不眠症の体験談

不眠症に効く漢方はあるか?

医師確認済み

不眠症に効く漢方とは

不眠症は現在薬物投与による治療が主流で、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には即効性があり高い効果がありますが、できるだけ睡眠薬に頼りたくないと考える人も少なくないため、不眠症治療に漢方薬も使用されています。
漢方の考え方では、不眠は体を構成している気や血、水、五臓六腑のバランスが乱れることによって起こるとされているため、バランスを整えることが重要としています。漢方薬を使用することで、強制的に眠らせるよりも、抗うつや不安、焦燥などの睡眠を妨げる原因を解消して気や血、水、五臓六腑のバランスを整えて不眠を改善していきます。
入眠障害の場合、実証には三黄瀉心湯や黄連解毒湯、女神散などの黄連が配合されたものを、虚証には抑肝散や抑肝散か陳皮半夏、酸棗仁湯などを使用します。
途中覚醒や早朝覚醒、熟眠障害の場合は加味逍遥散が処方されます。
心因反応性不眠の場合、実証では大柴胡湯や柴胡加竜骨牡蛎湯、四逆散、虚証は桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯、帰脾湯などの柴胡剤が処方されます。
その他、精神不安や神経症、貧血や食欲不振による不眠の場合は加味帰脾湯を使用し、気鬱がある不眠の場合は、実証であれば半夏厚朴湯、虚証は香甦散が使われます。

漢方で不眠症の改善

私の友達で不眠症に悩んでいる人がいます。友達は私から見て、とても神経質な一面を持っています。なので、夜寝る時に、何か気になることがあると眠れなくなったり、また、眠れないことで気が焦ってしまい、より眠れなくなるといった、悪循環に悩まされているそうです。
不眠症の原因として、自律神経の働きが関係しているといった話を聞いたことあります。自律神経の働きがうまくいってないと、眠りにくくなるそうです。また、最近では、インターネットやゲームで、テレビやパソコンの画面を夜遅くまで観ている人が多くいます。そのせいで、本来なら眠りにつかなくてはいけない時間に神経が興奮してしまって、眠れなくなるといった話を聞きました。
私の友達も、夜寝る前によくパソコンを使っています。仕事が休みの日の前日は、夜中から朝方までパソコンを使っているそうで、昼と夜が逆転した生活になることもあるそうです。そうすると、体の本来のリズムが崩され、自律神経が乱れてしまうのだと思います。
友達は、改善策をまだ行っていません。睡眠薬を使うことは避けたいそうです。なので、私は友達に漢方を飲むことを勧めました。以前、薬局で見つけたからです。漢方は、体の中から健康的に改善していくものなので、友達も安心感を持って試せると言っていました。

不眠症に漢方薬で対処

人間関係でトラブルが続いていた時に、一時的に不眠症のような症状がでました。
夜、いつも通りにベッドに入っても一向に眠気がやってきません。眠れないまま、何度も寝返りを打ちながら1~2時間経過してしまうこともよくあり、そんな時にはいつもトラブルに対してネガティブなことを考えてしまいます。そんな調子なので朝の目覚めも当然よくなく、疲れが全く取れない状態でした。
不眠症はうつ症状の一つとも言いますし、不安になったので薬を試すことにしました。市販の睡眠改善薬なども気になりましたが、私が選んだのは漢方薬。普段から別の慢性疾患でお世話になっている漢方薬局に不眠症のことを相談しました。
私の症状は不眠症の中でも入眠障害と呼ばれるタイプのもので、やはりトラブルによるイライラが原因になっていたようです。漢方ではイライラを抑制し、五臓六腑など身体のバランスを整えて不眠に対処するとのことで、そのための成分が配合された漢方薬を処方されました。
漢方薬には即効性はないものが多いのですぐに眠れるようになったわけではありません。飲み続ける間はリラックスできるハーブを枕元に置くなどの工夫もしつつ、しばらく経ったらだいぶ自然に寝付けるようになっていました。
睡眠薬のような依存性も感じなかったので、よかったと思います。

不眠症改善なら漢方

不眠症は自律神経の不調が原因によって起こる事も多いです。不眠症の主な症状としてはなかなか眠れない物が挙げられるでしょう。入眠困難と言われる症状であり、電気を消して布団に寝転び寝ようと思ってもなかなか眠れずに結局朝を迎えてしまいます。それから眠りに入れたとしても途中に目が覚めてしまい、寝ようと思っても寝付けない症状があります。これが中途覚醒と呼ばれる物です。目が覚めたとしてもすぐに眠れるのでしたら心配はありませんが、眠れないならば不眠症を疑って良いかもしれません。
早朝覚醒は朝、早く目覚めてしまう症状です。早起きというのはけして悪い事ではありませんが、例えば6時に起きる予定なのに、4時に目覚めてしまうケースがあります。これも不眠症の症状と言っても良いでしょう。
不眠症を改善する為には西洋の薬も効果的ですが、より体に負担をかけたくないのでしたら漢方薬も良いです。なかなか眠れないのでしたら、三黄瀉心湯や、黄連解毒湯等があります。中途覚醒や、早朝覚醒の場合は、加味逍遥散が効果が挙げられるでしょう。
漢方薬は不眠症だけでは無く他の症状にも効果があります。漢方薬局に行ったら症状をしっかりと伝えて効果的な漢方薬を処方して貰いましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「眠りの質」チェック

最近ぐっすり眠れていますか?睡眠の質、チェックしてみましょう!

普段の睡眠、ちゃんととれていますか?
睡眠時間は取れていても、睡眠の質が悪いと疲れが取れないものです。日中の活動で体力を消耗した分、夜はぐっすり眠って体力を回復することは重要ですよね。屋外と室内の気温差などで眠りが浅くなったり不眠になったりしがちなもの。あなたの睡眠の質、良いか悪いかこのテストでかんたんセルフチェックしてみましょう。

1 /20

普段の寝つきに30分以上時間がかかる

不眠症の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 氷食症は胃が弱る原因

    氷食症・胃

    私は小さな頃から日常的に氷を食べていました。ジュースを飲んだ後にコップに残っている氷は必ず食べていましたし、冬でも冷凍庫の氷をつまんで食べていました。 しかし、夏の暑い日に普段より多めの氷を食べたせいか急にお腹が痛くなり、吐き気も襲ってきたことがありました。これは冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃が弱ってしまうためでした。特に夏は体が熱くなっているところに冷たいものを摂取すると体内が…続きをみる
  • イライラして氷ばかり食べたくなる、不思議な氷食症

    氷食症・イライラ

    この頃身体がだるくてイライラすると感じている頃に、急に氷ばかりを食べるようになったことがあります。今考えると、それが氷食症だったのですが、とにかく氷が食べたくて仕方がないという不思議な症状でした。 仕事をしていたので、職場では氷を食べるわけにもいかずイライラが募り、家に帰るとすぐに氷を食べるという毎日でした。何をするにも小皿に入れた氷を持ち歩き、料理を作っていても、お風呂に入っていてもずっと食べ…続きをみる
  • 氷食症と飴の関係について

    氷食症・飴

    氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。 私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。 氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性が…続きをみる
健康チェック画像

「眠りの質」チェック

最近ぐっすり眠れていますか?睡眠の質、チェックしてみましょう!
健康チェックする