アレルギー性鼻炎に関する薬

薬剤師監修

アレルギー性鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

アレルギー性鼻炎では諸症状により薬を使い分けます。しかし、抗アレルギー薬には眠気を誘発する特徴を持った薬が存在し、通勤通学など自分のライフスタイルに合わせて薬を選択することも一つの方法です。まず薬の選択の前に、鼻詰まりや鼻水、くしゃみなどの症状が本当にアレルギー性鼻炎であるかを確認するため、抗原検査を病院で行います。検査の結果アレルギー性鼻炎である場合は、医師からの処方薬を服用するか、忙しいなどの理由で通院が難しい場合は市販薬の服用もできるので、自分に合った方を選んでください。市販薬の抗アレルギー剤を選ぶ場合には、鼻症状に対して早い効果を得たいケースは第一世代の抗ヒスタミン剤、つらい鼻づまりを改善したい場合は粘膜の充血を抑制する交感神経興奮薬配合の薬、鼻づまりを応急的に解消したい時は血管収縮剤配合の点鼻薬など、アレルギー性鼻炎の症状から判断し、どう症状を改善したいのかで選択すると自分に合った薬を探し易いです。また、第一世代の抗ヒスタミン剤は早い効果発現が特徴の薬ですが、人により眠くなると言う性質があります。眠気を避けたい場合には、一般的に眠気が発現し難い第2世代の抗ヒスタミン剤や漢方薬を選ぶのも一つの方法です。

アレルギー性鼻炎の薬の副作用と注意点

アレルギー性鼻炎の薬に関わらず薬物には副作用が考えられます。薬物治療の際には事前に薬剤師などから情報を得て、より安全に薬を選択すると良いでしょう。抗ヒスタミン剤は第一世代、第二世代があり、第2世代は眠気の少ない特徴がありますが、薬の種類や人によっては副作用として眠くなることや注意力低下の症状が出る場合があります。このため服用した後の行動に留意する必要があります。特に第一世代の服用には注意して、車や自転車など乗り物の運転を含め、集中力のいる作業を行う場合には服用を避けるか作業を控えるなどの処置を自分で判断してください。また第一世代(旧)は緑内障や前立腺肥大のある人には使用ができません。ただし開放隅角緑内障の場合は服用に問題ない場合があるため、眼科医に相談して服用できるかの判断をしましょう。交感神経興奮薬配合薬の場合は、抗ヒスタミン剤とは逆に、眠れないなどの副作用が人によって見られます。交感神経を刺激する特徴を持つためで、睡眠への影響の他に口の渇きや、動悸の症状なども副作用の特徴です。また基礎疾患に、高血圧や心臓疾患、糖尿病や甲状腺機能障害、脳血管障害がある場合は服用前に薬剤師などの専門家に相談してください。

アレルギー性鼻炎の薬の飲み合わせ

アレルギー性鼻炎薬と併用して服用する薬で飲み合わせが一般的に良く無いとされているのは、風邪薬です。風邪薬と併用した場合、薬の効果が通常よりも強くなるケースや、逆に弱くなるケースもあります。副作用に関しては強い症状が出る場合もあり、様々な弊害が考えられるため避けましょう。一般的に薬の飲み合わせでは、薬に含まれている成分が影響します。アレルギー性鼻炎薬と風邪薬には共に抗ヒスタミン成分が含まれている場合があり、併用してしまうと前述のような症状に繋がる可能性があるため注意してください。風邪薬で使用されている抗ヒスタミン成分は、クレマスチンフマル酸塩やクロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェニルピラリン酸塩抗の3成分が代表的です。風邪薬の成分表を確認する際には、よく見られる名称として記憶して置くのも勧められます。しかし抗ヒスタミン成分が配合されていない風邪薬であれば併用が可能なものもありますが、自分での判断は難しいため薬剤師などに相談しましょう。また、アレルギー性鼻炎薬と風邪薬に関わらず、医師からの処方薬と市販されている薬の併用は、自己判断での服用を避けましょう。症状の悪化や様々な副作用を引き起こす可能性があります。薬は正しく服用して効果をより安全に得ることが大切です。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性鼻炎に関する薬一覧

健康チェック画像

「アレルギー性鼻炎度」チェック

それって、普通の風邪? それとも、アレルギー性鼻炎?
健康チェックする