医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

鼻漏びろう

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻漏とは

鼻漏とは、鼻水のことでさまざまな病気が原因で引き起こされる症状です。鼻漏の状態によって、病気の症状を特定することができます。なかでも、血が混じった鼻漏の場合は、血性鼻漏とも言われ、上顎がんなどの可能性も高いので注意が必要です。

鼻漏の症状

鼻漏の主な症状として挙げられるのは、くしゃみなどと共に、鼻から粘液が出てくることです。
原因となる病気により、その状態には違いがあります。さらさらとした鼻漏は、アレルギー性鼻炎や急性鼻炎などの症状が現れます。鼻漏とともに、目のかゆみやくしゃみ、皮膚のかゆみなどのアレルギー症状が特長です。

ねばねばした鼻漏は、副鼻腔炎や慢性鼻炎の症状が現れます。副鼻腔炎とはちくのう症のことを言い、嗅覚障害や頭痛、鼻の痛みなどが特長です。
血が混じった鼻漏は、急性鼻炎や上顎がんが考えられます。上顎がんは、副鼻腔内にできる悪性腫瘍です。発症は稀ですが、50代以上の人に見られる病気なので注意が必要です。

鼻漏の原因

鼻漏の原因は、アレルギーや風邪などが考えられます。原因となる病気によって、鼻漏の状態には違いが見られます。

鼻漏は、様々な病気の症状として過剰に分泌される状態のことを言います。病気によっては、粘液や血液などが混じった鼻漏が出る場合もあります。血液の混じった鼻漏の主な原因は、鼻のかみ過ぎの場合が多く、鼻の中にできた傷からの出血が混じった結果です。しかし、悪性腫瘍が原因となる場合もあります。

また、鼻漏が喉に流れる後鼻漏と言われる病気も引き起こされるケースも多く見られます。鼻漏が過剰に分泌されると、鼻閉の原因ともなります。

鼻漏の治療法

鼻漏を予防するには、原因となる病気の早期の治療が求められます。アレルギー性鼻炎の場合は、原因となる抗原を特定し、最適な治療を行う事で鼻漏の予防に効果があります。慢性副鼻腔炎の場合は、定期的に鼻腔内に溜まった鼻漏を取り除く必要があります。

また、鼻の粘膜はデリケートなので、強く刺激をしないことも予防となります。鼻を強くかまない、鼻の中を清潔に保つことも、漏の予防法として効果的です。長期間にわたって鼻漏が止まらないとか、嗅覚に異変を感じたら、早急に専門医の診断を受ける事が大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください