不眠症の体験談

なかなか治らない不眠症

医師確認済み

なかなか治らない不眠症の改善

就寝前にお風呂に入ったり、寝具に工夫をしたり、アロマオイルなどを使ってマッサージや芳香浴をしたりなど色々な工夫をしてもなかなか不眠症が治らないので悩んでいました。調子の良いときには眠れるけれど、調子の悪いときには眠れなくてもっと調子が悪くなるという状態で困っていたところ、治らない不眠症に食事の改善が効果があると知り、試してみました。

治らないと思っていた不眠症が、こんな簡単なことで改善できるなんて、と、思うくらい簡単に眠れました。私の場合にはレタスの効果がてきめんでした。冷え性なのでレタスは避けていたのですが、治らない不眠症にこんなに効くとは思いませんでした。

治らない不眠症改善のためには、食事にトリプトファンやグリシンの含まれている食品が良いそうです。レタスにはメラトニンとよく似た働きのある成分が入っているので効果があるようです。不眠症によい食品は、牛肉や豚肉、鶏肉、ホタテ、油揚げ、納豆、枝豆、チーズ、ゴマ、ナッツ類、牛乳、ニンニクなど様々なものがあります。栄養バランスに注意していても他のもので代用して、嫌いだったり、体質的に避けているような食品は誰でもあるものです。意外な食べ物で治らない不眠症が簡単に改善できる可能性があります。

不眠症になる自立神経失調症

以前アルバイトしていた小売店の店長が体調を崩すようになって、よく休むようになったのです。
まだ若い女性の店長でしたが、不眠症もあるようで眠れないとよく言っていました。仕事が忙しいときなども、不眠症が治らないせいで昼間も体が辛そうで、それもあって体調が悪かったようです。
発熱や嘔吐などで内科には行っているようでしたが、不眠症が治らない件については病院は行く時間もないようで、いつもしんどそうでした。
不眠症が治らないのはお店のことを考えて夜になっても気持ちが高ぶっているからだと言っていましたが、あまり続くようなので一度心療内科で診てもらったほうが良いのではと勧めてみたのです。
それで店長はやっと心療内科に行ったのですが、どうやら自律神経失調症と診断されたみたいです。このまま不眠症が治らない状態が続いていたら、鬱病も引き起こしていたかもしれないと言っていました。
それから店長は睡眠薬を飲んだり治療に通うようになりましたが、なかなか状態は良くなりませんでした。眠れない状態が治らないというのは、早く病院に行くべきなんだと改めて思いました。それから間もなく、その店長は休暇を取り、代理の店長が来るようになりました。起きれなくなってしまったようで、治療に励むとのことでした。

不眠症が治らない人必見の改善法

なかなか寝付けなかったり、寝ている途中に目が覚めてしまって困っていたら、それはもしかしたら不眠症かもしれません。もし気づいているけれど、どうしたらいいかわからない、なかなか治らないという方は、生活習慣から改善していくとよいでしょう。
人は眠りに入る時、リラックスしている時に活発になる副交感神経が働きます。不眠症の人は、この副交感神経がうまく働かず、逆に交感神経が強く働いていることが原因で眠れなくなっています。その不眠症を治すためには、まずこの交感神経を活発に働かせることが重要です。
副交感神経を働かせるためには、体のリズムを整えてあげるとよいでしょう。
起きる時間を一定にし、適度な運動をしましょう。また、カフェインの摂取は夕方以前までにし、寝る前の3時間前には食事を済ましておくことも望ましいです。
また、寝る環境を、しっかりと眠りに適したものに変えていくことも有効な手段となります。日の光をしっかりと遮ることのできる遮光カーテンにすることはもちろん、夜の照明を就寝前にやや弱いものにすることも有効です。好きなアロマの香りでリラックスすることも、体の緊張をほぐして眠りへ導く手助けをしてくれます。
すぐには治らないかもしれませんが、自分の体にとっての眠りにつきやすい最適な条件を見つけてみましょう。

不眠症改善に効果的な対策とは

不眠症が治らない事で悩む方は多いです、睡眠不足で体力の回復も遅くなり臓器の動きも悪くなる等の様々な影響があります。
不眠症が治らないからと放置して長期化すれば病気リスクも高くなりますから心身が悪化しないように治す事が望ましいです、不眠症が治らないと悩む場合には睡眠リズムや食事内容や運動習慣を整える事で効果的な場合があります。
睡眠は同じ時間に就寝と起床を行うようにする事は効果的です、眠れないとしても毎日布団に入る時間を決めて不規則にならないように心掛ける事で入眠しやすくなります。
朝起きた時に太陽の光を浴びると夜になると入眠しやすくなります、朝日を浴びる事を徹底すれば不眠対策になり食事内容に関しては夜中眠る前に沢山飲食する方は不眠症が治らない可能性が高くなります、眠る前に大量に飲食すると途中で目が覚めてしまったり眠ってる間にも臓器が休まらずに深い眠りにつく事が出来ないです。
眠る前には飲食を避けて胃腸負担がかからないように眠ると睡眠が深くなります、さらに臓器が休まる事で睡眠時の体力回復や臓器や神経修復の効率が上がりやすくなります。
日中に活動的に動く事も不眠改善効果があります、運動習慣を身に付ける事で眠りやすくなり不眠症が治らない方の中には運動不足の方も多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「眠りの質」チェック

最近ぐっすり眠れていますか?睡眠の質、チェックしてみましょう!

普段の睡眠、ちゃんととれていますか?
睡眠時間は取れていても、睡眠の質が悪いと疲れが取れないものです。日中の活動で体力を消耗した分、夜はぐっすり眠って体力を回復することは重要ですよね。屋外と室内の気温差などで眠りが浅くなったり不眠になったりしがちなもの。あなたの睡眠の質、良いか悪いかこのテストでかんたんセルフチェックしてみましょう。

1 /20

普段の寝つきに30分以上時間がかかる

不眠症の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 氷食症は胃が弱る原因

    氷食症・胃

    私は小さな頃から日常的に氷を食べていました。ジュースを飲んだ後にコップに残っている氷は必ず食べていましたし、冬でも冷凍庫の氷をつまんで食べていました。 しかし、夏の暑い日に普段より多めの氷を食べたせいか急にお腹が痛くなり、吐き気も襲ってきたことがありました。これは冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃が弱ってしまうためでした。特に夏は体が熱くなっているところに冷たいものを摂取すると体内が…続きをみる
  • イライラして氷ばかり食べたくなる、不思議な氷食症

    氷食症・イライラ

    この頃身体がだるくてイライラすると感じている頃に、急に氷ばかりを食べるようになったことがあります。今考えると、それが氷食症だったのですが、とにかく氷が食べたくて仕方がないという不思議な症状でした。 仕事をしていたので、職場では氷を食べるわけにもいかずイライラが募り、家に帰るとすぐに氷を食べるという毎日でした。何をするにも小皿に入れた氷を持ち歩き、料理を作っていても、お風呂に入っていてもずっと食べ…続きをみる
  • 氷食症と飴の関係について

    氷食症・飴

    氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。 私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。 氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性が…続きをみる
健康チェック画像

「眠りの質」チェック

最近ぐっすり眠れていますか?睡眠の質、チェックしてみましょう!
健康チェックする