インフルエンザB型は気がつくのが難しい!? 正しい判断方法と予防対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

冬になると気をつけないといけないのがインフルエンザです。

インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類存在しており、それぞれによって微妙に症状や対策方法が異なってきます。

今回は、3種類のインフルエンザの中でも、インフルエンザB型についてご紹介します。

要チェック項目


□インフルエンザB型はヒトからヒトしか感染しない
□インフルエンザB型は高熱が出にくい
□感染に気付きにくく他者へうつす可能性が高い

毎年猛威を振るうインフルエンザ

皆さんは、毎年インフルエンザの予防接種を受けていますでしょうか? 毎年12月くらいまでにかけて、インフルエンザの予防接種を受けることができます。

受けて抗体を作ることにより、インフルエンザの罹患率を大幅に削減することができるのですが、それで安心しきってはいませんでしょうか?

インフルエンザには、3種類の型があり摂取した予防接種の型と違う種類のインフルエンザウイルスを体内に入れてしまうと予防接種の恩恵を受けることができずにインフルエンザにかかってしまいます。

インフルエンザB型は、A型に比べて比較的症状は軽めであることが多く、命が危険に冒されることはありません。

ですが、症状が長引いたりすることが多く、油断することができないインフルエンザであることはまちがいありません。

インフルエンザB型の症状

インフルエンザといえば、風邪の諸症状と高熱をイメージするのではないでしょうか?これは、一般的にはインフルエンザA型の諸症状であり、B型の場合はまた違った症状が出てきます。一般的なインフルエンザとしての発熱、くしゃみ、鼻水やのどの痛みといった症状は、B型でも起こりえます。

一方で、インフルエンザB型は比較的熱が高くなりにくく、関節痛などの症状も出にくいことが特徴です。そのため、最初はインフルエンザと気づかない人も多いほどです。また、一般的なインフルエンザと違う症状としては、下痢や嘔吐などの症状がひどくなりやすいということです。

元気な若者であれば、少しつらい程度で終わるかもしれませんが、体力のない高齢者や幼児の場合は、脱水症状により最悪の場合、命の危険にさらされることがあります。さらに、肺炎や中耳炎を併発することもあるので、注意が必要です。


インフルエンザB型と風邪の違い


"B型"と限ったことではなく、A型でもB型でもインフルエンザの特徴としては、インフルエンザウイルスに感染すると、2〜3日の潜伏期間を経て、急激に38度後半から40度を超えるような高熱がでるという経過をとることが多いことです。 発熱に伴って、悪寒や震え、関節痛や筋肉痛、倦怠感などを伴うことも多いです。

風邪は様々なウイルスが引き起こすものですが、インフルエンザと比較すると、風邪を起こすウイルスが感染してから、発症後の経過がゆるやかです。インフルエンザのように急に高熱がでるのでなく、熱もでなかったり、でてもそこまで上がらないことも多いです。また、熱に先だって、くしゃみやのどの痛み、鼻水、鼻づまり、咳などの症状が目立つことが多いです。

また、インフルエンザは急激に高熱がでるので、風邪と比べると体の感じるつらさも大きくなることが多いです。倦怠感や食欲不振なども風邪と比べるとでやすいことが多いため、ぐったりしてしまいます。そのため、いつもの風邪と比べると急に熱がでて体がつらい…というような時はインフルエンザの可能性がありますので、要注意です。


インフルエンザB型の特徴的な症状である「下痢」


インフルエンザウイルスB型は、A型と比較すると発熱・関節痛・筋肉痛は比較的少ない反面、急激な腹痛や水様性の下痢という胃腸症状が20-30%程度の方で見られます。ノロウイルス・ロタウイルスと比較すると、繰り返す嘔吐を認める事は少ないです。その一方で、発熱を伴う可能性は高いです。

インフルエンザB型による下痢や腹痛などの胃腸症状は、体内からインフルエンザウイルスが排泄される5日間程度と長く続く傾向はあります。インフルエンザウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を使用すると、その期間は1-2日程度短縮される可能性はあります。その反面、薬による副作用による腹痛や下痢が引き起こされてしまうことがあります。腹痛や下痢が発症するタイミングが、抗インフルエンザ薬の服用後の場合では、この薬による副作用と考えられます。

下痢の色調は通常の茶色から緑色で、水分を多く含有しております。発症してから2-3日は個人差はありますが、1日4-5回レベルの下痢便が続きます。血便や黒い便など、強い炎症に伴う消化管からの出血が考えられるような色調は、ほとんどありません。対処法としては、整腸剤の内服、発熱を伴う事が多いので脱水予防目的での水分・塩分摂取が重要です。


インフルエンザB型の症状で「熱が出ない」または「微熱」の場合


インフルエンザというと、急な高熱、咳、筋肉痛・関節痛というイメージが強いと思います。これは、インフルエンザウイルスのA型にその傾向はあります。その一方で、インフルエンザウイルスB型では、微熱・あるいはほぼ平熱であるが倦怠感や下痢などのおなかの症状となる事があります。
 
この熱が低い理由としては、インフルエンザウイルスのB型は、A型と比べてウイルスの増殖速度が緩やかであります。このため、B型の経過はA型と比べて、体内でのウイルスの増加がゆっくりであるため、体の中でのウイルスに抵抗する「免疫細胞」の反応もA型と比べて弱めです。このため、B型の感染では個人差はありますが、高熱となる方もいれば、36~37度程度のレベル発熱で終わる事があります。

また、インフルエンザワクチンは、現在ではA型の2パターンとB型の2パターンに対して抵抗力を高める作用があります。A型ウイルスは数十年に1度、大きな変化が見られます。2009年の豚インフルエンザ(当時は新型インフルエンザと呼称)の世界的な流行もあったことは記憶に新しいと思います。これに比べてB型のウイルスは増殖速度が緩やかであるため、ウイルスの変化もゆっくりであり、ある程度の免疫が付きやすい状況にあります。抵抗力が多少あるので発熱の勢いも緩やかであると推定されます。

インフルエンザB型の潜伏期間や検査方法

潜伏期間


インフルエンザB型の潜伏期間は、感染してからおおよそ1~3日とされています。多くの場合が、2日以内に発症することが多く、3日の潜伏期間から発症することはあまりありません。

潜伏期間については、インフルエンザA型と違いはなく、潜伏期間によってインフルエンザの型が推測できるというものではありませんのでご注意ください。インフルエンザの型を調べるためには、医療機関での検査が必要となります。

検査方法


インフルエンザの検査において、現在最も普及しているのが簡易検査キットによる検査方法です。鼻の奥にある粘液を面貌などで採取して、インフルエンザウイルスの有無や型を調べます。

非常に簡単に検査をすることができ、およそ30分もあれば結果を知ることができます。


関連記事:



出席停止期間

育児世代必見!


子どもがインフルに…そのときあなたができること



 

インフルエンザB型の予防法

マスクをすること
飛沫感染でも感染するインフルエンザです。マスクをすることは感染予防にもなります。同時に、自分の咳やくしゃみの飛沫から他人に感染するのを防ぐ効果もあります。

また、マスクをすることで乾燥しがちな喉や鼻の保湿効果も期待できます。特にインフルエンザにかかった可能性がある時はマスクをして他の人にうつさないようにしましょう。

インフルエンザワクチンの接種
インフルエンザワクチンの予防接種は最も確実な予防法のひとつです。

インフルエンザワクチンの効果
1. インフルエンザにかかりにくくする効果がある
2. 感染後に発病する可能性を低減させる効果がある
3. 死亡や脳症といった重症化を防ぐ効果がある

つまり、インフルエンザワクチンで期待する効果は、インフルエンザにかかりにくくし、もしインフルエンザにかかっても症状を軽くすることやインフルエンザ脳症など重症化することを防ぐことです。インフルエンザが流行り始める前、10月から11月ごろの期間に予防接種を受けることが多いです。

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間かかるので流行の前に接種を済ませておくと効果的です。ワクチンには2回接種と1回接種(子どもの場合2回接種)があります。2回接種は1回目の接種から1~4週間あけて接種します。

病院によってはワクチンの在庫が無くなってしまう場合もあるので、インフルエンザが流行する前の11月までに予防接種を終えているとより効果的です。

インフルエンザB型に感染してしまったら

もし、インフルエンザB型に感染してしまった場合は、基本的には通常のA型に感染してしまった場合の対処方法と同じです。

・病院で薬を処方してもらう
・安静に過ごす
・他者への感染を防ぐために自宅内でもマスクを使用する
・スポーツドリンクなどをこまめにたくさん飲む
・湿度を上げて喉にやさしくする
・栄養摂取を豊富に行う

基本的には体に優しく、ゆっくりと回復を待つのが一番です。そして、最も気を付けなければいけないのが。第三者への感染です。

自宅でもマスクをして、可能な限りウイルスを体外に飛び散らせないようにしましょう。二次感染者を出さないことが一番重要なのです。

また、冬場に風邪をひいてしまった場合は、念のためでもいいのでインフルエンザの検査を行いましょう。早期に発見することができれば、それだけ早く薬の効果を得ることができます。

風邪かと思ったらまず検査を

今回は、インフルエンザの中でもB型の特徴や症状、対策法についてご紹介させていただきました。

風邪のような症状がでた際には、できるかぎり早めに医療機関へ受診し、インフルエンザの検査を行うことが大切です。

早期発見により、ほとんど発症させずに回復させることも珍しくありません。今年の冬は、インフルエンザに注意するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)


関連記事:



インフルエンザ感染MAP

各地で「警報」レベルの感染拡大!


インフルエンザ速報 2017-2018年まとめ



 

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

インフルエンザについて