脛骨近位部骨折けいこつきんいぶこっせつ

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脛骨近位部骨折とは

脛骨近位部骨折は骨粗しょう症のような病気を持っている高齢者が起こすことの多い骨折です。関節部分の骨が陥没してしまうことで起こる事が多く、治療には時間がかかることが多いです。状態によってはしばらく歩行できなくなるので重症化しやすいです。靭帯の損傷などを同時に起こしやすく、高齢者は特に注意が必要です。

脛骨近位部骨折の症状

通常の骨折と似ており、激しい痛みが走ります。骨粗しょう症を患っていればこうした病への注意喚起は行われているものですが、ちょっとした拍子に骨折してしまうこともあります。高齢者であれば自身で重いものを運ぼうとするだけでもこの脛骨近位部骨折になったり、床に強く足をぶつけただけでも、ジャンプしただけでも折れてしまうこともあります。

主な症状は歩行困難、骨折と同様の症状で痛みが特に激しくなります。靭帯部分の損傷が起こることも多く、一度骨折するとそのまま歩くのが難しい状態になってしまうこともあります。入院をして治療する必要が有ることも多く、両足を同時に怪我してしまうこともあります。内出血や赤い晴れが大きくなるのも目立った症状です。

脛骨近位部骨折の原因

脛骨近位部骨折の主な原因は関節部分の弱体化で、事前に骨粗しょう症を患っている場合がほとんどです。まれに高いところからの落下による強い衝撃で発生することもありますが、それらの症例はごく稀です。骨が弱っているために起こるものなので、高齢者に特に多い怪我です。

近年は若い女性でも骨粗しょう症になってしまっていることもあり、気付かずにこの脛骨近位部骨折を起こしてしまうこともあります。折れ方によっては靭帯を損傷してしまうので、1年以上歩行できないこともあります。

再生能力が落ちている高齢者などはその後の歩行事態が困難になることもあり、重症化しやすい怪我とも言えます。しっかりとした食事と健康管理で骨粗しょう症を防ぐことがまず大切です。

脛骨近位部骨折の治療法

脛骨近位部骨折を予防するには、その原因になりうる骨粗しょう症を治療しておくか、骨粗しょう症にならないようにすることが大切です。カルシウムやビタミンDをしっかりとりましょう。骨が弱っていない状態ならば、脛骨近位部骨折を起こすことはまず無いので十分に健康を維持することで予防できます。

足が弱っている場合にはサポーターをつけるほか、重いものを持たないようにし、骨が強くなるように食事から変えていくと良いでしょう。適度に無理のない運動をすることでも改善できます。

医師から処方される栄養剤や薬をしっかりと処方することでも骨を強くし、怪我を予防することができます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください