ママ気づいて…子どもの体調不良は、心の問題?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

心理的なストレスが問題になることも・・・

子どもは、大人のように自分の思いをうまく言葉で表現することが出来ません。そのため心理的なストレスを、体の不調として表現してしまうことがあります。

身体的な病気がなければ、心のケアを!

ストレスを体調不良として訴える場合、その症状の出方はそれぞれですが、一般的によく見られるのが、
・腹痛
・下痢
・吐き気
・頭痛
・息苦しさ
・発熱
…などです。

しかし、子どもが体の不調を訴え、なおかつ登校も拒否されている場合でも、まずは医師の診断を仰いでください。最初から、心理的なストレスや心の問題と決めつけるのはNG
ひょっとしたら、何か病気がひそんでいるかもしれないからです。適切な診察のもと、身体的な原因が見当たらない(つまり、病気がひそんでいないということ)場合、心理的な要因による可能性が考えられます。

病気 or 心の問題? その見分け方は?

病気なのか、心理的なストレスからの症状なのかの見分け方としては、親など周囲に人がいないところでは、ケロっとしているかどうかがポイントになります。
心理的な要因による不調の訴えの場合は、周囲の目に付かないところでは、体調不良のそぶりはありません。注意深く行動や言動を観察することが重要です。

医師からのアドバイス

心の問題である可能性が高い場合は、子どもが不安や恐怖心、欲求不満、ストレスなどを抱えていないかどうかを検討し、子どもを取り巻く環境の調整を行うようにしましょう。それでも尚、症状が続くようであれば再度、医療機関に相談し、隠れた病気がないか念入りにみてあげましょう

育児疲て心も疲れてきた…そんな方には、簡単なセルフチェックもおすすめです。
【心のお疲れ度】チェック

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

ストレスについて