体調不良の元凶は夫!?「夫源病」に陥りやすい夫婦の特徴と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

夫の何気ない言動にストレスを感じながらも、妻として我慢をし続けているという方はいらっしゃると思います。

しかし、体調を崩しうつ頭痛などの症状が現れ始めたら要注意です。

もしかすると、夫が体調不良の原因となる「夫源病」かもしれません。

今回は「夫源病」の症状、陥りやすい夫婦の特徴、対処法などを医師に解説していただきました。

目次

夫源病とは

夫に悩む妻
中高年の男女の健康問題や夫婦関係の問題に詳しい医師、石蔵文信氏が著書の中で提唱した概念で、「夫の言動や存在そのものが大きなストレスとなり、妻の心身に様々な不調が現れる病気」とされています。

石蔵氏の造語であり、医学的な病名ではありません。

夫源病とモラハラの関係

モラハラを受ける女性
モラルハラスメント的な言動や、ドメスティックバイオレンスの結果、妻に何らかの症状が起こった状態が夫源病と考えられます。


【おすすめ健康診断】




モラハラの夫

あなたとパートナーの関係性は…?


「パートナーのモラハラ度」チェック



夫源病の症状

めまいの女性
更年期症状に似た、以下の不定愁訴が現れるとされています。

・うつ
・不眠
めまい
動悸
・頭痛
など

妻を夫源病にしてしまう夫の特徴

亭主関白な男性
□ 外面が良く、プライドが高い

□ 自分は稼いで家族を食べさせているのだから、家庭のことは妻が完璧にやって当たり前と思っている

□ 自分は外で戦って帰ってきているのだから、妻は自分を立て、何でも理解して甘えさせてくれて当然と思っている

□ 男は余計なことはしゃべらず、黙っているのがよいと思っている

□ 妻に感謝はしているが、何も言わなくても感謝の気持ちや愛情は伝わっているはずだと思っている

夫源病になりやすい妻の特徴

孤独な主婦
□ 妻は良妻賢母であるべきと思っている

□ ドラマや小説のような良い夫婦関係にあこがれ、理想が高い

□ いつまでも新婚のころのような、ときめきや愛情を感じられるはずと思っている

□ 自分ひとりでは経済的に不安であり、夫の態度に耐えるしかないと思っている

□ 夫が定年退職後に一日中家にいるのを想像するとぞっとする

□ 趣味や楽しみ、やりがいのある仕事など、自分だけの充実した世界がない

夫源病の病院での治療法

診察を受ける主婦
夫源病は正式な病名ではないので、病院でこの検査をすれば夫源病と分かるというようなことはありませんし、医師から「あなたは夫源病です」と診断を受けることはありえません。

それぞれの症状に応じて、対症療法を行うことになります。

例えばめまいなら耳の検査や脳のMRIなどを行い、異常がなければ「機能性めまい」や「ストレスによる自律神経失調症状」と診断されることになるでしょう。

夫源病の対処法

スキンシップを取る夫婦

スキンシップを取る


毎日少しでも会話をし、可能ならスキンシップを取るようにします。男女の違いを理解し、「どうせ言っても無駄」と諦めずに対話を試みることが重要です。

専門家に相談する


欧米では結婚前に教会でプリマリタル(婚前)カウンセリングという、男女が結婚生活をうまくやっていくための講座があり、この講座を受けないと教会が結婚を認めないという場合もあります。

夫婦関係を得意とするカウンセラーもいますし、多くの書籍がありますので、離婚を考える前に夫婦関係復元を試みてもよいかと思います。

感情の変化を受け入れ、家庭の運営を協力し合う


石蔵氏によると、結婚した20代当時はホルモンが豊富に出ていたが、中高年になると愛が薄れて情だけになり、ときめきがなくなるのは生物として当然ということです。

それを踏まえた上で、家庭の運営を協力して行うようにした方が良いでしょう。

別居や離婚


どうしても対話が成立せず、夫源病の症状が重くなっていく場合は、別居や離婚を考えることになります。

最後に医師から一言

仲の良い夫婦
夫婦としていたわりや思いやりの気持ちを互いに持てるよう、日々努力することが重要です。

(監修:Doctors Me 医師)

参考文献

・妻の病気の9割は夫がつくる(医師が教える「夫源病」の治し方)(2012年 マキノ出版)
・いつまでたっても更年期が終わらない・・・奥さん、それは「夫源病」ですね。(2013年 静山社)いずれも石蔵文信著
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

うつ病について