めまい

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

めまいとは

めまいとは、目が回ったり、ふわふわ浮く感覚になったり、目の前が暗くなったりする症状を指します。

めまいは、緊張や疲労、貧血、熱中症、飲酒などさまざまな原因によって起こります。また、内耳や心臓、脳などの病気の症状として、めまいが生じている可能性もあります。

めまいがたびたび起こる場合は、耳鼻咽喉科などに受診して検査を受けましょう。

緊急で受診が必要な場合

めまいとともに、以下のような症状がある場合は、緊急で受診が必要です。
・突然ものがよく見えなくなった
・手足がうごかない
・しゃべりにくい
・脈が乱れている
・激しい頭痛や吐き気がある
・高血圧の治療をしている など

めまいの症状

目の前がぐるぐる回るようなめまいを「回転性めまい」と呼びます。自分自身や周囲が回転しているような感覚になります。

体がふわふわと宙に浮いたような、船に乗っているようなめまいは「浮動性めまい」と呼ばれます。雲の上を歩いているような感覚になるのが特徴です。

めまいによって、まっすぐ歩くことや姿勢を保つことが難しくなることもあります。また、音が聞こえずらいなどの難聴や耳が詰まるような感覚、耳鳴りなどの症状が伴うこともあります。

めまいの原因

病気でなくとも、緊張や疲労、飲酒、乗り物酔い、血圧の変動などの日常生活によってもめまいは起こります。めまいがたびたび起こる場合は、以下に挙げるような病気の可能性があるため、受診しましょう。

耳の病気


めまいの原因の多くは、耳にあることが多いです。メニエール病や前庭神経炎、良性発作性頭位めまいなどの病気がみられます。

脳の病気


小脳や脳幹において、血管が詰まったり、出血したり、腫瘍ができたりするとめまいが起こります。

その他の病気


●自律神経失調症
自律神経失調症になると、「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れます。その結果、脳に送られる血流量が減ったり、内耳の中のリンパ液の循環が悪くなったりして、めまいが起こることがあります。

●頭蓋骨や顎関節の歪み
頭蓋骨や顎関節が歪むと、内耳にも影響が及ぶため、めまいや耳鳴りが起こることがあります。

●更年期障害
女性の場合、更年期障害の症状としてめまいが出ることがあります。更年期になると、ホルモンバランスが変化していくとともに、加齢で感覚器官の機能が低下していきます。

めまいの治療

薬物療法


めまいの原因や伴う症状により、さまざまな薬が用いられます。内服薬ではなく、点滴や注射を行う場合もあります。

めまいの治療で処方される薬には、以下が挙げられます。
・原因となる病気の治療に使う薬
・めまいの症状を抑える薬(抗めまい薬、ビタミン剤など)
・めまいに伴う吐き気などの症状を抑える薬(吐き気止め、抗不安薬など)


例えば、めまいを起こす原因がメニエール病の場合は、浸透圧利尿薬、ステロイド剤などを使用します。

理学療法


頭をゆっくり動かして耳石の位置を元に戻す方法や、平行訓練などを行います。

手術


日常生活に支障をきたすほどのめまいの場合は、手術が検討されます。

めまいの予防

生活習慣の改善


過度なストレスや疲労、寝不足などが重なると自律神経が乱れ、自律神経失調症メニエール病などのリスクとなります。

規則正しい生活をして、ストレスや疲労は溜めないように気をつけましょう。

急激な動きを避ける


動きや平衡感覚をキャッチする三半規管は、突然の激しい動きに敏感に反応します。

突然激しい動きをすると、三半規管が脳に信号を送れず、体がバランスを崩してめまいが起こります。急激な動きは、極力避けましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください