脂肪肝というと、お酒をたくさん飲まれる人や、肥満の方が発症しやすいイメージがありますが、太っていない痩せ型の人にも脂肪肝のリスクがあるそうです。

 

特に、女性は無理なダイエットしてしまう恐れがあるので、その点も注意が必要です。

 

今回は、脂肪肝の原因や太っていない人が脂肪肝になってしまう理由などを、医師に詳しくお話を伺いました。

 

目次

 

 

脂肪肝とは

脂肪肝 

肝細胞に中性脂肪が貯まる病気です。健康な肝臓でも中性脂肪を3%前後含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。

 

肝臓全体が白っぽく、フォアグラのような状態になってい ます。ここ数年、患者数が急激に増えています。

 

 

脂肪肝の原因

アルコールを飲む肥満男性

 

・アルコール

肥満

糖尿病

・無理なダイエット、飢餓状態

・薬物

 

非アルコール性脂肪肝炎の危険性

今までは、脂肪肝はお酒が原因でおこるイメージがありましたが、非アルコール性脂肪肝炎という概念が、だいぶ定着してきたようです。お酒を飲まなくても、カロリーを過剰に摂取による肥満が原因で起こる脂肪肝の約5%が肝硬変や肝がんに進行します。

 

また、ある種の薬物でも脂肪肝になることが分かっておりますが、まだまだ原因不明の脂肪肝もあります。 

 

 

太っていないのに脂肪肝になってしまう理由

サラダだけダイエット 

ダイエット目的などで食事量が極端に少ないと、肝臓の糖を作るパワーが極端に落ちるので肝臓には脂肪が沈着しません。その為、痩せている体形になります。

 

しかし、この時に少量の炭水化物が体内に入ると、脂肪酸が酸化されず中性脂肪に変化して肝細胞に蓄積されます。

 

さらに、中性脂肪を血中へ分泌させるメチオニンなどのタンパク質が不足している状態なので、中性脂肪が血中に分泌されず、そのまま脂肪肝になります。

 

 

脂肪肝になりやすいタイプ

チェクリスト 

□ 運動習慣がない人

□ 1日3食、決まった時間に食べない人

□ 夕飯と就寝時間の間隔が2時間以下の人

□ 週に3回以上の休肝日がない人

□ 1回の飲酒が中瓶で2本以上の人

□ 極端な食事制限でダイエットをしている人

 

 

脂肪肝の検査方法 

エコー 

エコー・CT

脂肪肝の診断はエコーで行う事が多いです。また腹部CTで見つかることもあります。脂肪肝であれば、肝臓の全体が白く輝いて見えます。

 

ただ、エコーの設定で正常な肝臓であっても白く見えることがあるので、エコーで右の腎臓と比較して、白く輝いているようならば脂肪肝と診断します。

 

血液検査

GOT、GPT、γ-GTPなどの肝酵素が正常範囲を超えることがあります。

 

 

脂肪肝の治療法・予防法  

節酒・断酒

断酒

 

原因がアルコールの多飲によるものであれば、まず節酒や断酒が一番の治療になります。

 

また、休肝日を意識して、ビール中瓶2本以上にならないように節酒しましょう。

 

運動療法

ウォーキングする女性

 

週3日以上で1回30分以上のウォーキングが推奨されます。ただし、ダラダラとウォーキングするのではなく、話ができないくらいの早歩きが必要になります。

 

適度な運動習慣を身につけることで、脂肪肝の予防にもなります。

 

栄養療法

バランスの良い食事

 

肥満が原因であれば、摂取カロリー制限などの栄養療法や運動療法がメインになります。

 

食事に関しても、1日の標準カロリーを超えないようにバランスの良い食事を、毎日3食決まった時間に心がけて下さい。

 

内服薬

内服薬

 

脂肪肝には、ポリエンホスファチジルコリンといった保険適応の薬があります。脂質代謝を活発にすることで、脂肪分を減らす目的です。

 

薬ですが、効果は個人差が大きく、大幅に改善する人からほぼ改善しない人までいます。大切なのは、内服薬と並行して食事療法や運動療法を行う必要があります。

 

 

最後に井上先生から一言

病院で診察 

脂肪肝を肝臓の指肪が増えているだけとたかをくくっていると、命に危険につながる疾患に至る事もあります。健康診断などで脂肪肝と指摘された際は、必ず医療機関を受診しましょう。

あなたの肝臓は健康?
「肝臓のお疲れ度」を今すぐチェック!