副鼻腔炎ふくびくうえん

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

副鼻腔炎とは

鼻の周囲にある副鼻腔という空洞部分に炎症が起きる病気です。副鼻腔とは左右の眉毛の間付近の「前頭洞WHEN ぜんとうどう)」、左右の目頭の付近の「篩骨洞WHEN しつこつどう)」、左右の頬骨付近の「上顎洞WHEN じょうがくどう)」、篩骨洞の奥まったところ付近にある「蝶形骨洞WHEN ちょうけいこつどう)」の4つを指します。

副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎は、鼻水、鼻づまり、頭痛、顔面に痛みがあること、鼻の中に悪臭を感じること、匂いが分かり辛くなること、鼻水が喉に落ちること、痰や咳が現れるなどが症状としてあります。 鼻水の色は黄色かもしくは変色していてどろっとしているのが特徴です。

アレルギーとは違いくしゃみや痒みはありません。発熱はある場合とない場合があります。まぶたの腫れや視力低下、強い頭痛やなどが起こることもあります。

蓄膿症について

副鼻腔炎の原因

副鼻腔の中の粘膜で菌などが繁殖して急性の炎症を起こし本来、空洞であるはずの副鼻腔に膿汁がたまります。
風邪ウイルスに感染することがきっかけで起きることが多いですが、風邪以外でもアレルギー性鼻炎で鼻づまりが酷くなるのをきっかけに発症することも多いです。

また、潜水や飛行機に乗った際に副鼻腔の気圧が急激に変化することにより発症する「気圧性副鼻腔炎」や外傷が原因で副鼻腔炎を発症するケースもあります。また身体の抵抗力が、疲労や病気で低下している時には発症しやすくなります。

副鼻腔炎の予防/治療法

風邪をきっかけに副鼻腔炎を発症しやすいので、まず出来るだけ風邪を引かないこと、風邪を引いても長引かせないことが副鼻腔炎予防の基本です。その為に規則正しい生活や偏食をせずにバランスの良い食事を心がけること、睡眠不足に注意し睡眠時間をたっぷり取ること、自分にあった趣味を見つけたりしたりしてストレス解消に努めること予防に風邪の予防から副鼻腔炎の予防に繋がります。
また、鼻をかみすぎたり、圧をかけすぎて鼻をかまないようにすることも大切です。
既往症でアレルギーが原因の鼻炎や花粉症などがある人も早めに耳鼻科医を受診し、予防や症状の軽減に取り組みましょう。また、喫煙や副流煙は鼻内の組織を厚くして粘液の流れを滞らせ、細菌が増殖しやすくなります。日頃から煙草を吸う人は禁煙することや受動喫煙をしないように心がけことが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

副鼻腔炎の相談

副鼻腔炎に関するコラム