医師監修

めまいとは

めまい(目眩、眩暈)とは、身体のバランスを保つ機能が損なわれることによって起こる症状の総称です。
目が回るようなこと以外にも、物が揺れて動くように見えることや頭がくらくらするようなこと、また目の前が暗くなるようなことも引き続いて起こることがあります。

めまいは、それ単体でおこることもありますが、何らかの病気の症状のひとつとしても現れることがあります。

めまいの症状

めまいの症状は主に目が回ることやふらつくことなどです。めまいの症状について回転性・浮動性・立ちくらみの4タイプに分けることができます。

●回転性(目の前がぐるぐるしているめまい)
目がぐるぐる回るような回転性のめまいであり、自分自身や周囲が回転しているような感覚になります。これに伴い音が聞こえずらいなどの難聴や中耳炎、耳が詰まるように感じること、耳鳴りなどが起こることがあります。この症状が起こるときは耳や脳の病気が疑われます。放っておくと難聴脳梗塞といった病気につながることがあります。

●動揺性(フラフラ揺れるめまい)
頭や体がフラフラ揺れるような症状が特徴です。平衡器官がある程度おかされた場合に出やすい症状です。回転性めまいでもこの症状が出るケースがあります。歩いてフラフラする症状が出るのなら、小脳の障害の可能性があります。

●浮動性(ふわふわしているめまい)
体がふわふわして宙に浮いたような感じや船に乗っているような気分になったり、雲の上を歩いているような気分になるのが特徴です。まっすぐ歩くことや姿勢を保つことが難しくなります。また、これに伴い頭痛や顔面や手足のしびれ、運動麻痺などが起こります。病気が軽い場合にはこういった症状がでますが、長く続くようなら病院の検査を受けましょう。軽いめまいの背後に大きな病気が隠れているかもしれません。

●立ちくらみ
立ちくらみは低血圧の人や子供に多くみられる症状です。これは立ち上がるときに、くらっとすることや目の前が暗くなること、ときには失神することがあります。高血圧症や脳動脈硬化症の人は注意が必要です。立ちくらみを起こし急に血圧が下がると脳梗塞を起こす可能性があります。

●めまいとふらつきの違い
めまいとふらつきは、違う原因で起こることが多く、それぞれ区別して扱うこともあります。めまいは回転性めまいの事を指し、三半規管に原因があります。三半規管は通常リンパ液で満たされており、リンパ液の動きで体の動きを察知します。何らかの原因でリンパ液が勝手に動いてしまうと、体が動いていると錯覚し、めまいを起こします。
ふらつきは低血圧、高血圧、自律神経失調症などの症状としてあらわれ「非回転性めまい」と表現されます。また、緊張や疲労、飲酒など、病気でなくとも起こります。原因は多岐にわたり、脳幹の機能の低下であったり、三半規管によって引き起こされたりします。

●耳鳴り・手足のしびれを伴う場合
めまいに耳鳴りと手足のしびれを併発しているようであれば、自律神経失調症が考えられます。現代人の多くが抱える寝不足による生活リズムの乱れ、過剰なストレスなどの問題が、自律神経のバランスを崩してしまう原因となる場合も多いですが、さまざまな原因が絡み合っていることがほとんどでしょう。また、変化し続ける女性ホルモンの影響を受けることも往々にしてあります。


あなたのめまいはどのタイプですか?その原因も様々です。
・ 身体のバランスを維持する働きをする三半規管などのある内耳の異常から起こるめまい
・ 運動機能の調整をする小脳や脳幹の血管が詰まったり腫瘍ができたりして起こるめまい
・ 血圧の急激な変化やストレスなどによって起こるめまい

などもあります。このような症状がたびたび出るようでしたら、まずは耳鼻咽喉科などで検査をしてもらいましょう。重大な病気を早期に発見し適切な治療を受ける必要があります。治療法としては、投薬(抗めまい薬・吐き気止め・ステロイド薬など)、理学療法(医師が頭を動かし耳石の位置を戻す)、平衡訓練などがありますが、改善できずに日常生活にも支障が出る場合には手術によって治療をすることもあります。

めまいの原因

身体は姿勢のバランスを保つために様々な機能が備わっていますが、これが異常をきたすとめまいが起こります。症状により理由はさまざまですが、耳が原因の場合が最も多く、全体の77%を占めています。
めまいの原因の多くは耳にあることが多く、問題がないように感じても耳が原因でめまいを起こすことはあります。ただし、耳が聞こえなくなる、耳鳴りがする、といった症状だけでは、耳がめまいの原因ということはできません。



●耳が原因
耳はバランスを保つ機能があるため、耳の異常が原因の場合があります。これの場合、回転性のめまいが起こることが多いようです。耳石がはがれることや内リンパ水腫が起こること、神経の炎症などにより起こり、これらはメニエール病前庭神経炎、良性発作性頭囲めまいなどという病気です。

《耳が原因のめまいによる病気の割合》

●脳が原因
小脳や脳幹で血管が詰まったり、出血したり、腫瘍ができたことにより起こります。これにより、脳梗塞脳出血により起こります。

●血圧が原因
おもに血圧に関するもので全身の血圧が急激に変動すると、脳に送られる血液量が不安定になるために起こるとされています。

●自律神経失調症が原因
自律神経失調症になると、自律神経を構成する「交感神経」と「副交感神経」のバランスがくずれます。そうすると、体の免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなります。そして、これらの感染によって神経が炎症を起こして、めまいや耳鳴りの原因となることがあるのです。また、自律神経失調症では、脳に送られる血流量が減ったり、内耳の中のリンパ液の循環が悪くなることによって、耳鳴りやめまいの原因になることがあります。

●頭蓋骨の歪みが原因
頭蓋骨を構成する骨の一部に「側頭骨」と呼ばれる骨があり、側頭骨の中には内耳が存在します。内耳の中には音を伝える役割をする「蝸牛」と、平衡感覚をつかさどる「三半規管」と「前庭」があります。そのため、頭蓋骨が歪むと、内耳に存在する「蝸牛」や「三半規管」、「前庭」に影響を及ぼすことで、めまいだけでなく耳鳴りの原因となることがあります。

●顎関節の歪みが原因
顎関節は「側頭骨」と「下顎骨」という骨から構成される関節です。そのため、顎関節が歪むと、その影響が顎関節を通して、側頭骨から内耳に伝わるので、めまいや耳鳴りの原因となるのです。

●眼精疲労が原因の場合
眼精疲労が蓄積されると、脳が視覚の異常を察知します。また慢性的な眼精疲労は血流障害も引き起こします。この眼精疲労がもたらす2つの要因により、ふらつきなどのめまいを発症することがあります。めまいが発症した場合は、スマートフォンやパソコンなど目の刺激となるものはなるべく控えましょう。仕事でやむを得ずパソコンをする場合は、こまめに休憩をとり、休憩時間に蒸しタオルで目を温めるなど目を休めるための対策をとりましょう。

●更年期障害が原因の場合
40代の女性はめまいを発症するケースが多く、原因の1つに更年期障害を挙げることができます。ホルモンバランスが崩れると共に、加齢により感覚器官の機能が低下し、めまいを起こします。更年期障害によるめまいに対処する方法として、食事療法があります。5つの栄養素をとることで、めまいの症状が軽減されます。1.イソフラボン:ホルモンバランスを調整する働きがあります。2.ビタミンB1:脳の働きを正常に保ちます。3.ビタミンB12:神経を正常に保ちます。4.ビタミンE:血流を良くし、自律神経のバランスを整えます。5.EPA・DHA:血流を良くします。


そのほか、日常生活においても暴飲暴食や長風呂、乗り物酔いなどでめまいが起こることがありますし、ストレスや他の病気が原因で起こることもあるとされています。めまいはさまざまな原因の可能性があり、専門の医療期間で精密な検査が必要です。


●自律神経失調症が原因
・自律神経失調症とは
自律神経は、循環器や消化器、呼吸器といった全身の活動を調整していますが、運動神経とは違って自分でコントロールできません。自律神経失調症では、検査で異常が認められないにも関わらず、いろいろな自覚症状が起きます。朝起きるのがつらい、頭がふらつく、ふわふわする、日中眠気に襲われる、頭痛など、そしてめまいも起きます。これらの症状がいったん改善されても、今度は別の症状が出るなど、不調が続きます。大元の原因はストレス、睡眠サイクルの乱れ、ビタミン・ミネラルの欠如などです。子どもの頃からすぐ吐いたり下痢しやすいなど、生まれつき自律神経の過敏な人や、ノーと言えない生真面目な性格の人や、夜更かしなどの不規則な生活習慣の人などが環境の変化やストレスによって自律神経失調症になりやすい傾向があります。
・対策
規則正しい生活習慣のチェック、ストレスをためる思考パターンの見直し、そして食事の改善です。自律神経の働きを整えるために必要なビタミンB・C、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、鉄、アミノ酸を十分摂取しましょうストレスが蓄積されると引き起こしやすくなるので、軽い体操をしたり、熱中できる趣味を持つことも大切です。朝目覚めたら日光を浴びるなど規則正しい生活習慣を続けるのも効果的です。
医療機関では、つらい症状を緩和するために抗不安薬、自律神経調節剤、漢方薬などが処方されます。自律神経失調症は4つのタイプに分けられるので、そのタイプにより体と心に働きかける治療が行われます。病院での治療は心療内科で受けるのが一般的です。その他に、鍼灸治療や整体治療院での治療でも心身のバランスを整えることができるでしょう。もちろん、自分でも生活を整えるなどの工夫が必要です。

●うつ病とめまい
うつ病を発症すると、めまいを起こしやすくなる場合があります。特に低血圧の方や気圧の変動が激しい季節は、めまいが生じやすくなります。季節の変わり目や梅雨の季節、台風の発生しやすい時期は日照時間も少なく、めまいと共に精神的不調も悪化する恐れがあります。これらは、自律神経の不調が主な原因となります。主治医にめまいが特定の病気でないことが確認できたら「病気で悪化するものではない」と冷静になりましょう。しかし、根本的なめまいは日常生活に支障が出ますし、場合によっては吐き気を伴いますから、主治医に相談して、めまいに対応した薬を処方してもらいましょう。薬は副作用として眠気が出る場合があります。眠気が出たら、夜の不眠にならない程度に、横になって休むようにしましょう。

めまいの治療法

≪予防≫
めまいは、病気やストレスなど、様々な原因によって起こる症状で、原因によって対処法、予防法なども変わってきます。まずは、めまいの原因を把握してめまいを起こさないように予防を行いましょう。

1) 生活習慣の乱れによるストレス
身体は過度なストレス、疲労や寝不足などが重なると自律神経が乱れ、自律神経失調症メニエール病という病気に陥ります。この自律神経失調症がめまいを引き起こす原因と言われています。
2)急激な動きを避けること
人の動きをキャッチする三半規管という部分は、激しい突然の動きに敏感に反応します。この三半規管が脳に信号を送ることで身体はバランスを取っていますが、突然激しい動きを行うと、三半規管が信号を送れなくなり、結果身体がバランスを崩してめまいが起こるのです。
3)生活習慣に気を付けること
規則正しい生活と適度な休息が大切です。自律神経を乱さないように普段の生活を気をつけることがめまい予防に繋がるでしょう。
4)原因にとなる病気にかからないようにすること


≪治療法≫
めまいの治療は、おもに耳鼻咽喉科で行われ、脳神経外科が担当する場合もあります。また、ストレスを原因とする自律神経の乱れが原因の場合、心療内科の受診を検討するのもひとつの方法です。また、普段においては基本的に休息、特に睡眠時間をしっかりと確保することが対策になります。、

●投薬による治療
めまいの種類や付随する症状により、さまざまな治療薬が用いられています。内服薬ではなく、点滴や注射の形式になる場合もあります。
・脳や内耳の血流を良くすることで改善するための循環改善薬
・吐き気を抑える薬
・抗不安薬
・神経の炎症を抑えるためのステロイド薬
・神経を正常に保つためのビタミン剤

めまいがしばらく治まっているときは、再発を予防するための薬を服用したり、体のバランス機能を正常化させる訓練による状況改善が検討されるケースが多くあります。

●点滴による治療
動くとひどくなり、じっとしていても感じる回転性のめまいは吐き気を伴うことが多く、飲み薬を受けつけないため、安静にしながら、吐き気止めの薬とめまいを止める薬を点滴で投薬します。点滴であれば水分と電解質も同時に補えます。ただし動いたあとにめまいが起こり、3分以上は続かない場合は、安静にするのではなく動くことが治療になるので、それぞれの症状に応じて医師の指導を受けましょう。

●めまいで処方される薬
めまいは病気ではなく、病気によって現れる症状の一つです。そのため、めまいの治療で処方される薬は、
・原因となる病気の治療に使う薬
・めまいの症状を抑える薬(抗めまい薬、血流改善薬、ビタミン剤)
・めまいに伴う吐き気などの症状を抑える薬(吐き気止め、抗不安薬)
などがあります。めまいを起こす原因の一つが「メニエール病」です。メニエール病に対しては浸透圧利尿薬、副腎皮質ホルモン(ステロイド)などを使用します。また「前庭神経炎」という病気が原因の場合も、ステロイドが処方される場合があります。などです。どの薬を使用する場合でも用法や用量を守って飲むことが大切で、自己判断で服用を止めるのも厳禁です。

●投薬以外の治療
原因となる神経を取り出す外科手術や三半規管を正常にする理学療法、平衡訓練などがあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

めまいの相談

めまいの体験談

  • 足元がふわふわするめまいがしたら、すぐに耳鼻科へ行こう

    めまい・ふわふわ

    毎年夏の初め、6月後半~7月にかけて、ふわふわとしためまいに見舞われます。最初はびっくりして、貧血と妊娠を疑ったのですが、妊娠検査薬の結果は陰性でした。一週間以上続いたので、病院で診察を受けることにしました。 病院でもまず妊娠の可能性を疑われましたが、問診と血液検査の結果、妊娠を含め特に異常は見つかりませんでした。「暑さに負けているのと、ストレスが原因で自律神経が乱れているのかもしれない」と言…続きをみる
  • 上を向くとめまいが楽になります

    めまい・上を向く

    私は普段から貧血になりやすくて、たびたびめまいが起こりやすくなっています。ですので、その対策として上を向くということで解決をするようにします。なぜかはわかりませんが、そうするとすごく落ち着くことが出来ますので症状がおきたときにはこのような取り組みをしているようにしています。いつおきるかわかりませんが、そのときになつまたらすぐに対処をすることが出来るようになっています。めまいがおきてしまうと体がふ…続きをみる
  • めまいが妊娠中に頻繁に

    めまい・妊娠

    第一子を妊娠したのは私が34歳の時でした。健康には自信があり、もちろん持病もなく、それまで大きな病気をしたこともなかったので、最初の頃は、特に自分としては大きな不安はありませんでしたし、胎児も順調に成長し、無事に安定期を迎えて、あとは栄養をしっかりとって普通の生活をしていれば大丈夫と思っていました。 7ヶ月を過ぎたころ、母親教室がありました。周りは旦那さんと一緒に出席していましたが、私は一人で出…続きをみる
  • めまいを早く治すための習慣

    めまい・早く治す

    私はたまにめまいを起こしてしまうことがあるのですが、早く治す方法としては、まずは動かずに休むことを優先します。優先するというよりも、動く気にもならないので、必然的にそうなる感じではあります。家の中であればいいのですが、たまに道で歩いている時に待めまいが起こったことがありました。その場合は、危なくないところで座って、しばらくじっとしていました。たぶんこの状態で動いたら、危険だと思いますから、回復し…続きをみる
  • このめまい、実はメニエール病でした

    めまい・メニエール

    寝ていても天井が回っているようで起き上がることもできずそのままダウン状態。一時的なものだったので、ただのめまいかと思い普段通りの生活へ戻りましたが、再び同じような症状が襲ってきました。そのため、病院に行ってみて聴覚などの検査をしてもらうとメニエールとの診断でした。ストレスが引き金で起こるということでした。ストレスとは無縁と思っていたのですが、知らず識らずのうちにストレスが溜まっていたのかと驚きを…続きをみる
  • めまいがしたら何科へ?

    めまい・何科

    私は昔急にめまいに襲われて怖い思いをしたことがあります。 1番最初の症状は、夜寝る前になんだか天井がぐるぐる回ると思ったことでした。冬の寒い夜、お酒も飲んでいないのにぐわーっと頭のまわりが回るのです。恐ろしかったのですが寝ている状態だったのでこのまま目を閉じて寝てしまおうと思い耐えました。 幸い翌日は治っていたのですが、この症状が続いた場合病院行っても何科にいけばよいのかわからないと思いました。…続きをみる
  • めまいと冷や汗に悩まされて

    めまい・冷や汗

    めまいと冷や汗がしつこいので、とても困っていました。仕事や家事など、日常生活のあらゆることに影響を及ぼしますので、早く治さなければいけないと焦っていました。 まずは、めまいと冷や汗の原因を知りたいと思いましたから、詳しく調べてみることにしました。その結果、更年期障害の症状とよく似ていることに気がつきました。さらに詳細を検索してみた結果、婦人科で診察を受ける人がとても多いことを知りましたから、私も…続きをみる
  • めまいによる嘔吐がつらい

    めまい・嘔吐

    私がこれまでに経験しためまいと嘔吐はただ一回だけですが、この一回が強烈でした。第2子を出産して5か月ほどたったころ、朝起きると突然の立っていられないほどのめまい、そしてすぐに吐き気が襲ってきてトイレに駆け込みました。これを一日中繰り返しました。幸いにも第1子は朝から夕方まで保育所、また第2子はねんねの時期だったので、それほど手はかかりませんでした。 何よりつらかったのは、授乳中で薬を飲むことがで…続きをみる
  • めまいの原因は何なのか

    めまい・原因

    大人になってからですが、ある時からめまいに悩むようになりました。昼間に突然目が回るような感覚のめまいを感じたり、朝起きると天井がゆっくりと回っているという状態になることがあったのです。お酒を飲んで酔っ払っている時の視界に似ていますが、酔っているわけではないため猛烈な不安にさいなまれました。もちろん病院に何度も行ったのですが、原因が特定できずもう少し様子を見ましょうということが何度か続きました。 …続きをみる
  • 急にふわふわとしためまいが

    めまい・ふわふわ

    仕事が忙しく、毎日遅くまで残業の日々が続いていました。体調はよく精力的に仕事はできていました。ある日いつものように就寝前の歯磨きをしようと立ち上がったそのときでした。立ち上がった瞬間ふわふわ、くらっとし、その場に座り込んでしまいました。何が起こったかよくわからず、もう一度立ち上がろうとすると目の前が斜めになったような感覚がし、激しい吐き気が襲ってきました。激しいめまいに襲われながら、とりあえず這…続きをみる

めまいに関するコラム