不眠症の体験談

かゆみを治して睡眠をしっかりと

医師確認済み

不眠症と物理的蕁麻疹

私は数年前から夜になると足のスネ等がかゆいことがありました。無意識にかゆいと掻いてしまい、ブツブツとなにかが出来てしまい、そこからかゆみが全身に広がっていくものでした。ただの乾燥だろうと様々なクリームを試したりしたがかゆいのは変らず、そのせいで不眠症になることもしばしば。
その後、このかゆみとは関係無くストレスによる不眠症になってしまい、心療内科で診察を受けて治療を始めました。最初に行ったクリニックではいわゆる西洋の薬で治療するところでした。初めて薬を飲んだ日、薬のせいで夜中の尿意に気づかずにおねしょをしてしまいました。このままでは不眠症が治るどころか薬漬けにされてしまうと思い、今度は漢方を専門に扱っている不眠症治療で有名なクリニックに通い始めました。
漢方薬はなにやらその薬一つで様々なことに効果があったりするらしいので、全身がかゆいせいで眠れないこともあると相談したらそれにも効果がある薬を処方してくださいました。
不眠症は漢方薬はもちろん、少なめに西洋の薬を調整していったことにより、結果的には3年程かかって完治しました。蕁麻疹による痒みは睡眠を妨げるため、かゆいと思ったらすばやく市販の痒み止めローション(スースーするものがベストです)を塗ることが一番効果ありました。

かゆみを治して睡眠をしっかりと

会社の同僚は、皮膚がいつもかゆいといっていました。冬から春に掛けてとくにかゆみがひどいらしく、不眠症になるほどだと言っていました。
夜しっかりと眠れないので、仕事場でも疲れが取れないために、集中できずに辛い思いをしていたようです。
かゆくて掻くと、赤く皮膚が膨れ上がるそうです。病院にいって相談すると、季節による乾燥から来るといわれたそうです。
飲み薬と、塗り薬を塗ると良くなるのですが、また薬を止めると同じ症状がでてくるそうで、とても辛そうでした。
そんな時に、たまたま知り合いから、1日水を2リットルは飲むと体にいいと言うことを聞いて毎日最低2リットルの水を飲んだそうです。するとどんどん肌がすべすべになり、いつも皮膚がかゆいといって苦しんでいたのに、その痒みも知らないうちになくなったといいます。もちろん不眠症も改善され、夜もぐっすり眠れるようです。あんなに長い間苦しんでいたかゆみが水をしっかりと取ることで改善されるなんてと驚いていました。
同僚は今回ことから、しっかり水を取ること、しっかり食事をとることなど、あたりまえのことを行うことで病院に行かなくても良い症状もあることが分かったといって喜んでいました。

不眠症と身体の痒みの関係

不眠症の原因は多岐にわたりますが、睡眠が上手く取れない状態には典型的な原因があります。これは自律神経が関係するもので、何らかの原因により神経のバランスが乱れ、睡眠に不具合をもたらしているのです。そのため、不眠症を改善するには、この自律神経のバランスを整える必要があります。
特に、興奮した状態は意識も覚醒され、眠りにつく事が困難になります。また、刺激物であるスパイスやお茶の過剰な摂取なども睡眠を妨げる要因となるために、睡眠前にはこれらの刺激物にも注意が必要になるのです。
また、不眠症の原因としては、皮膚の疾患などが原因で起こる事もあります。このような場合は、熟睡した状態をつくりだす事が難しくなり、深夜のかゆい状態が原因となり、睡眠不足の状態を招く事も多いのです。そのため、皮膚科などで適切な治療を受けることが必要になります。
そして、不眠症の原因としては特定の疾患が関係している場合もあり、就寝中に下半身にかゆみをもたらす事があります。このような疾患は、周期的に足に痒みが起こるケースが多く、睡眠が上手くとれなくなるので注意が必要なのです。
そのため、原因不明の下半身のかゆい症状で睡眠が取れないときには、検査の為に専門的な医療機関を受診する事も必要になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不眠症の他の体験談

こころの病気の体験談

  • 心気症の治療を行っているところです。

    心気症

    私は、3年前に通っていた病院で医師から心無い言葉をかけられたのがきっかけで、心気症になりました。ちょっとした体の不調について、全て重病の症状ではないかと思い込むようになりました。時には周囲を巻き込むくらい不安定な状態になり、家事や育児などがしっかりできなかった時期もありました。そして、少しでも不安な症状があったら病院にかけこむことが多くなりました。 今は心気症の治療のために、心療内科で治療を受け…続きをみる
  • 私の拒食症体験記

    拒食症

    私は、12歳から15歳の間拒食症になりました。きっかけは、クラシックバレエを習っていたので、発表会に向けて少し痩せたいなと思ったことです。 最初は、夕飯の炭水化物を減らすことから始まりました。そのうち、だんだん痩せてくると、もっともっと痩せたいと思って、食事を抜くようになりました。周りが心配するくらい痩せていきました。バレエ先生や学校の先生に「ちゃんと食べてる?」と聞かれましたが嘘をついていまし…続きをみる
  • 氷食症は胃が弱る原因

    氷食症・胃

    私は小さな頃から日常的に氷を食べていました。ジュースを飲んだ後にコップに残っている氷は必ず食べていましたし、冬でも冷凍庫の氷をつまんで食べていました。 しかし、夏の暑い日に普段より多めの氷を食べたせいか急にお腹が痛くなり、吐き気も襲ってきたことがありました。これは冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃が弱ってしまうためでした。特に夏は体が熱くなっているところに冷たいものを摂取すると体内が…続きをみる
  • イライラして氷ばかり食べたくなる、不思議な氷食症

    氷食症・イライラ

    この頃身体がだるくてイライラすると感じている頃に、急に氷ばかりを食べるようになったことがあります。今考えると、それが氷食症だったのですが、とにかく氷が食べたくて仕方がないという不思議な症状でした。 仕事をしていたので、職場では氷を食べるわけにもいかずイライラが募り、家に帰るとすぐに氷を食べるという毎日でした。何をするにも小皿に入れた氷を持ち歩き、料理を作っていても、お風呂に入っていてもずっと食べ…続きをみる
  • 氷食症と飴の関係について

    氷食症・飴

    氷を無性に食べたくなってしまうのが氷食症です。 私の場合も、氷を常に口に含んでいないと気持ちが落ち着かなくなってしまい、そのうち貧血症状が感じられるようにもなりました。 氷食症は、ただ氷を食べたくなるだけと思ってしまいますが、軽く考えてはいけません。ちゃんとした病気の一種であり、そして原因不明となっています。そして、氷の食べ過ぎの結果、持久力の低下や記憶力の低下といった様々な症状が現れる可能性が…続きをみる