医師監修

腟炎とは

腟炎とは、さまざまな菌やカビなどにより、膣部に炎症が起こる感染症のことを指します。膣内は通常デーデルライン乳酸桿菌が常在しており他の菌の増殖を抑えていますが、体調の変化・妊娠・抗生剤の使用などにより、そのバランスが崩れると大腸菌やブドウ球菌、カンジダなど外陰部周囲にある常在菌が異常繁殖を起こして膣炎を引き起こします。また、トリコモナス膣炎のように性感染症のものや、萎縮性膣炎と呼ばれる閉経後女性ホルモンの低下により膣内の環境が悪化し菌の増殖が起こるものもあります。

腟炎の症状

腟炎の一搬的な症状としては、性器の外側の部分に痒みが生じます。不快感と共にひどくなると痛みも生じ、外陰部が赤く腫れてきます。
また、おりものが増えたりおりものの色や臭いに変化が表れてくるのも、腟炎の特徴のひとつです。正常な体調でのおりものは無臭透明ですが、膣炎にかかると黄色やチーズのようなおりものが増えてきます。また臭いも通常よりも臭い場合があります。これらは膣炎の種類にもよります。
膣炎は、カンジダとクラミジア、トリコモナスの3種類が代表的です。
カンジダの場合はチーズのようなおりものが増えます。トリコモナスの場合は痒みや痛み、おりものの悪臭、そしてクラミジアは下腹部が痛くなるといった特徴がそれぞれにあります。

腟炎の原因

腟炎にかかる原因として、まず性行為が挙げられます。トリコモナスとクラミジアは、性行為により感染する場合が多いです。トリコモナス菌は男性の尿道に存在し、女性に感染して女性の膣内で増殖してしまうことがあります。便器や下着、指などから感染する場合もあります。
クラミジアは性病の一種でもあるので、ピンポン感染しないように注意が必要です。
またカンジダ菌は、本来人間の体内に存在する常在菌ですが、疲労やストレスが溜まると増殖する傾向があります。また生理の時に、ナプキンではなくタンポンを使用している場合に、タンポンを長時間入れたままにしていたり取り忘れることにより、カビ菌が繁殖することもあります。タンポンを使用する際には注意してマメにましょう。

腟炎の治療法

腟炎の予防対策としては、性行為の際にはきちんと避妊をして、始める前と終わった後には体を清潔にすることが大切です。男性の陰部や指から感染することもあるので、男性が清潔に保つことは非常に大事です。
また排便の際には、前から後ろに向かって拭くようにし、大腸菌が膣のほうへと侵入しないように心がけましょう。
タンポンを使用する場合には、長時間の使用は避けてマメに交換し、取り忘れにも気を付けるようにします。特に夏場は汗もかくので、短時間で取り換えるようにするほうが良いでしょう。
膣部や膣内を清潔に保つことが何より大切ですが、体力が低下して免疫が落ちると腟炎にかかりやすくなるので、きちんとバランスの良い食生活を心がけてしっかりと睡眠をとることも大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

腟炎の相談