氷食症の体験談

氷食症と飴の関係について

医師確認済み

氷食症と飴の関係について

氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。
私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。
氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性があります。
治す方法として、飴をなめる人もいます。飴のように、何か口に含んでいることで氷から意識を遠ざけることができると考えられるからです。しかし、必ずしも改善されるわけではありません。実際、私の場合もうまくはいきませんでした。ちゃんと病院にいって症状を改善していく方が安心です。
このように、氷食症においては自分で判断せず、病院に行くことが大事です。氷だからといって簡単には考えず、自分の体の異常にちゃんと気づいて対応してあげることが必要です。

飴をガリガリで氷食症が治りました

氷食症といえば貧血、つまり鉄分が不足している場合に起こりやすいと言われていますが私の場合は強迫障害になってしまっていたみたいです。最初は貧血気味だったことが原因でそれから食事のバランスなども考えてかなり症状は良くなったと思っていたのですが、それでも氷を食べることがやめられませんでした。体が冷えて冷たくて辛いのに食べることがやめられなかったんです。
流石にこのままではまずいと内科に行ったところ、点滴投与などをされましたが治ることは無く、強迫障害に詳しい先生がいるということで心療内科に通うことになりました。私の場合は頻繁に手洗いをしないと嫌、自分の作ったもの以外は食べられないなど他の強迫障害も出ていましたね。
先生はとても優しく、栄養面からのケアと心のケアについて色々と教えてくれました。自分も先生のためにも頑張ろうとどうしても食べたくなった時にはハッカ飴を食べるようにしていました。不思議ですが飴をガリガリ食べると氷食症がおさまるんです。今は栄養面も改善されたので飴中毒にはなっていません。

氷食症!飴をバリバリですめばしめたもの

子供の頃に、ジュースを飲んだ後に残った氷をバリバリ食べる癖があり、大人になってもつい氷を食べていました。友人から「氷食症みたい」と言われてネットで調べたところ、貧血症状とか心当たりがあったので、医者にかかって見ることにしました。
結果は、氷食症でした。基本的には、鉄分が不足していて自律神経がおかしくなって体温調節も出来なくなるため、氷が食べたくなると言うことですが、医者が言うには「それが癖になってしまってるので、状況が改善しても氷を食べる人もいる」とのことでした。
まずは、治療をしてみて、氷を食べたいと思うようなら、とりあえず飴をなめる(かじる)と良いと言われて試すことにしました。処方された薬は鉄分を補う薬でした。また、鉄分の吸収を助けるために、ビタミンCが含まれている飴が良いと言う話だったのでノンシュガービタミンC入りのレモン系のものを用意しました。やはり、氷をかじりたい欲求は当初ありました。飴は最初は冷やしたものを食べてましたが、徐々に食べたいと思わなくなり、快方に向かいました。

飴をなめるようにではなく、バリバリ氷を食べてしまう氷食症

私は4年前の妊娠中に氷食症にかかりました。
当時は氷食症という病名も知りませんでした。つわりがひどく、なかなか食べ物も食べられず、氷を飴のように食べることでつわりによる気持ち悪さもすーっとなくなるので、氷を食べるようになりました。最初は飴を舐めるように、口の中で氷をとかしながら食べていたのですが、だんだんとバリバリと噛み砕いて食べるようになりました。そしてつわりがなくなってからも、氷はやめることができませんでした。
ある日の妊婦健診で、氷を食べることがやめられないということを医師に話すと、ひどい貧血になっているからだと診断を受けました。鉄分を多く摂取するように言われたので、ほうれん草やレバーなどの鉄分を多く含むものを意識して食べました。しかし、貧血は良くならず病院で鉄剤を処方されようやく落ち着きました。氷を食べることで体も冷えるので、おなかの赤ちゃんにもよくないと告げられ、赤ちゃんのためにもと我慢するようになり、氷をやめることができました。

氷食症の改善には飴が良かった

就職して時間に追われる生活をするようになってから、強迫性障害を患い、心療内科に通いながら仕事をしていました。

そんな中で強迫観念が出てくると、氷を食べたくなる症状が出てくるようになったので、心療内科医に相談して、どのように対処すれば良いのか聞きました。強迫性神経症からくる氷食症の場合には、原因疾患を治癒させる以外には治療方法が無いと言われたので、できるだけ氷ではなく飴を食べるように言われました。その日から大量に飴を買い込み、氷食症の症状が出てくるとすぐにそれを口の中に入れるようにしました。最初はなれずに違和感がありましたが、そのうち氷を食べたいという願望そのものがなくなっていき、上手く症状をコントロールできるようになりました、強迫性障害はまだ治療中で完治には至っていませんが、気長に治療をすることを考えて、氷食症の症状がでたら、すぐに飴をなめるようにしているので、日常生活に支障はなく普通に暮らしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
氷食症の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 何科?睡眠障害を受診するには

    睡眠障害・何科

    全く眠れない日が2週間も続いていました。睡眠障害になったのかな?と思いましたが、病院は何科へ受診しに行けばいいのかわかりませんでした。そもそも、睡眠障害になった理由が全く分かりませんし、元々、寝つきがよくないので、寝るまでに時間がかかります。 「寝つきが悪い」というのも睡眠障害になった理由とすれば、「寝つきが悪い」という事の相談は何科へ行けばいいか考えました。 友人に「睡眠障害は何科に受診したら…続きをみる
  • 睡眠障害の完治は可能か

    睡眠障害・完治

    私は、学生の頃は8時間毎日睡眠を取って快適な毎日を過ごしていたのですが、社会人になってからは、時間の不規則な生活に悩み、疲れているのに、いざというと眠れず、病院へ行ったら睡眠障害と診断されました。 睡眠障害は、お薬で処方する方法もありますが、薬付けになって完治するどころか、もっと悪化してしまうのではないかと心配になり、先生と相談して、ゆっくり完治する方法を教えてもらいました。 そもそも私は、自律…続きをみる
  • 漢方で睡眠障害を克服した友人

    睡眠障害・漢方

    人生の3分の1を占めるといわれている睡眠ですが、何かしらのトラブルを抱えている人も多いと思います。睡眠障害には、なかなか眠れない・眠りが浅い・いったんは眠れるものの短時間で起きてしまい、そのあと眠れない等の症状が挙げられます。でも不眠症で悩んでいても睡眠導入薬などの西洋薬には頼りたくないという声もよく聞かれます。そのような場合には漢方薬を試してみるのもいいかもしれません。 漢方薬は睡眠障害を完治…続きをみる