氷食症の体験談

アイスクリームや氷を四六時中食べている人は氷食症にご注意を!

医師確認済み

アイスクリームや氷を四六時中食べている人は氷食症にご注意を!

東京の大学に通うことになり、ワンルームマンションで一人暮らしを始めることになったことが、氷食症を発症することになったキッカケです。慣れない環境での暮らしや、大学での人間関係のストレスが、氷食症の要因となった可能性は否定できません。
部屋で一人でいるときに、喉の渇きが耐え難いほどに高まり、最初のうちは水道水やコンビニで買ってきたミネラルウォーターのペットボトルを頻繁に飲んでいました。そのうち水だけでは飽きたらなくなり、冷蔵庫の氷を食べるのが習慣となったのです。コンビニやスーパーでアイスクリームを買って食べる機会も増えました。アイスクリームや氷を食べないでいると、耐え難いほどの喉の渇きを感じます。また、舌が焼けつくような感覚に襲われることもありました。
まさか自分が氷食症という病気だとは、すぐには気づきませんでした。上京してきた母が、あまりに頻繁に氷を食べるわたしの様子がヘンだと気が付かなったとしたら、もっと発見が遅かった可能性もあります。

アイスが異常に好きなのですが、氷食症だと分かりました

子どものころからアイスや氷が大好きで、家だけでなくレストランなどでも必ず食べていました。親も「変わってる子」としか捉えていなかったようで、それほど気にも留めていなかったのですが、余りにも衝動的に食べたくなるので検査したところ、「氷食症」という病気だと分かりました。
氷食症とは、赤血球が不足することによって脳に酸素が回らなくなり、自律神経が狂っている状態のことだと言われました。それで体が欲してもいないアイスや氷が恋しくなるそうです。症状の見分け方としては、疲れやすい、口の中が常に熱い、貧血症状がある、寝つきが悪いなどがあると言われました。確かに全て当てはまっていました。
完全な治療法とは言えませんが、予防法としては、充分な睡眠をとる、運動をして赤血球を増やす努力をする、鉄分の多い食事を心がける、ビタミンCを積極的に摂る……などを教えて頂きました。実際に実行しているところなのですが、以前より体調が回復し、衝動も抑えられているように感じます。

氷食症とアイス

氷食症になると、無性に氷やアイスが食べたくなる為に体が冷えて血行不良になりやすくなります。
私は、毎日の食事の見直しをして鉄分不足を改善して治しました。
ただ、氷食症は気を付けていないと繰り返してしまいます。鉄分不足とストレスによる神経の不調が主な原因なので一度治ったからと生活習慣を戻してしまえば、また鉄分不足になり同じ症状がでてしまいます。後は、ストレスも注意しておかなければいけません。氷やアイスを無性に食べたくなってしまったら鉄分不足を疑って早急に改善する事をオススメします。食事の改善は、とても大切ですがどうしても食事だけでは、補う事が難しい場合は、市販のサプリメントも上手く活用していくととっても効果的です。特に妊婦さんが、よく飲む葉酸のサプリメントは、鉄分不足とストレスを落ち着かせてくれる効果のある栄養素が、摂取できるのでそれを毎日飲み続けるとすごくいいです。外食が続いた時などにもサプリメントは、効果的です。

アイスが食べたくなる原因は氷食症だった

最近無性にアイスが食べたくなることがあり、朝昼晩と欠かさず食べている状態でした。

寒い時でも食べていることがあり、なぜ食べたいのかは自分でもわからないままでした。ある日友人から氷食症の疑いがあるのではないかと指摘されたので、とりあえず内科に行って検査を受けることにしました。血液検査をしてみると、血中の鉄分が異常に低くなっており、鉄欠乏性貧血であると診断されました。鉄分が不足するとアイスを無性に食べたくなる氷食症になることがあると医師が教えてくれたので、私の症状にピッタリだと思いました。その日からなるべく鉄分を豊富に取る食生活を続け、鉄欠乏性貧血の薬も処方してもらうことになりました。処方薬を服用しつづけた結果、前のように氷食症でアイスを食べることがなくなったので安心しています。鉄欠乏性貧血の症状は思わぬところから発覚することがあるので、これからも定期的に内科に通って健康状態のチェックをしたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
氷食症の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 何科?睡眠障害を受診するには

    睡眠障害・何科

    全く眠れない日が2週間も続いていました。睡眠障害になったのかな?と思いましたが、病院は何科へ受診しに行けばいいのかわかりませんでした。そもそも、睡眠障害になった理由が全く分かりませんし、元々、寝つきがよくないので、寝るまでに時間がかかります。 「寝つきが悪い」というのも睡眠障害になった理由とすれば、「寝つきが悪い」という事の相談は何科へ行けばいいか考えました。 友人に「睡眠障害は何科に受診したら…続きをみる
  • 睡眠障害の完治は可能か

    睡眠障害・完治

    私は、学生の頃は8時間毎日睡眠を取って快適な毎日を過ごしていたのですが、社会人になってからは、時間の不規則な生活に悩み、疲れているのに、いざというと眠れず、病院へ行ったら睡眠障害と診断されました。 睡眠障害は、お薬で処方する方法もありますが、薬付けになって完治するどころか、もっと悪化してしまうのではないかと心配になり、先生と相談して、ゆっくり完治する方法を教えてもらいました。 そもそも私は、自律…続きをみる
  • 漢方で睡眠障害を克服した友人

    睡眠障害・漢方

    人生の3分の1を占めるといわれている睡眠ですが、何かしらのトラブルを抱えている人も多いと思います。睡眠障害には、なかなか眠れない・眠りが浅い・いったんは眠れるものの短時間で起きてしまい、そのあと眠れない等の症状が挙げられます。でも不眠症で悩んでいても睡眠導入薬などの西洋薬には頼りたくないという声もよく聞かれます。そのような場合には漢方薬を試してみるのもいいかもしれません。 漢方薬は睡眠障害を完治…続きをみる