インフルエンザの予防接種の効果は? 子どもが感染しないための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

毎年冬になるとインフルエンザが大流行します。子どもがいる家庭では、わが子にうつってしまうのではないかととても心配している人もいるのではないでしょうか。

インフルエンザの予防方法として、予防接種はとても効果的であるとされていますが、子どものインフルエンザ感染の予防方法としての効果はどれくらいなのでしょうか?

今回は、子どものインフルエンザ予防接種についてや、インフルエンザに感染しないための対策などについてご紹介します。

子どものインフルエンザ予防に予防接種は効果があるのか

予防接種をすることによるインフルエンザの罹患率は?


インフルエンザの予防接種は、6歳未満の子どもが接種した場合、発熱を目安とした場合に20%から30%の有効率とされています。

この数字から、予防接種しても運悪くインフルエンザに罹ってしまう子どももいるということがわかります。

しかし、今シーズンからは、ワクチンの接種量が見直され、小児への接種量が増量されました。

このことから、今後は予防接種の効果がこれまでよりも向上するのではないかと言われています。

予防接種をすればどんなメリットがある?


子どもにインフルエンザの予防接種をすることで、インフルエンザに感染することをある程度防ぐことができるのはもちろんですが、それ以外にもメリットがあります。

それは、インフルエンザにかかった場合に症状を重症化することを防ぐことができるという点です。

子どもはインフルエンザに感染すると、大人と比べて重症化する可能性が高くなっています。

特に乳幼児は脳症などの重篤な症状がでる可能性がありますが、予防接種をすることでそれらの重度の症状の可能性を減らすことができます。

インフルエンザ予防接種の効果はいつまで持続する?


インフルエンザの予防接種の効果は、接種してから6ヶ月程であるとされています。予防接種の効果を長持ちさせるために、子どもには2回に分けての接種が推奨されています。

関連記事

【2016-2017年】インフルエンザ流行速報!ワクチン予防接種・感染状況について

こどものインフルエンザ予防接種は2回!

子どもがインフルエンザの予防接種が2回必要な理由


インフルエンザの予防接種は、13歳未満の子どもは2回の接種が必要とされています。

その理由は、感染予防の効果を持続させるためと、予防効果を確実なものにするためです。子どもは大人と比べて抵抗力や免疫力が少ないため、2回のワクチン接種をしてより抗体を増やす必要があるのです。

予防接種2回の間隔


1回目の予防接種と2回目の予防接種は、4週間あけた方が良いとされています。

免疫が出来始めるのが2週間ほどたった頃だといわれているため、効果を確実にしたいのであれば4週間程度あけてから2回目を接種したほうが良いそうです。

1回しかしなかったら効果はゼロ?


子どもの場合、予防接種の計画をたてたとしても、体調を崩すなどして計画通りには進められないこともあります。

その場合、1回目と2回目の予防接種の間があきすぎてしまったり、結局は1回しか接種できなかったりすることもあります。

子どものインフルエンザの予防接種は、1回しか接種しなかった場合まったく意味がないものなのでしょうか?

1回しかインフルエンザの予防接種をしなかった場合でも、意味がないわけではありません。1回しか接種できなかったとしても、1回もしないよりは予防になるとされています。

また、これまでにインフルエンザにかかったことがあるかないかや、昨年インフルエンザの予防接種をしたかどうかによっても、予防接種の有効性が変わってきます。

昨年中にインフルエンザの予防接種を受けている場合は、今年のインフルエンザの予防接種は1回でも良いとする小児科もあるようです。

しかし、やはり1回よりは2回予防接種を受けた方が予防効果が確実になるため、できるだけ2回接種できるようにうまく計画を立てるようにしましょう。

インフルエンザの予防接種はいつ頃すればいい?

インフルエンザの予防接種の効果をより実感するためにも、予防接種をする時期はとても大切です。

子どもにインフルエンザの要望接種をする場合、10月に入ったらすぐに1回目の接種をするのが良いでしょう。

2回目は、1ヶ月後にあたる11月に入ってから行い、遅くとも12月まで2回の接種を完了できるようにすると、予防効果が高まるとされています。

しかし、12月までに完了したいがために、早いうちにインフルエンザの予防接種を完了させてしまうと、3月から4月の流行後半期まで予防効果が持続しない恐れがあるため、注意が必要です。

インフルエンザの流行ピークとなる1月から2月に予防効果が最も高い状態になるように調節することが重要です。

関連記事

賛否両論はありますがしかし、これがインフルエンザの予防接種を受ける理由なのです!

子どもがインフルエンザの予防接種をする際の注意点

子どもにインフルエンザの予防接種を受けさせる際に、いくつか注意が必要です。

インフルエンザの予防接種は生後6ヶ月から


インフルエンザの予防接種は、生後半年以降から行うことが決められています。これは、生後6ヶ月までは母親からの免疫が働いていることが期待できるため、接種する必要はないと考えられているためです。

副反応がでることもある


インフルエンザの予防接種の後、副反応が見られることもあります。以下のような副反応があった場合には、念のため小児科の受診をしましょう。
・接種した箇所の赤み・はれ・痛みなど
インフルエンザの予防接種をした部分の赤みや腫れ・痛みなどが出ることがあります。2日から3日程度でなくなるといわれています。

気になる場合には冷却シートで冷やすなどして対処するか、小児科に相談してみましょう。

・発熱・頭痛・悪寒・倦怠感・鼻水・下痢など
インフルエンザに感染したような症状が見られることもあります。2日から3日程度で改善されます。

インフルエンザに感染してしまったのかと不安になる人もいるかもしれませんが、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるため予防接種をすることでインフルエンザに感染することはありません。

・蕁麻疹
予防接種をした後、蕁麻疹が出る人もまれにいるようです。この症状も2日から3日で消失します。症状が重い場合や心配な場合には、予防接種を受けた病院に相談してみましょう。

・アナフィラキシーショック様症状
インフルエンザのワクチンへのアレルギー反応で、接種してから10分から15分くらいでアナフィラキシー反応が起こることもあります。

この症状は初めてインフルエンザの予防接種をする人に多いですが、発生頻度は0.1%未満と非常に稀です。症状としては、発汗・蕁麻疹・息がしにくい・声が出にくい・血圧が下がるといった激しい全身反応がみられれます。

この症状は接種後比較的早い段階で見られるため、接種した後30分程度は病院で待機をして体調を注意深くみるようにすると安心です。

・急性散在性脳脊髄炎
接種後数日から2週間以内に、脊髄などの中枢神経に炎症が起きる症状です。頭痛・呼吸困難・痙攣・運動障害・意識障害などの重い症状がみられます。

頻度は「0.1%」未満と非常に稀ですが、念のため注意しておきましょう。

・肝機能障害
副反応として、肝臓がちゃんと機能しなくなる肝機能障害を引き起こすことも稀にあります。発症すると、皮膚や白目の部分などに黄疸の症状がみられます。

・ぜんそく発作
ぜんそく発作がインフルエンザの予防接種の副反応としてあらわれることがあります。気管支が細くなり呼吸がしにくくなります。酷い発作の場合、呼吸困難に陥ってチアノーゼの症状が出ることもあります。

・血小板減少性紫斑病
非常にまれなケースですが、インフルエンザの予防接種後に血液中の血小板が少なくなることで出血しやすくなることがあります。

接種後身に覚えのないアザや内出血が増えていることに気がついた場合には、早急に病院に足を運びましょう。

入浴は短時間に


インフルエンザの予防接種をした後は、副反応や体調不良を避けるためにも、体への負担をできるだけ避けたほうが望ましいとされています。

入浴すること自体は良いのですが、入浴は体力を使う活動であるため、短時間で済ませるようにしましょう。また、予防接種をした箇所をこすったり押したりしないようにしましょう。

激しい運動は控える


予防接種後はデリケートになっている場合もあります。安静が必要なわけではありませんが、激しい運動は体力を消耗する恐れがあるため、控えましょう。

予防接種を過信しないで!

インフルエンザの予防接種をすれば、100%インフルエンザの感染を防げるわけではありません。そのため、予防接種をした後も感染を予防するための心がけがとても大切です。

予防接種をしていてもうがい手洗いを励行する


子どものインフルエンザの予防接種は、大人と比べて有効性が低い特徴があります。

そのため、予防接種をしていても、運悪くインフルエンザに感染してしまうことも残念ながらあります。

インフルエンザ感染を確実に予防するためにも、毎日のうがい・手洗いは励行するようにしましょう。

また、人ごみの多い場所に出向く際にはマスクをするなどして、ウイルスの侵入を防ぐことも大切です。

家族も予防接種をして感染を予防する


子どもだけでなく、家族全員でインフルエンザの予防を意識することはとても大切です。

特に1歳未満の乳児は予防接種をしてもあまり効果がないという調査結果もあるため、大人の感染を予防することで、子どもへのインフルエンザ感染を防ぐことにもつながります。

子どもだけでなく、大人もインフルエンザの予防接種をうけ、うがいや手洗い・マスク着用など、毎日感染予防に努めることが大切です。

関連記事

インフルエンザの流行時期は冬だけだと思っていませんか? 改めてインフルエンザを勉強しましょう!

予防接種をしてインフルエンザから子どもを守ろう!

子どものインフルエンザ予防接種は、感染予防だけでなく感染後の重症化を防ぐためにも有効です。

シーズン前にはインフルエンザの予防接種を行い、流行時期に備えておくと安心です。

また、予防接種だけでなく、うがいや手洗いなど日々の感染対策も怠らないようにして、インフルエンザ感染をくいとめましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

インフルエンザについて