コラム画像

体調不良の原因かも?医師がストレスの悩みに答えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me 編集部

精神的なもの、肉体的なものと様々な症状が起こるストレス。初期症状は、目の疲れや食欲不振、立ちくらみなど。でもこれを軽い風邪や貧血と勘違いし、長期間悩まされるケースも。このようなストレスが原因である可能性が高い相談が「Doctors Me」にも多く寄せられています。

今回はそんなストレスのお悩みの中からピックアップして、医師からの回答をまとめてご紹介します!

ストレスの症状

精神的なものから肉体的なものまで様々な症状が起こりうる可能性があります。

【質問】
最近心臓の鼓動を強く感じるようになりました。とくに食後や、家事をしている時に動機みたいなのが起こります。 暑さのせいなのか、ストレスか、不安になって調べてみると、いろんな原因があることを知り、心配になりました。


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答 】
ストレスや体調が悪いと自律神経が乱れて動悸が起こることは多いですね。続くようであれば、不整脈の可能性もありますので、内科を受診して心電図や24時間心電図など検査をしてもらいましょう。まずは体の疲れをしっかりとって、睡眠も十分とってみてください。


出典:Doctors Me 医師への相談





【質問】
色々頭抱えて痛くなったり少し気を失いそうになったりするのはなぜでしょうか?


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答 】
ストレスにより脳からノルアドレナリンが分泌され、それが交感神経系に異常をきたすためだといわれています。

出典:Doctors Me 医師への相談


ストレスの原因

重大な病気に発展してしまわないためにもストレスの原因を突き止め改善することが、健康的な生活を送るために必要です。

【質問】
2年ほど前から体調不良が気になり始めています。疑われる病状、現状の危険性などについてご回答頂けたら幸いです。
【最近気になっていること】1.体調不良が治まらない 2.夜眠くない 3.テレビから聞こえてくる音声がうっとうしい 4.数分立っているだけでもふくらはぎがパンパンになり不快 5.肩が凝っている状態が普通 6.毎月の労働時間は250時間前後


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答 】
睡眠不足やストレスの増加により様々な症状が生じたり、悪化したりする可能性はあります。 法定労働時間を大きくこえて働いていらっしゃるようです。働き方を見直して、上司へ相談、転職などを考えるのも一つです。


出典:Doctors Me 医師への相談


ストレスの予防

ストレス予防には、毎日の生活習慣を正すこと、生きがいを見つける方法などが効果的であるとされています。

【質問】
1浪して大学に入り、浪人中に痩せ、大学に入り10キロほど太りました。大学入学以前4年間運動していませんでしたが、入学後バド部に入って週2でやっています。しかし、階段を登るだけで息が上がって足がだるくなり、お腹の調子がいつも悪く困っています。


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答 】
環境の変化にストレスがかかっているのだっと思います。急激な体重の増減は心肺、膝、腰などにも負担がかかってしまいます。 おなかの調子も自律神経の乱れが原因と思われます。 バドミントンはハードなスポーツですから、無理をせず楽しみながら継続してください。


出典:Doctors Me 医師への相談


毎日の満足感と充実を

規則正しい生活リズムに整えることで、精神的な満足感や安心感を自然に感じることができ、ストレスが蓄積されない体質へと改善できます。

また、目的を持って生活をすると充実した毎日が送れるようになっていきます。一つでも没頭できる趣味をもつことは、日々溜まりやすいストレスを上手に解消させるための方法であり、最良のストレス予防策です。


あなたの医師へのギモンを大募集!Doctors Me編集部が医師に取材します!


普段なんとなく疑問に思っていることをお医者さんに聞いてみませんか?応募方法は自分の質問を投稿するだけ、会員登録は不要です。
あなたの質問をDoctors Me編集部が実際に医師に取材して記事化します。

【注意事項】
・すべての質問が記事化されるわけではありません。
・医師への個人的な体調・病状の相談は受け付けておりません。


投稿はコチラ
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

ストレスについて