老年期精神病ろうねんきせいしんびょう

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

老年期精神病とは

老年期精神病は幻覚、妄想が認められる高齢者特有の精神病です。精神疾患の指標となるDSM-IV-TR、ICD-10には含まれず、診断名ではありません。統合失調症や妄想性障害に相当するものに該当します。男性よりも女性に多くみられる病気だといわれています。

症状

老年期精神病の主な症状は幻覚と妄想で、いわゆる若年期における統合失調症にみられる自閉性や思考障害はみられないことが特徴です。

幻覚は幻聴が中心で、床を叩く音や音楽が聞こえてくる、名前を呼ばれる、自分の噂話をする声が聞こえるなどの幻聴が起こります。重度になると体に電気やレーザー光線をあびせられてしびれるといった、幻覚に体感まで伴うような状態になることもまれにあります。

妄想は物をとられる、いたずらをされる、嫌われているなどの被害妄想が最も多くみられます。次いで他者が自分よりも幸せだと思い込んだり配偶者が浮気していると思い込む嫉妬妄想や、重い病気に罹っていると勘違いする心気妄想などもあります。

原因

妄想は統合失調症によってみられる一次妄想と、老年期精神病によってみられる二次妄想の2種類に分かれます。妄想を区別するのに一次妄想が非現実的で理解困難な内容であることに対して二次妄想は現実的で実際にありうるような内容であることからわかります。

統合失調症が若年層で発生する割合が多いことから発症年齢でも推測できます。二次老年期精神病はストレスを感じやすい環境にいる人、一人暮らしで孤立した生活を送っている、社交的ではなく家に閉じこもっている人がなりやすい傾向があります。また遺伝が関係しているという説もあります。

治療法

老年期精神病にならないためには前向きに過ごせるように本人が心がけることが大切ですが、もともとの性格を変えることは高齢になるほど困難である場合が多いです。よって周りにいる身近な人、つまり配偶者や家族などが日頃からまめにコンタクトをとって、本人に孤立していると思わせないようにすることが予防につながります。

それでも老年期精神病にかかってしまったら、薬物療法による治療が効果的だとされています。抗精神病薬で妄想は治まる可能性がありますが副作用として血糖値が上昇したり飲み込むときにむせ混みやすくなったりふらつきがでたりすることもあるので、お薬の使用は高齢者では慎重さが求められます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください