神経痛の体験談

私の神経痛を緩和させる方法

医師確認済み

神経痛を緩和させる方法

私は成人してから神経痛が酷く、場合によってはしばらく動けなくなるほどの痛みが起きることもありました。そのため投薬により症状を緩和させていたのですが、日々の医療費もかさみ、なんとか改善できる方法はないものかとインターネットサイトで検索してみることにしました。
私と同じような悩みを抱えている方も多く、効果的な改善方法として定期的な運動や食生活などの生活習慣が効果的というふうに掲載されていました。更に詳しく調べてみたところ、体の血行が悪いと神経痛が発生することが多いことから、自宅で少しずつストレッチを行ったり、1枚多めに衣類を着ることで体温が上がり、痛みが緩和されることがあるとのことでした。また体を冷やす食物を避ける事で、結果として体質改善が行えるようだったので、早速実践してみることにしました。その結果、あれほど頭を悩ませていた神経痛も緩和され、健康的な体とともに日々過ごしやすい生活を手に入れることができました。同じ症状でお悩みの方は、ぜひ生活習慣の見直しを行うことをお勧めします。

神経痛の痛みとの付き合い方

私は神経痛になりやすいようで、気温の変化が激しい季節の変わり目や、梅雨時などに痛みがでます。長年痛みと付き合っていますので自分なりに緩和する方法を実践しています。病院にも何度か行きましたが、ヘルニアなど特定の疾患はなく、病院で特に治療する方法はないそうなので自分の生活習慣から見直しをしました。気候の変動は自分ではどうしようもできないので、当然のことですが気温が下がる日には一枚多めに服を着る、使い捨てカイロを痛いところに貼る、お風呂にゆっくり入り体を温めリラックスする、これだけでも緩和しますので必ずやっています。それでも治らないときがあります。
さらに生活習慣を振り返ってみたところ、痛むときは必ずといっていいほど仕事でストレスを感じている、悩みがあってそのことを考えすぎて気持ちが晴れない、運動不足、寝不足であることが続くときです。予防も兼ねてこのような状態になったときは意識的にリラックスして気分転換をしています。これだけでも神経痛がずいぶん緩和されることが分かりました。

私も神経痛の痛みに悩んでいました。

私の前職の仕事は重い物を持ち運びする仕事でした。
力には自信があったので平気で一つずつ運んだらいいのに二つ三つと重ねて運んでいたりしました。そんな時、腰に激痛が走るようになってそれでも痛みに耐えながら仕事をしていました。異常だと思った時に整形外科で診断をするとヘルニア手前で根性座骨神経痛と診断結果が出ました。言わば神経痛の一種で腰の骨が神経を刺激している病気でした。痛みを緩和するには治療方法は電気治療と痛み止めの薬でしたが暖和まではいかず腰を少し曲げるだけでも激痛が襲い症状が悪化して右足の痺れまで起こるようになりました。当時21才で仕事は退職し治療に専念しましたが痛みからは中々解放されず医師に提案されたのが針治療でした。初めは痛そうで怖かったのですが痛みを少しでも緩和したく挑戦してみることにしました。その後の痛みは嘘の様に解放され今は時に痛みを感じる時はありますが苦にはならない程度まで治りました。ぜひ神経痛に悩んでいる方は緩和するためにも針治療も一つの治療方法として試していただきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神経痛の他の体験談

神経の病気の体験談

  • 橈骨神経麻痺になった時の出来事です。

    47才の橈骨神経麻痺体験談

    47才の時の11月位に橈骨神経麻痺になりました。 始めは、右の手首を上げる事ができないようになり、右手がしびれてきて、感覚もなんか鈍くなってきました。 右手が使えないようになったので、日常生活に支障をきたしてきました。熱などもないし、何でこんなになったのか全然分かりませんでした。続きをみる