咽頭痛いんとうつう

カテゴリ
呼吸器の病気
感染症

PR

咽頭痛の体験談

咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

医師確認済み

咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。
咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処方して貰い、症状を軽減させます。すると、喉の痛みは軽減され、鼻水となって出るようになります。最初は黄色く、量も出るときは出ますが、咽頭痛から、痰と共に鼻水が出る症状に移ればこれは風邪が治る段階に近づいているので、これらを出し切るようにし、薬も継続的に飲みます。
菌が肺にまで移るとこじれて厄介な事になるのですが、自分の場合は大抵このパターンで早期に回復しています。あとはとにかく異変を感じたら仕事等無理をし過ぎないよう、規則正しい生活と、充分な睡眠時間の確保が大事になります。

咽頭痛と一緒に鼻水が

咽頭痛と一緒に鼻水がよくでます。要するに風邪を引いているわけです。どこの部分に風邪の症状が出るのか、というのが意外と個人によって差があります。私の場合は咽頭痛と鼻水です。熱も少々出ることもあります。
こうした時にはまだまだ初期症状であり、回復しそうであっても、病院に行くようにしています。そのほうが時間的に楽ができるからです。とにかく、苦しい時間を短くできるのであればそれが最高であるといえます。
お金はかかりますが、それでも薬は基本的に効果があります。それはよいのですが、さすがにすぐに治るわけではないので少しは覚悟しておくべきです。それでも何もしないで自己治癒能力で治そうとするよりは遥かにマシです。
薬に頼るべき時には頼った方が良いでしょう。私はそう思っていますから、時間をどうにか割いて、少しでも早く治すことができるように病院に行くようにしています。後は自主的にうがいをしたり、喉にするスプレー薬をしたりしています。

咽頭痛が酷くなると鼻水や発熱にもなります

喉の痛みと共に普段から、うがいをするようにしていますが、それでも唾液を飲み込むだけで辛い痛みが耐えられなくなってきました。鼻水も凄くて痛みもありましたので、耳鼻科に相談しに行くことにしたんです。原因としてはウィルスとのことで、それが咽頭痛になったとのことでした。
治療にはウィルス感染が挙げられてたので、まずはしっかりうがいをすること、そして喉の乾燥を避けるようにすることがありました。水分補給も多めにすることと、部屋を加湿することも予防策としては良いとのことで、早速それらを試すように心がけました。
普段はマスクもしながら耳鼻科に通院して改善させることができましたが、ウィルス感染してしまうと咽頭痛以外にも鼻水や熱なども引起してしまうこともありますので、もし気をつけるのであれば、うがい、手洗いなどをきちんとするようにして、万が一それでも症状が見られるようであれば速やかに耳鼻科などに出向くことをオススメします。

風邪による咽頭痛と鼻水

私が風邪による咽頭痛と鼻水を患ったのは半年前です。子育てにおわれて、毎日寝不足でよく体調を崩していました。
ある日、出かける用事があり私だけ少しの時間だけ外出しましたが、まさかのその短時間で感染。
朝起きると、喉の痛みや鼻水、高熱がありました。すぐにかかりつけの病院へ行き、ウイルスによる咽頭痛でした。
授乳中ということもあって、授乳に影響しない弱い薬をだして貰いました。高熱があったため、育児が思うようにいかず、実家の母に子供を見てもらうことにしました。喉は痛く、柔らかい物や水分を摂取、鼻水がたくさん出ており、かむと段々分泌物に血が混じるようになりました。
薬が弱いため、なかなか治らず、処方してもらった薬を全て飲んでも治らず、再び受診。暫く母乳は与えられませんが、強めの抗生物質を処方してもらいました。まだ喉の奥も真っ赤でした。
それから、薬を抗生物質にしてからすぐによくなり、新たに受診してから5日で治りました。

咽頭痛では鼻水もよく出てくる

咽頭痛と一緒に鼻水も出てくることがあります。これは要するに風邪を引いている可能性が高いですから、私の場合は熱がないのであれば、市販の薬を飲んで温かくして寝ています。鼻水は外に悪い要素を出そうとしている、という側面もありますから止めることが必ずしもよいわけではないです。そのあたりの判断を自分ではしないようにしていますが、鼻をかむことは悪いわけではないのでそれはしています。
加えて、咽頭痛ですが、これは喉スプレーで対策をしています。それでも痛くて痛くて仕方ないときに関しては、病院にいきます。炎症を抑える薬を貰うことができますから、これはとてもよい行為になります。
風邪ではない可能性もありますし、基本的には具合が悪いと思ったら病院に行くのがベストではありますが、毎回毎回僅かな症状でいくわけにもいかないのである程度は自己判断で自然治癒を目指しているのも確かです。しかし、仕事が忙しい時などは治す為の時間を考えると病院にいったほうがよい、と判断するときも私にはあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

咽頭痛の他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • インフルエンザで2週間の休暇

    インフルエンザ・休暇

    12月にインフルエンザの予防接種を受けていたのですが感染してしまいました。 最初は、寒気と体のだるさに襲われたので、「普通の風邪」だと思い、市販の風邪薬を飲んで休むことにしました。目が覚めると、体のだるさに加え、異常に喉が渇いく症状になっていました。頭もボーっとするので、熱を測ってみと37度を超えていました。 家の近くの医者に連れて行った頃には、体温は39度に上昇していました。医師に診てもらい「…続きをみる
  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 気管支炎でまさかの吸入器生活

    女性・37歳/気管支炎・吸入

    今年37歳になりましたが、正直気管支炎と言う言葉を聞いた事はありましたが、こんなに身近なものだとは知りませんでした。子供が生まれてから秋から冬にかけての季節はよく子供から風邪を移される様になりました。ちょっと肌寒くなってきた10月頃、まず子供の鼻水が出だします。まだ2歳なので自分で鼻をかむことが出来ないので、耳鼻科に行って吸ってもらうのですが、毎日は行けないのでお医者さんの勧めで1日数回私が鼻を…続きをみる
  • 気管支炎の影響で激しい運動ができなくなりました

    男性・29歳/気管支炎・運動

    私が29才を迎えた時の事です。 学生時代はテニス部の部員として高校や大学でも活動しており、根っからのスポーツ青年でした。卒業してからもテニスからは離れてしまいましたが、身体を動かすこと、鍛えることには相変わらず夢中だったこともあり、出勤前や帰宅後、休日にはジョギングを含めた筋力トレーニングを欠かさずに実践していました。 ところが、29才を迎えた頃、ある日、いつものようにジョギングをしていると、普…続きをみる
  • 熱が余りないからと放っておいたら気管支炎に

    男性・34歳/気管支炎・熱

    私が21歳のころです。当時はフリーターで一人暮らしをしていて、多少具合が悪くても仕事に行かないと生活が成り立たない状態でした。 年に一度は風邪をひいて寝込むような生活サイクルを送っていたので、最初は軽い風邪かと思い、仕事をしながら市販の風邪薬を飲んで治すつもりで頑張っていました。辛かったのは、数日で熱もすぐに引いたので、もう大丈夫かと思っていたのですが、喉の奥の違和感があまり取れないことでした。…続きをみる