先天性筋性斜頸せんてんせいきんせいしゃけい

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

先天性筋性斜頸とは

先天性筋性斜頸は、首から頭が左右どちらかにずれてしまっている病気で、先天的なもののことを言います。生まれたときから既に発症しているもので、いくつかの原因によって発症しますが、症状はどれも一方的な方向への傾きで、首から頭のバランスが取れていないことにあります。

先天性筋性斜頸の症状

先天性筋性斜頸の症状は、首から頭にかけてどちらか左右の一方に傾いていることです。多く見られる症状では、首がずっと片方を向いている、常に首が傾いている、それらの影響との関連性で首に視認できる程度のしこりがあるなどです。症状は先天的に発症するもので、中には生まれてすぐには気づかれずに生後数ヶ月してから気づかれるものもあります。

このような場合は、先天性筋性斜頸の症状が軽い場合です。胸鎖乳突筋という部分の緊張が強いとそちら側に首が傾き、基本的にしこりが出ているときはこの部分の一部がしこりとなって表に出ていることを意味します。先天的にある程度の病状が見られるときには、生後間もないときにその兆候が見られます。

先天性筋性斜頸の原因

先天性筋性斜頸の原因は、母体内の産道を通るときに首や頭に圧力がかかることです。

顔を全体的に見たときに、左右のバランスが非対称となっていたり、頭の後部を見たときに左右のバランスが異なっているようなときは、先天性筋性斜頸を疑います。

原因が特定されているため、病気にかかってもその治療過程はある程度確立されております。先天性筋性斜頸は生まれる過程において発症するごく自然なもののため、多くは自然治癒も可能です。

先天性筋性斜頸の治療法

狭い産道を通ることによって発症する病気のため、先天性筋性斜頸の最大の予防としては、産道が狭いと判断された場合は経膣分娩をしないことにあります。また、先天性筋性斜頸は先天性の場合、数年後に自然と顔や首の形が治っていくというケースが多いため、子供が成長していく過程で自然治癒することがよくあります。

目安は、生後半年から一年程度で、この間に原因となっていた筋の緊張やしこりが無くなり、症状がほとんど見られなくなります。民間療法や手術をしなくても治療できるもので、まずは経過を観察することが大切です。症状が持続する場合、重度の場合は、手術が必要になるケースがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください