インフルエンザの体験談

インフルエンザで2週間の休暇

医師確認済み

インフルエンザで2週間の休暇

12月にインフルエンザの予防接種を受けていたのですが感染してしまいました。
最初は、寒気と体のだるさに襲われたので、「普通の風邪」だと思い、市販の風邪薬を飲んで休むことにしました。目が覚めると、体のだるさに加え、異常に喉が渇いく症状になっていました。頭もボーっとするので、熱を測ってみと37度を超えていました。
家の近くの医者に連れて行った頃には、体温は39度に上昇していました。医師に診てもらい「かなりの高熱だからインフルエンザの検査をしておきますね。判定に30分かかります」と言われましたが、ものの5分もしないうちに「陽性」の結果がでて、A型に感染しているといわれました。
すぐに会社に電話し、6日ほど休暇を欲しいと伝えました。6日間を薬を飲みながら、ほとんど寝込んだ状態で過ごしました。仕事もかなり溜まっていたので、7日目に出勤して、深夜まで残業しました。その次の日に、また体のだるさを覚えて、病院を受診しました。今度はインフルエンザB型に感染していました。結局2週間も休暇を取るはめになりました。

人生初のインフルエンザで、思ってもみなかった休暇が!?

我が家では毎年誰かしらがインフルエンザになります。ほとんどは子供が感染して夫がうつり、夫が休暇をとりながら子供と過ごすというパターンがほとんどです。ただ私だけは家族中に蔓延しても、自分が罹ることは今まで1度もありませんでした。
去年の12月30日からやはり子供が感染しました。またきっと他の子供や夫にうつるなと思っていた12月31日、突然自分に悪寒と倦怠感が出現しました。恐る恐る熱を測ると38.0度でした。私は翌日の元旦から仕事でしたので、とりあえず休日診療をしてくれる病院をネットで探して受診しました。
鼻から綿棒みたいなものを入れられて涙を流しながら行った検査結果は、やはりインフルエンザAでした。
病院からすぐに上司へ連絡して元旦から休暇を貰い、何度も電話越しに頭を下げました。人生初のインフルエンザが、よりによってなんで大晦日なんだろうとガッカリしました。
しかしいつも年末年始は毎年仕事だったので、久しぶりの正月休暇を少しの罪悪感を感じながらも家族とゆっくりと過ごせました。

インフルエンザは有給休暇?欠勤?それとも…

インフルエンザで医師から休暇を取るように指示があった時の会社側の対応は、特に法律で定められていないようですね。私の場合、2つの会社で1回ずつインフルエンザで休んだ事があるのですが、一回目は特別休暇扱いになり有給。二回目の時は欠勤となりその日の給料は出ませんでした。
最初の会社で有休だったので、二回目の時に「おかしい。労働基準法に反してるのでは」と思い調べてみましたが、欠勤扱いでも何の問題も無いとの事でした。むしろ休めるだけ有り難いみたいで、黙認する会社も多いようです。今思えばいい会社だった…んですかね。
初めの会社の契約書の控えを見直してみると、「伝染性の傷病により休養が必要と医師の診断が出た場合は規定の給与を支払う」との項目がありました。
この会社は日給制で金額も大きく出稼ぎの人も多かったので、そういった規定を定めておかないと無理して出勤する人が出てきてしまうので、やむ無しといった所でしょうか。まあ休んだら休んだ分仕事が溜まって後が大変でしたが。やはりインフルエンザは予防が肝心です。

インフルエンザ罹患で休暇をとらされる。

あれは、数年前の出来事でした。
その頃私は、老人介護保険施設に勤務していました。
これまで、インフルエンザには1度もかかったことがなかったのですが、そのときは熱がいつまでも下がらずに、しかも体の節々に今まで感じたことのないような痛みまでをも感じるようになったので、さすがにちょっと心配になり、病院に行くと医者に「これはインフルエンザです」とあっさり診断されてしまいました。
早速、勤務先の上司に電話で報告すると、「ただでさえ体の弱い老人が沢山いるところにインフルエンザを持ち込んだら大変なので明日は休暇を取ってくれ」と言われました。
なるほど、当然だと思い、その日は上司の指示どおりに休暇を取ることにしました。
思わずできた休日だったので、栄養のあるものを食べてゆっくりと体を休めることにしました。
そのかいあって翌日には、すっかり回復しました。
また上司の取り計らいで、その日は有給扱いにしてくれることになったので金銭的にも損はしませんでした。

インフルエンザによる休暇

毎年12月から1月にかけて猛威を振るうインフルエンザは、高熱を伴うことが特徴です。
又、その感染力の強さから、学生は出席停止、社会人は出勤禁止などの休暇をとる必要があります。
私が社会人になり、初めての冬のことでした。
いつもの様に仕事をしていると、体調不良を理由に休みをとった先輩から電話がかかってきました。
電話は「風邪ではなくインフルエンザであった為、会社の規則により1週間程休暇をとる」という内容でした。
すぐに社員が全員集められ、感染防止の為マスク着用が命じられました。
私は高校生時代にこの病魔による学級閉鎖を経験していましたが、マスクを着用してさえいれば大事は避けられるだろうと考えていました。
結果から言うと、私が感染することはありませんでしたが、部内の社員の約半数がインフルエンザに感染してしまったのです。
仕事は思うように進捗せず、取引先に迷惑をかけてしまいました。
この経験から体調を崩したら無理をせずに休暇を取得することが社内での暗黙のルールとなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 咽頭痛による微熱の様々な原因

    咽頭痛・微熱

    咽頭痛には様々な原因があります。私は風邪になると最初に喉にくることが多く、幼い頃は殆どが風邪で済んでいたのでそれほど深く考えずに風邪薬だけ飲んで過ごしていました。 しかしすさまじい咽頭痛と微熱が出てそれに伴い強い脱力感もあったとき、病院に行くと溶連菌と診断されました。通常の溶連菌だと高熱が出るようですが、熱は微熱のままその分喉の痛みが強かったです。当時は中学生で、長い間出席停止になりました。小学…続きをみる
  • 咽頭痛なのに熱なし!原因は???

    咽頭痛・熱なし

    私は冬になるとよく風邪をひきます。 社会人になって一年目の冬もいつものように風邪をひいてしまったのです。「また風邪か」と思いつつも社会人ということもあり簡単に仕事を休むこともできず市販の風邪薬を服用し出勤していたのです。咽頭痛もひどく、声も思うように出なかったのですが、いつもの風邪とは一点異なる点がありました。それは、熱なしということです。熱がないので頭はすっきりしており仕事の支障といえば声が出…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる