ドライマウス/口腔乾燥症の体験談

息苦しいドライマウスは早急な治療が重要

医師確認済み

息苦しいドライマウスは早急な治療が重要

寝ている時はもちろん、昼間も息苦しいと感じることが多いために、とても苦痛です。その原因は口の渇きです。常にカラカラに渇いているために、しょっちゅう水分補給を行っています。
しかも、最近は口臭まで感じるようになりました。このままでは周囲にも悪影響を与えるのではないかと不安になり、思い切って歯科を訪れました。丁寧に診察をしてもらったところ、ドライマウスと診断されました。歯科医の説明によると、ドライマウスの症状が進むと、安眠できないほど息苦しいと感じるそうです。まったく同じ症状なので驚きました。
まずは、ドライマウスを治療するために漢方薬を処方してもらいました。さらに、ストレスは症状を悪化させるので、リラックスして過ごすことが大事だと説明されました。尚、トウガラシやスパイスなど、刺激が強い食品は余計に口が渇くので、避けた方が良いそうです。
歯科医の指導を守りながら生活をしていたら、息苦しいと感じることがなくなりましたから、歯科を訪れた甲斐がありました。

ドライマウスは息苦しい

ドライマウスになるととても息苦しいです。あくまで個人的な感想ですが、夜寝る時が一番息苦しいです。
私がドライマウスになった原因はストレスだと思います。よく、のどが渇いて水分をとっています。特に寝る前は水分をとるようにしていますが結局寝ているうちにのどが渇いて息苦しくなります。そのまま放置していてもほとんどの日がなんともなく寝れるのですが、ひどく乾燥している日は眠れなくなり水分を取らざる負えません。私の場合まだ、軽度なので何の問題もなく普段の生活を送れています。生活する分には息苦しくもなく水分を余分にとる必要もありません。息苦しくなるのは寝ているときぐらいです。たまに激しい運動や長距離のマラソンなどをすると人一倍息苦しくなる時があります。水分をとれば落ち着くのですがとらなければ苦しさが残って辛いです。
私と同じような症状に悩まされている方は多いと思います。私は来る日も来る日もこの症状に悩まされています。

ドライマウスで息苦しいときも

自分はドライマウスですが、口の渇きがかなりひどくなると、息苦しい感じさえしてくることがあります。就寝中に渇きで目覚めたときなどにも息苦しいと感じたりします。水を飲めばすぐなおりますが、なかなか厄介な症状です。それほど深刻な症状ではないにせよ、夜中に何度も目が覚めるのは困りものです。
意識的に口を閉じるように心がけ、眠るときもそうしています。でも、目覚めた時は口の中がカラカラに乾いているので、就寝中は口を開けてしまっているのでしょう。ただでさえ口呼吸は良くないのに、困ったものです。ドライマウスにも拍車がかかってしまいます。
眠っている時はどうしようもないので、起きている時だけでも必ず口を閉じ、鼻で呼吸するように意識しています。舌を動かす運動も意識的に行い、唾液が出るようにと努力はしています。でもなかなか改善しなくて悩ましいところです。病気というほどでもないのですが、就寝中に渇きで目覚めるのだけは、何とかしたいです。

ドライマウスは息苦しい

3年ほど前にドライマウスがひどくて悩んでいたことがあります。口の中がねばねばして気持ち悪いのも困りましたが、そのせいか息苦しい状態が続いていました。また、家族からはずっと口臭がきついと指摘されていました。
ドライマウス用のスプレーを買って口の中を潤すようにしていたのですが、スプレーの効果が消えるとすぐにもとに戻ってしまうので息苦しい状態を解消することはできませんでした。
口の中が乾くのは自律神経のバランスが崩れているからだと聞いて、運動をすることにしました。最初は家の周辺をウォーキングする程度だったのですが、体を動かした後は唾液が少し分泌されているような気がしました。さらに週末にジョギングを始めたら、ドライマウスはかなりマシになりました。また、家族から口臭が改善されたと言われました。体を動かすことでストレスの発散ができたのも良かったのでしょう。
現在でもまた口の中が乾いて息が苦しくなるのは嫌なのでジョギングやウォーキングを続けています。

ドライマウスは息苦しい

ドライマウスが息苦しいということを思いしらされることになったのが、数年前の秋口に見舞われた症状からでした。私自身のそれまでの人生においては、全く経験することがなかったので、本当にドライマウスというのがどんなものかはわかりませんでした。
最近では、ドライアイなどということはよく聞きますが、口がここまで乾くというのは、初めての症状でしたので、休日を利用して、口腔外科を受診することにしました。医師に息苦しいということを説明したところ、ドライマウスという診断が出ました。医師によれば、現代社会において発生する傾向が多いということです。
口の中が極端に乾くというのは、だ液の分泌が上手くできていないためであり、大きな病気の引き金になる可能性もあるから、しっかりと治すことの重要性を指摘していただきました。夜中までの時間帯にパソコンにかじりつくということは避け、しっかりと規則正しい生活をすることで治すことができるという説明をしてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライマウス/口腔乾燥症の他の体験談

口・あごの病気の体験談

  • ほっておいた口角炎に膿が…

    口角炎・膿

    よく口角が切れて口角炎になるのですが、いつもなら保湿とあまり口をあけないようにすることで治っていました。しかし仕事が忙しく疲れていたときにまた口角炎に。いつもどおり保湿をしていてもなかなか治らず。そしてしばらくすると乳黄色の液みたいなものが出始めました。 さすがにやばいかなと思って皮膚科にいくと膿がでているとのことでした。化膿した状態なので抗菌薬の軟膏を塗って、疲れをためないように体を休めてくだ…続きをみる
  • 口角炎は医薬品の塗り薬で治す

    口角炎・医薬品

    私は乾燥するシーズンになると、口の端っこがよく乾燥を引き起こし、割れてしまい、そこから口角炎を起こすことがよくありました。 最初はリップクリームなどで対処していたのですが、良くなる傾向はなく、手の施しようがなかったので放置を決めることにしていました。すると友達から、市販の医薬品で口角の炎症を改善出来るということを教えてもらいました。その薬を紹介してもらい、薬局で購入し、口の周りにつけてみると、…続きをみる
  • 口角炎の跡には十分警戒した経験

    口角炎・跡

    口角炎をしょっちゅう発症させており、治っては発症するという悪循環になっていた時がありました。発症してしまうと口をちょっとでも開けるだけで、新たに裂けてしまうのでかなりの苦痛を感じていました。自分なりに発症した時の対策方法としては、まず発症した時は大きな口を開けない事が何よりも大切だと感じました。大きく口を開けてしまう事で口角炎の跡からも裂傷が発生し、出血する事が多くなるからです。 また市販で販売…続きをみる
  • 口唇裂を持って生まれた私

    口唇裂

    私は、上唇が一部分繋がっていない口唇裂の状態で生まれました。確固たる原因は不明ですが、遺伝子や母体の環境が発症のリスクファクターと考えられており、母は随分と自分自身を責めたと言っていました。 唇が繋がっていないために哺乳や発声をスムーズに行えないがらも、私は一生懸命に生きようとしていました。両親は、口唇裂の手術を確実に行ってもらえる熟練の術者を探し、生後4ヶ月頃の私に口唇形成のための手術を受けさ…続きをみる
  • がま腫になったら手術をするべき

    がま腫

    私は20代の頃、がま腫という症状が現れたことがあります。この症状が発生するまでは何事もなかったのですが、ある日突然舌と下顎の間に風船のような気泡が出来ているのに気がつきました。その後、舌が持ち上げられているような違和感を感じるようになり心配になったので病院で診断してもらうことにしました。 その結果が、がま腫だったのです。原因は唾液腺に炎症が起きているとのことでした。正直、初めて聞いた症状の名前だ…続きをみる