不眠症に関する薬

薬剤師監修

不眠症の薬の上手な選び方・使い方

睡眠薬には、市販で売られているものと病院で処方されるものがあります。不眠症になってしまった場合は市販の薬から試される方が多いですが、まずは病院を受診されることをおすすめします。第一の理由として、病院で処方される睡眠薬の方が効果が大きいからです。よく病院で処方される睡眠薬は怖いと思われがちですが、そんなことはありません。最近の睡眠薬は安全性も高く安心して使用することができます。また第二の理由としては、病院で診てもらうことによって不眠の原因を知ることができるからです。ただ睡眠薬を飲んで症状を良くしても、根本の解決にはなりません。良くなったと思って薬をやめても、またすぐに不眠症を再発してしまう可能性があります。したがって、病院で原因を特定してもらい、睡眠薬の使用と平行して原因の解決に努めた方がいいのです。

市販のものを使用する場合も病院のものを使用する場合も、用法・用量には注意してください。安全に使用するためにも。市販のものを購入する場合はよく説明書を読んで、病院でもらう場合は医師の話をちゃんと聞いた上で使用してください。満足できる効果を得られなかったからといって、用量を超えて服用してしまうと、体に害ですのでやめてください。

不眠症の薬の副作用と注意点

睡眠薬の副作用は種類によっても違いますが、「記憶障害」「筋弛緩」「反跳性不眠」「奇異反応」などがあげられます。ひとつずつ見ていきましょう。まず記憶障害というのは、薬を服用しから眠るまでの出来事や夜中に目が覚めた際の出来事をあまり覚えていないことです。一般的に言われるような、記憶喪失は起こりません。なるべく睡眠薬を服用したらすぐに寝るようにしましょう。筋弛緩は作用時間の長い睡眠薬を服用した際に起こりやすいです。筋肉に力が入りにくくなるので、ふらつきや転倒に注意が必要です。反跳性不眠とは、それまで使っていた睡眠薬を突然中止した時に起こる現象です。睡眠薬を服用し始めた時よりも強い不眠に襲われてしまいます。ですが、徐々に服用する間隔をあけていったり、量を減らしていくことで反跳性不眠を避けることができます。奇異反応は睡眠薬の服用により不安や緊張が高まってしまうことをいいます。多量の睡眠薬を服用したときなどに起こります。また依存症になってしまう方もゼロではありません。しかし睡眠薬の安全性は年々高まっており、大抵の方は依存症になることはありません。

いろいろな副作用がありますが、用法・用量をしっかり守っていれば、強い副作用がでることはなく、安全な範囲で使用することできます。

不眠症の薬の飲み合わせ

睡眠薬は抗ヒスタミン薬の副作用を利用して眠気を促しています。したがって、他の薬を併用することで抗ヒスタミン薬の作用が増強してしまうことがあります。風邪薬や鼻炎薬・解熱鎮痛薬や酔い止めの薬なども、併用することで行為ヒスタミン薬の作用を増強させてしまう薬の一つです。こういった薬を使用する際は薬剤師などの専門家や医師に相談するようにしてください。睡眠薬とアルコールの飲み合わせも危険です。相互作用により脳の活動が抑えられすぎてしまうことで、睡眠薬の持続時間が延びてしまい、翌朝になっても睡眠作用が残ってしまいます。また、最悪の場合は昏睡状態になってしまうなど危険です。ですが中にはアルコールと併用しても大丈夫な睡眠薬もあるので確認が必要です。

逆に睡眠薬の効果を弱くしてしまう飲み合わせもあります。一つの例として牛乳があげられます。睡眠薬と牛乳を一緒に飲むと、睡眠薬に含まれる成分が牛乳に含まれるカルシウムと結合してしまい、体内に吸収されにくい構造に変化してしまうからです。結果、睡眠薬の効果が大きく減少してしまいます。

このように、睡眠薬の効果を過剰に大きくしてしまう飲み合わせももあれば、小さくしてしまうものもあります。飲み合わせについては、命に関わる危険な状態になってしまう場合もあるので、専門家や医師の方に相談するようにしましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠症に関する薬一覧