軽度発達障害けいどはったつしょうがい

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

軽度発達障害とは

軽度発達障害を抱えながら生活をしている人の数は全国的に増加傾向にあるといわれています。
こうした障害は、早い段階から対処をすることによって、学校生活やその後の社会生活に適応するうえでもとても有利となります。
そのため、適切な医療機関で治療を受けることが望まれています。

軽度発達障害の症状

軽度発達障害の症状としては、計算や読み書きなどの特定の学習能力に難があったり、一つのことに執着しすぎてしまい他のことに関心が向かなくなることが一般的に知られています。
また、授業中などにじっと座っていることができない、などがあります。
こうした障害は個人差があり、それぞれの症状によって、対処をすることが何よりも重要であり、専門的な医療機関にもかかることが望まれています。
最近では、軽度発達障害の症状を抑えることができる薬物治療や行動療法などが全国の医療機関に導入されています。そのため、適切なタイミングで治療に取り組むことが大切です。

軽度発達障害の原因

軽度発達障害の原因は、現在においても詳しく分かっているわけではありません。
ただし、脳の微細な機能の障害が古くから指摘されています。
軽度発達障害の原因の中でも、環境的なものについては、それほど重視されてはおらず、たとえば愛情不足などは障害とのかかわりが無いと言われています。

軽度発達障害の治療法

軽度発達障害の治療法は、医師と保護者、子供の間で症状を確認し、困っていることに対して環境を整えたり、訓練をしたりすることが良いとされています。症状によっては薬物療法などが行われることもあります。
ここ数年の間では、様々な発達障害の症状に詳しい医療機関が全国各地に存在していることが知られており、こうした資源を有効に活用することが望まれています。

軽度発達障害は、日ごろから小児科などの医師とのコミュニケーションを図ることが望まれています。
また、保護者にとっては、もしも子供の様子について不安がある場合には、すぐに医療機関を受診することが良いとされています。
最近では、軽度発達障害についての情報がインターネットサイトなどでも活発にやり取りされているために、間違った情報を信じてしまうこともあります。
とりわけ、軽度発達障害の症状については大勢の保護者にとって共通の悩みとして取り上げられていますが、きちんと正しい情報を身につけることが何よりも重要です。今後も、多くの人々が発達障害に対する理解を深めることが期待されています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達障害のひとつと言われています。
「うちの子、お友達に比べて落ち着きがない気がする」「宿題を何度言ってもしてくれない」と心配に思っておられるお父さんお母さんも多いかと思います。診断には専門の医師の診察が不可欠です。その前にまずはお子さんの様子がADHDの症状に当てはまるかどうか、セルフチェックしてみましょう。

1 /10

じっとしているのが苦手で落ち着きがない

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。
健康チェックする