慢性副鼻腔炎まんせいふくびくうえん

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

慢性副鼻腔炎とは

慢性副鼻腔炎は、主に鼻腔の隣側、丁度頬の奥にある上顎洞とよばれる副鼻腔に慢性的に炎症を起こす病気です。蓄膿症とも呼ばれ、急性副鼻腔炎が発展したり、アレルギー性鼻炎が慢性化してしまった状態で、恒常的な鼻づまりが起こります。

慢性副鼻腔炎の症状

慢性副鼻腔炎の代表的な症状は、頭重感、鼻づまり、鼻の奥の方の不快なにおい、鼻水、空気中のにおいを感じにくくなること、などです。
  
この他にも、粘性が高い鼻水がのどに向かって流れ込む後鼻漏や、後鼻漏が原因となって痰や咳などを引き起こす場合もあります。慢性副鼻腔炎は、難治性であることも多く、痰や咳についても長引いてしまうことがあります。
  
治療も長くかかることが予測される病気です。服薬などの治療で治りにくいケースや、鼻茸と呼ばれるかたまりが形成されてしまっている場合などには、副鼻腔手術を勧められる場合もあります。

慢性副鼻腔炎の原因

慢性副鼻腔炎を引き起こす大きな理由の一つが、細菌感染です。風邪やインフルエンザなどのウイルスに感染した際、鼻腔から侵入した細菌が副鼻腔内に定着し、副鼻腔炎を引き起こします。ブドウ球菌や、肺炎球菌などのウイルスも原因となります。風邪をひいた後の鼻水や咳がなかなか良くならないといった場合には、慢性化してしまわないように早目に医療機関を受診されると良いです。

この他に原因となるものには、ホコリや花粉などでのアレルギー、鼻中隔にカーブが付きすぎていること、などがあります。鼻中隔とは鼻の中央に通う軟骨のことで、大きく曲がり過ぎてしまうと、空気の通りが悪くなるということが考えられます。

慢性副鼻腔炎の治療法

慢性副鼻腔炎の予防には、免疫力を落とさないことが大切です。風邪などのウイルスに感染することで招いてしまう副鼻腔炎には、適切な運動や、栄養のある食事、ストレスを溜めこみすぎないなどの予防が効果的です。
  
うがいや手洗いにも注意が必要です。咳や痰、鼻水などの症状が長引いている場合には、できる限り早急に医療機関を受診されると良いです。花粉などにアレルギーがある場合には、外出の際、マスクを掛けるなどしたり、適切な内服などをして、ひどくならないようにすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

慢性副鼻腔炎の相談