胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎たんどうかんせんしょう/たんのうえん/たんかんえん

カテゴリ
肝臓・胆のう・すい臓の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎とは

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎は胆のうや胆管が細菌感染によって炎症をおこす病気です。胆のう炎と胆管炎は合併しておこることが多いことから、二つ合わせて、胆道感染症と呼ぶことがあり、この病気には慢性型と急性型があります。また、胆石が原因になることが多いので、胆石が好発する中年以降の女性がなりやすい病気です。

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の症状

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎は、急性と慢性で症状が変化します。
急性の場合は、食後、数時間が経過してから胆石症の症状とほぼ同じく、みぞおちや右の肋骨下、ときに右肩や背中に痛みが発生したり、悪寒や発熱や茶褐色の尿が出たり、黄疸などがみられます。重症化すると、全身に細菌がまわって、敗血症をおこし意識障害をひきおこしたり、胆のうが化膿して破れて腹膜炎を引き起こす危険もあります。
一方で慢性の胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の場合は、急性発症時よりもかるく、無症状からときどき腹部に痛みがある程度で、発熱が断続的にみられる程度でおさまります。突発的に急性胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎と同じく、悪寒や高熱、黄疸を生じるケースもあります。

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の原因

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の原因としては胆石を持つ女性の場合、好発しやいといわれています。
これは胆石がつまり、胆管内の胆汁の流れが悪くなると、大腸菌と腸内細菌が腸から胆管に逆流して、胆のうや胆管に感染するからです。また、胆管にがんがあると、やはり胆管の流れが停滞しやすく、細菌感染がおこり、胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎が発症しやすくなります。
日常的な食習慣が、脂分を多く含む食品や調味料を使用した食事を長期にわたり摂取している、あるいは暴飲暴食をしたり、多忙な毎日を送り不規則な生活習慣を送っていることが、原因となることもあります。
また、過去になにかしらの胃の手術を受けたことのある人も発症しやすいといわれています。

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の治療法

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の症状の緩和や再発予防を行うには、脂っぽい食事をとりすぎないことが第一です。油、卵黄や肉などが多いファーストフードでの食事は特に食べ過ぎに注意します。
マヨネーズなどの脂性の調味料の使用も控えめにし、バランスのよい規則正しい食生活を送ります。
暴飲暴食や過労、精神的ストレスも誘因となりやすいため、しっかりと休養を取りながら安静にし、ストレスをため込まない生活を送るよう心がけます。
また、慢性化している場合は、胆のうがんの危険性も高まるため、定期的な健診を受け、予防につとめます。
細菌に対しては抗生物質を用いて鎮静化させます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

胆道感染症/胆嚢炎/胆管炎の相談