それ、もしかして「スマホ依存症」かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

ここ10年くらいの間で、もっとも普及率が上がった電化製品のひとつとして、スマートフォンが挙げられます。電話としての機能はもちろん、Eメールやショートメール、SNSの利用やショッピング時の支払い、公共料金の払い込みなどなど、今や、私たちの生活になくてはならないものになっているのではないでしょうか。

電車やバスで見かける若い学生のグループやカップルなどは、それぞれが自分のスマホの画面に向かっていて相手の顔を見ていない、という光景もよく目にしますよね。さて、そうしたスマホブームの中、スマホへの依存が問題視されています。そんな現代病のひとつ、スマホ依存症について医師に伺いました。

あなたは大丈夫?3つの依存傾向

1. 一日中スマホにかかりきり
2. スマホをするためにほかのことがおろそかになる
3.他人との生きたコミュニケーションが取れなくなり、健全な社会生活が送れない

上記の症状は、かなり重度のケースですが、今や大人だけではなく多くの中高生もスマホを持っており、何と高校生では6割がスマホ依存の傾向があるとさえ言われています。

予備軍の人も要注意!

また、次の傾向は「予備軍」として注意が必要です。

1.何らかの理由で電源を切ったりスマホを手元から離さなくてはならなくなると不安
2.車や自転車の運転中など不適切な時でも危険を顧みずスマホをさわる
3.仲間と一緒にいるにも関わらず、スマホ操作やSNSへの投稿に熱中

この記事を読んでいる方も、思い当たるところがあるのではないでしょうか。

【医師からのアドバイス】

スマホ依存だな、と自覚のある方の改善法としては、スマホを取り出しにくいカバンの中などにいれ、ポケットや手持ちなどはしない、自分が依存の原因になっていると思われるSNSやゲームのアイコンをフォルダに入れて取り出しにくくするといったことが有効でしょう。

いずれにせよ、スマホにとらわれることなく、スマホ上でのコミュニケーション含め、ほどよく付き合く距離感を保ちたいものですね。

あなたにおすすめ!「診断コンテンツ」


スマホ依存になると、視力の低下、肩こりや首の痛みだけでなく、人と話したり外出するのがおっくうになってしまい、ひどいときにはうつ病になってしまうことも…。

あなたは大丈夫? 早速、「スマホ依存度」をチェックしてみましょう!
「スマホ依存度」チェックはこちら


  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

関連するコンテンツ

依存症について