最も強い症状が現れるのが特徴です。
  
大変感染力が強いため、流行性角結膜炎になった人が、自身の目を触った手で他の人に触れると、ほぼ感染すると言ってよいほど強い接触感染を起こします。タオルや、電車のつり革、ドアノブなどの接触でも感染してしまうため、実際は感染経路が不明であることが多いとされています。

流行性角結膜炎の治療法

流行性角結膜炎は発症から2週間は特に強い感染力を持つとされています。手を介して他の人にうつさないよう、努力と配慮をしっかりすることが大切です。発症した人も家族も、手で目をこすらない、石鹸を使い、よく手を洗うといった基本的なことから、一緒のタオルを使わない、手で触れた部分をアルコールで拭く、発症者は最後に入浴するなど、できるだけ接触を避ける必要があります。
  
また、学校保健法による学校伝染病に指定されているため、学童は医師の判断があるまで学校への出席は停止となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

流行性角結膜炎に関するコラム