ドライマウス/口腔乾燥症の体験談

泡のような唾液が出るのならドライマウスかも知れません!

医師確認済み

泡のような唾液が出るのならドライマウスかも知れません!

3カ月ほど前からドライマウスではないかと思うような症状があります。平日に休みが取れないのでまだ受診していませんが、近いうちに受診する予定です。気になるのでインターネットで調べたりしています。時々しゃべりづらいと感じることがあり、泡のような唾液が出ます。唾液の分泌量自体が減っているようにも思います。唾液量が少なくなると口腔内に細菌が繁殖しやすくなるので口臭が気になりだしました。
泡のような唾液が出たり、唾液の分泌量の低下を感じる程度なので、症状としては軽度であると言えますが、ドライマウスが重度になると舌表面がひび割れ、割れた舌の痛み、いわゆる舌痛症で食事が摂れなくなることもあります。私は、50歳代半ばで仕事でストレスを感じることもあります。加齢やストレスが原因となるとも言われています。
昔と比べると、ドライマウスが増えているようですが、原因の第一は、現代人の食生活が唾液を出さなくても飲み込めるような食事が主流になっていることが挙げられます。第二にストレス、第三に薬物が挙げられます。

ドライマウスになって唾が泡立つ

私はドライマウスで口の中がいつもカラカラな感じです。そして唾が泡状になって唇の端にたまることが多くあります。これについては人目も結構気になり、困っています。人中でしょっちゅう鏡を見るわけにもいきませんし、なかなかたいへんです。せっかくの唾なのだから、泡になってにじみ出てきたりせず、口の中にとどまっていてくれればいいのに、と思います。
ドライマウスにはトレスや不規則な生活がよくないということなので、そこをなんとかしたいとは思っていますが、どうしても夜更かししがちになってしまい、反省する日々です。寝ていても口の渇きで目が覚めて、水を飲むため何度も起きなくてはならないので、寝不足にも拍車がかかってしまっています。
あまり薬には頼りたくないので、なるべく舌体操でなんとかしようと励んでいます。舌を大きく動かして唾液腺を刺激し、唾液がちゃんと出るようにするというものです。梅干しを見ると唾液が出るというのも利用し、梅干しの写真をよく見るようにもしています。

口の泡とドライマウス

緊張をして会話をすると口の中やまわりに泡がつくようなことがあります。これは一時的に口の中が渇いている状態で粘度がたかい唾液となってしまいこのような泡が発生してしまうのです。このような一時的な緊張などは水を飲むなどでおさまります。
しかし常に口の渇きを感じるような状態が数ヶ月も続いているというような場合はドライマウスが考えられます。口臭が気になり口の中が痛くなってくるのです。また唾液の分泌が少ないということで虫歯になったり風邪をひきやすくなることもあります。
原因としては、一時的な緊張ではなく常に緊張状態が続いていてストレスを感じている場合があります。
また口の中が乾くのは唾液の分泌が少ないということから噛む回数が噛む力が弱くなっていることも原因として考えられます。口から呼吸をしているような場合もドライマウスになりやすいのです。
糖尿病なども原因となり、お酒を控えるということ、ストレスを解消して噛みごたえのある食事を行うなどで改善します。

ドライマウスで口角に泡が溜まる

ドライアイというのはよく聞いたことがあるのですが、ドライマウスというのは歯科医でで初めて聞いた言葉でした。正式には、口腔乾燥症というみたいで、文字通り口の中が渇く病気です。渇くといっても口の中がカサカサになるわけではなく、唾液の分泌がすくないという状態のことです。
私の場合は、口がねばねばする感じ、そして口臭がきつくなりました。割と頻繁に歯磨きもしているのになかなか改善しませんでした。イメージとしては、常に寝起きの口の中、という感じです。しゃべっていると口角に泡が溜まってしまうため、ハンカチが手放せません。泡が白っぽく見えるので、目立ちますので、頻繁に口を拭います。
ドライマウスの原因ははっきりしないようですが、私の場合はストレスが原因になっているようだったので、できるだけ症状を気にしないこと、よく噛んで食べること、よくうがいをすること、などで対応をしています。少しずつ改善しているようにも感じます。

ドライマウスの治療をすればうがいの時に泡立てるのも簡単!

40代にさしかかったころから口の中が乾きやすいのを自覚するようになりました。アメとかを食べていてもなかなかつばがでず、上手に飲み込めないのです。うがいをしても、うまく泡立てることができません。結構困っていたのですが、病院にかかったら解決するのかもよくわかりません。まず近所の歯科で相談してみたところ、何か内科の病気が隠れているかもしれない、と言われて内科を紹介されました。
内科ではガムを噛んで、どれぐらい唾液が出るかという検査をしました。その結果、唾液の量は少なめではあるものの、単なるドライマウスという体質であり幸いにして唾液が出なくなるような内科の病気ではないということが分かりました。
ドライマウスに対して、人工的な唾液に相当する薬をもらって使用した所、ちゃんと歯磨きの時にも泡立てることができるようになって、口の中もすっきりした感じが得られました。ドライマウスに対する画期的な治療法があることが分かりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「ドライマウス」チェック

口がパサパサしたことありませんか?

ドライマウスは分泌される唾液の量が減少し、口の中が乾燥してしまう症状です。
口の周りの筋力が衰えたり、唾液腺の分泌能力が低下したりすることで、加齢に伴い20歳ごろから徐々に唾液の分泌量は低下していきます。特に、日中や睡眠中などの食事をしていない時の唾液の分泌が減りやすく、口の渇きを感じやすくなります。
女性の場合、女性ホルモンの分泌量が低下することも、口が渇く原因のひとつです。
まずはご自分の症状をチェックしてみましょう。

1 /16

口の中がネバネバする。

ドライマウス/口腔乾燥症の他の体験談

口・あごの病気の体験談

  • ほっておいた口角炎に膿が…

    口角炎・膿

    よく口角が切れて口角炎になるのですが、いつもなら保湿とあまり口をあけないようにすることで治っていました。しかし仕事が忙しく疲れていたときにまた口角炎に。いつもどおり保湿をしていてもなかなか治らず。そしてしばらくすると乳黄色の液みたいなものが出始めました。 さすがにやばいかなと思って皮膚科にいくと膿がでているとのことでした。化膿した状態なので抗菌薬の軟膏を塗って、疲れをためないように体を休めてくだ…続きをみる
  • 口角炎は医薬品の塗り薬で治す

    口角炎・医薬品

    私は乾燥するシーズンになると、口の端っこがよく乾燥を引き起こし、割れてしまい、そこから口角炎を起こすことがよくありました。 最初はリップクリームなどで対処していたのですが、良くなる傾向はなく、手の施しようがなかったので放置を決めることにしていました。すると友達から、市販の医薬品で口角の炎症を改善出来るということを教えてもらいました。その薬を紹介してもらい、薬局で購入し、口の周りにつけてみると、…続きをみる
  • 口角炎の跡には十分警戒した経験

    口角炎・跡

    口角炎をしょっちゅう発症させており、治っては発症するという悪循環になっていた時がありました。発症してしまうと口をちょっとでも開けるだけで、新たに裂けてしまうのでかなりの苦痛を感じていました。自分なりに発症した時の対策方法としては、まず発症した時は大きな口を開けない事が何よりも大切だと感じました。大きく口を開けてしまう事で口角炎の跡からも裂傷が発生し、出血する事が多くなるからです。 また市販で販売…続きをみる
  • 口唇裂を持って生まれた私

    口唇裂

    私は、上唇が一部分繋がっていない口唇裂の状態で生まれました。確固たる原因は不明ですが、遺伝子や母体の環境が発症のリスクファクターと考えられており、母は随分と自分自身を責めたと言っていました。 唇が繋がっていないために哺乳や発声をスムーズに行えないがらも、私は一生懸命に生きようとしていました。両親は、口唇裂の手術を確実に行ってもらえる熟練の術者を探し、生後4ヶ月頃の私に口唇形成のための手術を受けさ…続きをみる
  • がま腫になったら手術をするべき

    がま腫

    私は20代の頃、がま腫という症状が現れたことがあります。この症状が発生するまでは何事もなかったのですが、ある日突然舌と下顎の間に風船のような気泡が出来ているのに気がつきました。その後、舌が持ち上げられているような違和感を感じるようになり心配になったので病院で診断してもらうことにしました。 その結果が、がま腫だったのです。原因は唾液腺に炎症が起きているとのことでした。正直、初めて聞いた症状の名前だ…続きをみる
健康チェック画像

「ドライマウス」チェック

口がパサパサしたことありませんか?
健康チェックする