顔面けいれんがんめんけいれん

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

顔面けいれんとは

顔面けいれんは、片側顔面けいれんとも呼ばれていて、自分の意思とは関係なく、顔面に痙攣が生じる状態をいいます。最初は目がピクピクすることから始まり、徐々に目の周辺、口元に痙攣が広がっていくケースが多くみられます。

顔面けいれんの症状

顔面けいれんは40歳~70歳代の中高齢層で発症することが多く、比較的女性に多くみられます。
最初は瞼がピクピクと痙攣することから始まり、徐々に目の周辺や口元、さらには顎や首筋などにまで痙攣が広がっていきます。初期の段階では、目の疲れやドライアイなどが原因の眼瞼痙攣と区別が困難な場合が多いです。


その他、無意識に片目を閉じてしまう、光(屋内や蛍光灯なども)がまぶしく感じる、まばたきが増えるなどの症状もみられます。最初は頻度も少ないですが徐々に痙攣する時間も長くなり、進行すると一日中痙攣することもあります。症状はほとんどが片側だけにみられますが、まれに両側に起こる場合もあります。

顔面けいれんの原因

顔面けいれんの主な原因は、脳の血管(主に動脈)が顔面神経を圧迫することによります。
顔面神経は脳幹(脳の中心部)から出て、内耳孔を通って顔のそれぞれの筋肉に分布しています。顔面神経が脳から出たところで動脈が接触して圧迫され、神経が刺激を受けることで痙攣を起こすと考えられています。

高血圧や糖尿病、喫煙などにより動脈硬化のリスクの高い人は顔面けいれんが起こりやすくなります。脳腫瘍や動脈瘤が神経を圧迫することもあると言われています。また、緊張やストレス、疲れ、強く目を閉じるなど顔面筋の運動などにも誘発されます。

顔面けいれんの治療法

顔面けいれんは脳で血管が神経を圧迫することにより生じます。高血圧や高脂血症などにより動脈硬化がある場合に顔面けいれんを発症しやすいこともわかっています。また、ストレスや疲労などで誘発されやすくなります。

したがって、顔面けいれんを予防するには、動脈硬化の予防やストレスや疲労を解消することが大切です。高脂肪食を控え、野菜・海藻類・青魚などを積極的に取りバランスのよい食事を心がけましょう。また、適度な運動をおこなったり、睡眠をしっかりとったりするなどして、ストレスや疲労の回復をすることも大切です。

症状によっては、手術を行うこともあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

顔面けいれんの相談

顔面けいれんに関するコラム