医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

アスピリン喘息あすぴりんぜんそく

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アスピリン喘息とは

アスピリン喘息は、アスピリンをはじめとした非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)と呼ばれる薬によって引き起こされる喘息発作です。非ステロイド性抗炎症薬は、市販の解熱鎮痛薬や風邪薬の成分として幅広く利用されています。成人喘息患者の約10%, 重症喘息患者の約30%に認められ、鼻茸や副鼻腔炎(蓄膿症)を伴うことが多いとされています。

アスピリン喘息の症状

アスピリン喘息の主な症状としては、原因となる非ステロイド性抗炎症薬の服用後から、通常1時間以内に鼻づまりや鼻水などに続き、息苦しさや咳などの喘息発作がおこります。また、腹痛や下痢、吐き気などの腹部の症状が出ることもあります。首の辺りから顔面にかけて紅潮し、血管浮腫などの皮疹は比較的少ないといわれています。
  
薬の過敏症状は、原因薬の効果発現時間にピークとなります。軽症の場合で約半日程度、重症の場合は24時間以上続くこともあります。血管浮腫などは出てくるのも遅く、持続時間も長いとされます。
  
アスピリン喘息は成人の喘息の約10%で、小児喘息患者での発症はまれです。成人の重症喘息患者、鼻茸のある副鼻腔炎の患者においてはアスピリン喘息の頻度が高いとされています。

アスピリン喘息の原因

アスピリン喘息の原因ですが、アスピリンやインドメタシンなどの非ステロイド性抗炎症薬の過敏症によって引き起こされます。家族性ではないとされ、どのように過敏性を獲得するのかはわかっていません。
  
非ステロイド性抗炎症薬は、シクロオキシゲナーゼ1と2という酵素を阻害することで解熱消炎などの効果を発揮します。ところがアスピリン喘息の場合、この酵素のシクロオキシゲナーゼ1を阻害すると過敏症状をおこす細胞が活性化されてしまい、喘息発作などがおきると考えられています。そのためシクロオキシゲナーゼ1を阻害する作用が強い薬ほど、アスピリン喘息の頻度が高く、症状も強く出るとされています。
  
最近の研究では、この酵素を阻害しないシクロオキシゲナーゼ2を特異的に選択する非ステロイド性抗炎症薬(選択的COX-2阻害薬)では症状が出にくいことが確認されています。

アスピリン喘息の治療法

アスピリン喘息は原因物質がはっきりしているため、過去に過敏症状を起こしたことがある場合には該当する薬を服用しないことが予防のために重要となります。
 
特に症状が強く出る薬とされているのがアスピリン、インドメタシンです。また市販薬などでも有名なイブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムなどもアスピリン喘息を誘発しますので注意が必要です。
  
過敏症状の発現しやすさは、注射剤と座薬が早く強く出やすく、次に内服薬が続き、貼付薬と塗布薬の順となっています。さらに、点眼薬でも過敏症をおこすものがあります。
また過去に、過敏症状をおこしたことがない場合でも、喘息や副鼻腔炎の治療を受けている人や、過去に何らかのアレルギー症状をおこした経験を持つ人は注意が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください