医師監修

急性副鼻腔炎とは

急性副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こす疾患です。副鼻腔とは、呼吸の通う道筋のわきにあり、丁度頬やおでこの骨の中に埋まっている空洞です。鼻腔とは自然口とよばれる穴を介してつながりを持っています。風邪の際に感染などを起こすことで急性副鼻腔炎となります。慢性化し膿のたまりができてしまうと慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症と呼ばれます。

急性副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎の症状には主に、
・鼻水、鼻づまり
・鼻の奥の辺りに異臭・悪臭を感じる
・鼻づまりによって、料理などのにおいを感じにくくなる
・粘性のある鼻水が、のどに流れ落ちる後鼻漏
といったものが存在しています。副鼻腔の一部である、上顎洞などに炎症を起こしている場合には、頬や額などに痛みを感じるなどの症状を現すこともある疾患です。
  
まれに、副鼻腔内で繁殖した細菌が、脳や目などの部分に炎症をもたらすことがあります。意識障害や、視力の低下などにつながる恐れもありますので、重篤化しないよう、異常を感じたら早目の受診が望まれます。

急性副鼻腔炎の原因

急性副鼻腔炎の原因になるものは、細菌感染、アレルギー性鼻炎、飛行機などによる気圧の変化などがあります。
  
風邪やインフルエンザ、肺炎球菌などによるウイルスや細菌感染の場合には、風邪などに起因して、鼻腔内に侵入した細菌が副鼻腔内で炎症を起こします。極度に体が疲れた状態などのときには、免疫力が低下していることから、特に急性副鼻腔炎に罹患するリスクが高くなります。
  
アレルギー性鼻炎から発生するものでは、花粉やホコリなどのアレルゲンが原因となって鼻づまりを起こし、急性副鼻腔炎につながって行くのが特徴となっています。

急性副鼻腔炎の治療法

急性副鼻腔炎の予防には、免疫力を高め、ウイルス感染のリスクを減らすことが大切です。ストレスや疲労を溜めこみにくい生活を心掛け、適度な運動など、規則正しいリズムで健康的に過ごすことが推奨されます。ウイルスが心配される季節には、マスクを掛けるなどで予防できます。うがい・手洗いも有効です。
  
また、アレルギー性鼻炎や風邪を重症化させてしまうことは、急性副鼻腔炎に発展させる危険性を高めます。早目の治療・療養で悪化させないようにすることが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

急性副鼻腔炎の相談

急性副鼻腔炎に関するコラム