医師監修

上腕骨顆上骨折とは

上腕骨顆上骨折とは、幼稚園児と小学性に最も多い骨折のひとつで、肘周辺の骨折においては全体の約60%を占めます。主にうんていや鉄棒など高い所から手を滑らせて落下し、肘を伸展した状態のまま手をついた時に発生する骨折のことです。男女比は2:1となっています。この骨折が認められた場合、骨折部が変形したまま治癒してしまうと後遺症が残る場合があるので、元通りの形に戻すため手術をする場合があります。

上腕骨顆上骨折の症状

上腕骨顆上骨折の症状としては、激しい運動をしての転倒や高い所からの転落によって、肘の激しい痛み、腫れ、腫れに伴った水泡、肘部分の激しい痛み、皮下出血、肘部分の異常な動きが現れた場合、この骨折が疑われます。
  
また、よく合併損傷が見落とされがちですが、神経や血管などに圧迫や合併損傷が認められた場合、肘から腕にかけて麻痺や循環障害が起き、脈が弱くなったり、手や指にしびれを感じたり、皮膚の色が蒼白や暗青紫色になります。
  
また開放骨折をした際の皮膚の損傷からの感染症やフォルクマン拘縮(こうしゅく)といった筋肉の壊死や運動障害、異常感覚なども合併損傷として挙げられます。これらを放置すると重篤な後遺症を残すことになるので注意が必要です。

上腕骨顆上骨折の原因

上腕骨顆上骨折の原因の多くが、激しい運動からの転倒、鉄棒やうんていなど高い所からの転落です。幼稚園児から小学性までによく見られる骨折で、肘が反ることによって骨折をします。
  
もともと骨折部である上腕骨の肘に近い顆上部の骨は薄い骨のため構造的に弱い部位であり、そこに強い伸展力が加わることで外力が肘まで伝わり、骨折しやすくなっています。
  
この時に血管や神経など圧迫や損傷を受けた場合、肘から指にかけて麻痺や循環障害などの合併損傷が発生する可能性がありますが、麻痺は一過性のものが多く、4ヶ月以内に自然治癒されることが多いようです。

上腕骨顆上骨折の治療法

上腕骨顆上骨折の治療法は3つのタイプに分けられており、Gartlandの分類を用いることが多いです。
  
タイプ1のほとんどズレのない骨折の場合はギプス固定を3~4週間することで治癒することができます。両側のBaumann角が10度以上の差があった場合は整復してピンニング治療を施します。
  
タイプ2の場合は整復が簡単で、キルシュナー鋼線による経皮的ピンニングで肘関節を90度屈曲した状態を保ちます。一般的に4週間くらいで改善が見られ、抜釘ができます。
  
タイプ3の場合、骨以外の軟部組織の損傷も見受けられる場合が多く、神経損傷や循環障害を注意深く評価しなければなりません。骨折の治療は非観血的整復と経皮的ピンニングで治療していきます。また腫れが強い場合は牽引を行う場合もあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください