慢性下痢に関する薬

薬剤師監修

慢性下痢の薬の上手な選び方・使い方

慢性下痢はお腹が弱い方や過敏性腸症候群の方や生活習慣が偏った方などに起こりやすい症状です。慢性的に下痢の症状が続くため、早く治したいと考え、つい下痢止めの薬を飲んでしまう方もいらっしゃるかと思いますが慢性下痢の場合の薬の服用には注意が必要です。慢性下痢の根本的な原因は腸内の環境が乱れていることです。慢性下痢では腸内の悪玉菌が増え、腸が正常な水分調整ができなくなったことにより引き起こされる症状です。一般的な下痢止めの薬では下痢の症状を止める働きをするため、慢性下痢の原因である腸内環境を整えることにはなりません。慢性下痢を治すためには腸内環境を整える整腸剤や乳酸菌サプリメントを摂取することをおすすめします。他にも納豆菌やオリゴ糖などのサプリメントでも腸内環境の正常化が期待できます。慢性下痢を治すためには、下痢止めを服用するのではなく生活習慣や食生活を見直し腸内環境を整えることが必要になります。下痢の症状を治したいからといって下痢止めの薬を服用するのではなく、長期的に整腸剤や乳酸菌を摂取し腸内環境を整えることで改善していきましょう。自分に合った長期間続けられる薬やサプリメントを選ぶことが重要です。

慢性下痢の薬の副作用と注意点

慢性下痢の症状を改善のために下痢止めの薬を服用する場合には注意が必要です。一般的な下痢止めの薬は下痢の症状を止める働きをするため、腸の環境の良し悪しに関わらず下痢の症状のみを止めることができます。下痢の症状を引き起こしている神経に作用して下痢の症状を止めるため、神経が薬に慣れてしまうと効果が得られなくなってきます。慢性下痢で症状が続く場合には下痢止めの薬を飲み続けていても徐々に症状の改善がみられなくなってくる可能性があります。また、下痢止めの薬には副作用もあるため服用の際には注意が必要です。下痢止めの薬は下痢の症状を起こしている神経に働きかけるため生活に支障をきたすような症状が引き起こされることもあり、動悸が起きたり喉が渇く、めまいがする、眠気がする、アレルギー反応が出るといった副作用が起きることがあります。下痢止めの薬が効きすぎてしまった場合には便秘症状が現れることもあります。下痢止めの薬の服用は、やむを得ず慢性下痢の症状を緊急で止めたい時のみに控えた方がよいでしょう。継続的に生活習慣などを見直し腸内環境を整えるために整腸剤やサプリメントを飲み続けることが慢性下痢を治すことに繋がります。

慢性下痢の薬の飲み合わせ

慢性下痢の症状に悩んでいる方の場合、長く続く下痢の症状と風邪や頭痛の症状が同時に起きてしまうことも多いかと思います。そのような場合の薬の服用についてですが、基本的に下痢止めの薬は風邪薬や頭痛薬と一緒に飲み合わせても問題ありません。また、頭痛と下痢の症状が同時に起きている場合では水分不足が原因で頭痛の症状が引き起こされている可能性があります。下痢の症状が続き頭痛症状が後から現れた場合には頭痛の薬は服用せずに下痢止めの薬のみ服用し、こまめに水分補給をしながら様子をみることで頭痛症状が改善してくることがあります。しかし、風邪薬や頭痛薬にも薬の種類や副作用があります。いずれも下痢止めの薬と複数の薬を飲み合わせる場合には薬局で薬剤師の方に相談したり、薬に添付されている説明書をしっかりと読み、安全を確認した上で服用することをおすすめします。また、病院で治療を行っている方や処方されている内服薬がある方は下痢止めの薬の服用をする前に掛かり付けのお医者さんに確認をとった上で服用してください。薬の飲み合わせを行っていても症状に改善がみられなかったり症状が悪化するような場合には早めに病院での治療を受けることをおすすめします。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性下痢に関する薬一覧