睡眠障害の体験談

睡眠障害の完治は可能か

医師確認済み

寝る前にストレッチでリラックス

私は、学生の頃は8時間毎日睡眠を取って快適な毎日を過ごしていたのですが、社会人になってからは、時間の不規則な生活に悩み、疲れているのに、いざというと眠れず、病院へ行ったら睡眠障害と診断されました。
睡眠障害は、お薬で処方する方法もありますが、薬付けになって完治するどころか、もっと悪化してしまうのではないかと心配になり、先生と相談して、ゆっくり完治する方法を教えてもらいました。
そもそも私は、自律神経失調症があるため、これが睡眠障害の引き金になっているそうです。なので、自律神経失調症が回復傾向にあれば、必然的に睡眠障害は完治するというわけです。そのような中、夜就寝の前には、ベットの上などで、軽くストレッチをします。そうすることで、交感神経から副交感神経へ切り替え、体の血流がよくなります。これで心地よい疲れが眠気を誘うことができます。
これを毎日の習慣にしたら、睡眠障害が完治しました。完治が難しいと半分諦めていただけに、お金や時間もかけずに楽になりました。また、体のあらゆる場所に自律神経が張り巡られているそうです。
寝る前にストレッチをすることで、自律神経を安定することができるそうです。これで快適な睡眠をとることができます。

睡眠障害とはどんな症状か

私がよくいく中華料理店の料理人が睡眠障害に悩まされているということで、完治できるかどうかをいつも話題にしています。
あと数年で還暦と言っていたから結構な年齢です。聞くところによると若いころから若干の睡眠障害に悩まされていたそうですが、ここにきて、本格的な症状が現れはじめたとのことで、完治はほど遠いと嘆いています。
睡眠障害は、精神的な病気であるといわれているので、彼も積極的に休みをとったりして、リフレッシュなどをしているようですが、完治はおろか、症状の改善には至っていないようです。
なんといっても、彼がつくるチャーハンと肉野菜炒め定食は絶品で、他店のものとは一線を画しています。私も自宅で真似してつくっているのですが、全く再現できません。以前に彼につくり方を教わったのですが、なかなか上手くできずにいます。そんな優しい料理人である彼が、睡眠障害に悩まされているのが気がかりでなりません。早く完治することを祈っています。先日も、彼の姿が厨房に見えないと思っていたら、睡眠障害の状態が芳しくなく、店を休んでいたとのことでした。美味しい彼の料理を食べるためにも、早く完治して、中華鍋を思いっきり振ってもらいたいです。

睡眠障害を改善に導く近道

眠れない、寝つきが悪いなどの睡眠障害で悩みのある方は多いと思います。それらをいち早く完治出来る方法があります。まずなぜ睡眠障害になってしまったのか、原因がはっきりとしていればそれを直せばすぐに完治しますが、わからない場合は考えるだけでも睡眠障害をひどくさせてしまいます。まず4つのことをやってみてください。
「眠れなくても毎晩同じ時間に布団に入ります」「ベッドは眠るためだけに使いベッドで本を読んだりすることはしないようにします」「朝は決まった時間に起きるようにします」「日中眠くても昼寝はしないようにします」この4つを実行してもすぐには完治出来ません。すぐ効果があるものと同時に行うと良いと思います。
「眠る前にホットミルクを飲みます」「寝室に落ち着く香りのアロマを焚いてみます」「夕食にレタス、玉ねぎ、セロリを適量で食べます」この3つは睡眠を導いてくれますので、最初の4つと同時に実行してみてください。
病院に行くのはとても勇気がいります。またまだそこまでひどくないと思う方も多いと思いますが睡眠障害がひどくなってしまう前に完治はしたいものです。そこでもう一つのお勧めは「カウンセラー」です。「睡眠障害を完治したい」と相談してみるのも一つの方法です。一度会って相談すると良い方向へ導いてくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠障害の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 氷食症は胃が弱る原因

    氷食症・胃

    私は小さな頃から日常的に氷を食べていました。ジュースを飲んだ後にコップに残っている氷は必ず食べていましたし、冬でも冷凍庫の氷をつまんで食べていました。 しかし、夏の暑い日に普段より多めの氷を食べたせいか急にお腹が痛くなり、吐き気も襲ってきたことがありました。これは冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃が弱ってしまうためでした。特に夏は体が熱くなっているところに冷たいものを摂取すると体内が…続きをみる
  • イライラして氷ばかり食べたくなる、不思議な氷食症

    氷食症・イライラ

    この頃身体がだるくてイライラすると感じている頃に、急に氷ばかりを食べるようになったことがあります。今考えると、それが氷食症だったのですが、とにかく氷が食べたくて仕方がないという不思議な症状でした。 仕事をしていたので、職場では氷を食べるわけにもいかずイライラが募り、家に帰るとすぐに氷を食べるという毎日でした。何をするにも小皿に入れた氷を持ち歩き、料理を作っていても、お風呂に入っていてもずっと食べ…続きをみる
  • 氷食症と飴の関係について

    氷食症・飴

    氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。 私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。 氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性が…続きをみる