睡眠障害すいみんしょうがい

カテゴリ
こころの病気

睡眠障害の体験談

何科?睡眠障害を受診するには

医師確認済み

睡眠障害は治ります

全く眠れない日が2週間も続いていました。睡眠障害になったのかな?と思いましたが、病院は何科へ受診しに行けばいいのかわかりませんでした。そもそも、睡眠障害になった理由が全く分かりませんし、元々、寝つきがよくないので、寝るまでに時間がかかります。
「寝つきが悪い」というのも睡眠障害になった理由とすれば、「寝つきが悪い」という事の相談は何科へ行けばいいか考えました。
友人に「睡眠障害は何科に受診したらいいのか?」とたずねると、「心療内科か精神科か、その他は何科で診てもらえるのだろうね。」と言っていたので、とりあえず心療内科へ電話し、「睡眠障害になったようなのですが、何科へ受診すれば良いですか?」と聞くと、「こちらでいいですよ。」と言われたので、後日、睡眠障害の治療で、心療内科に受診するようになりました。
寝つきが悪い原因としては、寝る前に考え事をするのが原因だという事だったので、考えてしまう時間がなくなるように、睡眠導入剤を処方してもらい、毎晩飲むようにしていたら知らず知らずのうちに眠れるようになりました。
睡眠障害は誰にでも起こりうる症状です。悪化しないように、毎日の生活のリズムを崩さないように心がけたいと思います。

睡眠障害をかかりつけ医に相談

今から2年ほど前ですが、私の夫が結婚する前に一人暮らしをしていて、睡眠障害で悩んでいたそうです。夜ベットに入ってもなかなか眠ることができず、朝まで起きていたり、明け方になってようやく眠くなるという感じで、日中突然睡魔がおそってくるので、仕事に集中できなかったみたいです。
病院に行こうと思っても何科を受診するべきなのかわからず、ネットで調べた睡眠外来のある病院は、遠方でしたし、予約で随分先まで埋まっていたそうです。とりあえず、昼間少し体を動かしたり、夜パソコンを使わないようにしたり、クラッシック音楽やラベンダーのアロマなども試してみましたが、あまり改善されなかったということです。
ある時熱が出て、インフルエンザかもしれないと思い、かかりつけの内科医院に行った時、ついでに睡眠障害のことを相談したそうです。その医師は心療内科も専門で、軽い睡眠薬を処方してくれて、少しまとまった休みをとってリフレッシュするようにアドバイスがあったとのことです。
そこでたまっていた有給を使って、1週間ほど実家に帰ってのんびりしてきたら、不思議なくらいスッキリと良くなったそうです。何科に行けば良いか悩んでいる場合は、まず、かかりつけの医師に相談してみるのも良いかもしれません。

貴方はちゃんと眠れていますか?

睡眠は健康的な生活を送る上で重要な役割を果たしています。疲労回復や免疫機能の強化など睡眠時には身体の至るところでメンテナンスを行っています。
しかし、日本は世界屈指の睡眠障害大国なのです。睡眠障害とは、不眠症だけでなく日中の激しい眠気や睡眠中に起こる無意識の動作なども含めた総称とされています。
具体的に、睡眠障害を発症した際には何科を受診するのが適切なのでしょうか。その答えは、不眠の原因によって様々です。日本人で不眠症を抱える人のほとんどが仕事のストレスや嫌な思い出、緊張などによる精神的な問題により眠りを妨害されています。その場合は、心療内科や精神科で心の問題を解決することで、快適な睡眠を手に入れることを目指します。
また、いびきが酷い、睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合は、睡眠外来(呼吸器外来)を受診する必要があります。症状によって何科に行けばいいのか変わってきますが、まずは自分の睡眠障害の原因を知る必要があります。その場合は、医療機関で医療カウンセリングを受けるなど専門家に相談して、治療方針を決めていくことが大切です。
健康的な毎日を送る為にも、普段の睡眠に気を遣い快適な眠りを手に入れることが必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠障害の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 氷食症は胃が弱る原因

    氷食症・胃

    私は小さな頃から日常的に氷を食べていました。ジュースを飲んだ後にコップに残っている氷は必ず食べていましたし、冬でも冷凍庫の氷をつまんで食べていました。 しかし、夏の暑い日に普段より多めの氷を食べたせいか急にお腹が痛くなり、吐き気も襲ってきたことがありました。これは冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃が弱ってしまうためでした。特に夏は体が熱くなっているところに冷たいものを摂取すると体内が…続きをみる
  • イライラして氷ばかり食べたくなる、不思議な氷食症

    氷食症・イライラ

    この頃身体がだるくてイライラすると感じている頃に、急に氷ばかりを食べるようになったことがあります。今考えると、それが氷食症だったのですが、とにかく氷が食べたくて仕方がないという不思議な症状でした。 仕事をしていたので、職場では氷を食べるわけにもいかずイライラが募り、家に帰るとすぐに氷を食べるという毎日でした。何をするにも小皿に入れた氷を持ち歩き、料理を作っていても、お風呂に入っていてもずっと食べ…続きをみる
  • 氷食症と飴の関係について

    氷食症・飴

    氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。 私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。 氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性が…続きをみる