医師監修

A型急性肝炎とは

A型急性肝炎はA型肝炎ウイルスに経口感染することで、主に肝臓でウイルスが増殖し、炎症を起こす病気です。牡蠣などの海産物の摂食や海外旅行中に感染することが多くみられます。潜伏期は2-6週間で、急性肝炎が重篤化し死亡する場合もあります。ワクチンで予防ができる病気の一つです。

A型急性肝炎の症状

潜伏期間は約1ヶ月と長いため、未発症の感染者を感染源として食品などを汚染し、集団発生する恐れがあります。A型急性肝炎の初期症状は発熱、食欲不振、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢、全身倦怠感などで風邪によく似ています。
  
小児の場合では、不顕性、または発症しても軽い症状で終わることが多いです。成人の場合、これらの風邪とよく似た症状の約1週間後に明瞭な黄疸、または茶褐色の尿や灰白色の便が出ることがあります。高齢者ほど病状が悪化しやすい傾向があります。
  
A型急性肝炎が慢性化することはほとんどなく、ある時期を過ぎると治癒へと向かうことが多いです。しかし、稀に劇症肝炎や腎不全へと移行して重症化してしまう場合もあります。合併症として、急性腎不全、貧血、心筋障害を引き起こす場合があります。

A型急性肝炎の原因

A型急性肝炎の原因は、A型肝炎ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類などを生や加熱不十分のまま直接摂取することで感染します。また、糞便によって汚染された器具、手指などを介しても感染します。
  
食物を介さず、性行為によって感染することもあります。日本での主な感染源は、カキ2枚貝であると考えられていますが、現在では、輸入野菜などが感染源となった報告もされています。衛生状態が悪い発展途上国で感染する人が増加しています。
  
体内に侵入したウイルスを排除しようとする免疫反応がはたらくため、肝炎ウイルスに感染した細胞も攻撃されてしまいます。そのため、肝臓に炎症が起こります。免疫反応によって作られた抗体ができると、二度目にA型肝炎ウイルスに感染しても発病しません。

A型急性肝炎の治療法

A型急性肝炎の予防の1つは、食べ物を生で食べず、必ず火を通して調理することです。感染の危険性のある生水にも注意する必要があります。海外へ旅行する際は、あらかじめA型肝炎ワクチンの接種を行うことで、感染の予防をすることが可能です。また、その他の感染症を予防するためにも、海外では原則として水道水、生水、生野菜、生の魚介類の摂取は避ける必要があります。
  
A型急性肝炎の患者が身近に出た場合は特に注意する必要があります。患者の糞便を介した経口感染などの危険性があるからです。汚染された器具、食べ物には直接触れないようにする必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

A型急性肝炎に関するコラム