コラム画像

出典:PIXTA

特定の状況だと話せない“場面緘黙症” 人見知りやコミュ障との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月1日(水)に放送された日本テレビ系列「世界仰天ニュース」にて、「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」といった病気が取り上げられておりました。(参考

お子さんに多いといわれる疾患ですが、日本ではあまり浸透されていないようです。

そこで今回は「場面緘黙症」の概要や症状、一般的なあがり症などとの比較、治療方法などを医師に解説していただきました。

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)とは


会話する能力はあるのに、特定の場面でのみ話すことができなくなる現象で、通常は子ども、もしくは小児期に発症する病気です。

場面緘黙症の原因


全ての場面緘黙症に共通する単一の原因はありませんが、場面緘黙症の子どもの90%以上が社会不安を持っているとされ、会話やコミュニケーションに恐怖感を持っているとされています。

不適切な発言や言い間違いで強く叱られた、自分の発言で困った状況になった、ということがきっかけになることもあるようです。

また、家庭での虐待や家庭内の問題が隠れていることもありますので、精神科では、小児の不安障害の一つとして分類されています。

関連記事:

外だと言葉を発しない?それ、ただの人見知りではないかも。

場面緘黙症の症状


通常は家庭内など安心していられる環境では話すが、学校や幼稚園では話そうとせず、集団での活動や遊びに参加したがらず、身振り手振りでのコミュニケーションにはある程度応じるということが多いです。

一言も話さないということもあれば、特定の先生や友達には話すという場合もあり、ささやき声でなら話すということもあります。

知能や学習成績は正常なことが多いとされており、学習障害や言語機能の遅れ、発達障害が見られることもありますが、脳機能の問題で会話内容が理解できない場合は場面緘黙症に含まれません。

場面緘黙症と似た症状との比較


人見知り 、あがり症


症状は似ていますが、場面緘黙症のほうが程度が強く、期間も長く続き、慣れることで会話が可能になるということが少ないとされています。

場面緘黙症を発症する子どもは幼児期から強い人見知りを示すことが多いとされています。

コミュニケーション障害


吃音(どもり)などが含まれますが、 場面緘黙症では家庭や信頼している人の前では普通に話すことができる点で異なります。

社交不安障害、対人恐怖症


社会不安障害、対人恐怖症と場面緘黙症はオーバーラップするところが多いです。

関連記事:

スクールカーストといじめ後遺症 学生時代のトラウマが与える影響

場面緘黙症を発症しやすいタイプ


年齢


2~5歳での発症が多いとされています。

性別


女児のほうが多いと言われています。

性格


引っ込み思案で人見知りのことが多いですが、性格的な問題なのか病的なのかの判別は難しいです。

場面緘黙症の治療内容


子どもの年齢に応じて、行動療法や遊戯療法、箱庭療法、抗鬱剤の内服を行うこともあります。

成人後には特に後遺症なく治癒していることが多いようですが、見知らぬ人との会話や電話を使うことが苦手といった症状が残っていることもあるとされています。

また、ひきこもりや社会に出られないといった状態につながることもあるとされています。

場面緘黙症は自然治癒できる?


子どもの成長や環境の変化によっていつの間にか治癒することもありうると思われますが、場面緘黙症は学校生活など社会参加の妨げとなりますので、周囲の理解と、治療につなげていく試みが必要でしょう。

どうしてしゃべらないのかと強く叱るようなことは逆効果です。

場面緘黙症の子どもとの接し方


通常は幼年の子どもの病気ですので、子ども自身で克服しようとすることはできない場合が多いです。

なので、適切な専門家への相談を促し、本人が話しづらいときには無理に話させることをせず、その人に可能なコミュニケーション方法(筆談など)を試みましょう。

関連記事:

不登校の原因になる「分離不安障害」って何?

最後に医師から一言


日本では場面緘黙症への理解が乏しいと思われます。

場面緘黙症の専門家であるトリイ・ヘイデンという作家が、その著作の中で無言症や選択的無言症=場面緘黙症の子どもたちとの体験を多く描いています。

また患者の会などもありますので、周囲に場面緘黙症の子どもがいる方、教育関係者の方はぜひ学んでみてください。

(監修:Doctors Me 医師)
外食が出来ない会食恐怖症...無理せずデートを楽しむ5つの方法
【不安障害ガイド】知っておくべき原因・症状・対処法
度を超えた緊張…これってもしかして対人恐怖症?
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

選択性緘黙症について