インフルエンザ

カテゴリ
呼吸器の病気
感染症

インフルエンザの体験談

インフルエンザの解熱後感染力

医師確認済み

インフルエンザは解熱後感染力が強い

今年は家族5人すべてがインフルエンザに罹ってしまいました。
しかも家族間の感染と思われますが、一人が感染し発熱し薬を投与した後に解熱し、5日後に次の人が感染するというパターンが続きました。つまり約1週間ごとに一人一人インフルエンザで倒れるという状況でした。
インフルエンザに罹るとあっという間に症状が悪化し、熱が上がり子供はぐったりとしてしまいます。自分がかかった時は最初は軽い喉の違和感から始まり、その後に関節痛と頭痛、倦怠感、吐き気の症状が現れました。そして一気に熱が上がりました。熱が上がってしまうと、身体を動かすことも辛い状態で病院に行くのがやっとでした。
なるべく家族に移さないように発熱中は接触を避け、マスクをして寝る部屋を別にしたりしましたが、結局全員うつってしまったので、解熱後感染力はしばらく続くようです。
その年の流行するものによっても異なりますが、解熱後感染力も非常に強いので熱が下がっても安心せず、きちんと隔離と静養することが大切だと思いました。

驚くべきインフルエンザの解熱後感染力

今年家族がかかったインフルエンザは解熱後感染力が非常に強かったためとても困りました。年が明けて幼稚園が始まると子供が幼稚園からインフルエンザをもらってきてしまいました。他の家族にうつらないように寝る部屋を別にし、看病する自分もマスクをして対策をとったつもりでしたが、解熱して5日過ぎた後に弟にが感染してしまいました。
下の子が解熱して5日過ぎた日の夜、自分の体調が悪くなりました。最初は軽い喉の違和感から始まり、次第に寒気と倦怠感、関節痛、頭痛などの症状があらわれました。さらに熱後どんどん上がり39度まで上がってしまったため、すぐに病院へ行って検査してもらったらインフルエンザでした。
前の週からずっと子供の看病をしていて、外にはほとんど出ていないため、もらうとしたら子供たちからです。
上の子が発症してからはすでに2週間たち、下の子が発症してからは1週間たっていたので、自分への感染はないと思っていましたが、解熱後感染力は強くかかってしまったことに驚きました。

インフルエンザの解熱後感染力は残ります

私はインフルエンザの感染で痛い目を見た事があります。一般的には学校や会社などでは、ウィルス性の病気に感染した場合には出席や出勤を停止する事になります。私の同僚も3日程、会社を休んでいました。その後は元気になって出社してきたので、すっかり完治をしたと思っていました。しかし、インフルエンザのウィルスは解熱後感染力がありますので、私は感染してしまい辛い思いをする事になりました。
解熱後感染力を私は甘く考えていましたので、実際に感染するまでは大丈夫だろうと思っていましたが、感染して以降は注意をするようにしています。現在では部下を抱える立場にありますが、部下がインフルエンザに感染した場合にはすぐに出社を停止して、医者から出勤して良いと許可が出てくるまで休まる事にしています。解熱後でも感染力は十分にあるウィルスですので、しっかりと身体からウィルスが無くなるまで休む事が大切だと実感をする事が出来ました。現在では必ず医者の診断書の提出を義務としています。

解熱後もインフルエンザの感染力あり

突然の倦怠感・頭痛・発熱により、歩く事もやっとでしたが病院(内科)を受診しました。40度近い熱があり検査の結果、「インフルエンザ」に感染しており、そのまま点滴を打つ事になりました。感染力が強いといわれているインフルエンザですが、解熱後感染力もまだ残っているので、2~3日は他人との接触を避ける様にとの事でした。自宅療養な為、家族に二次感染しない様に、別々の部屋で過ごし、共同で使用しているタオル等は分けて使用しました。

薬のおかげもあり、熱はすぐに下がったのですが、解熱後感染力がある為、トイレ・洗面台・お風呂等、自分が使用した後は除菌・消毒を必ずしていました。そのおかげもあってか、家族に感染せずに済みました。熱で食事が取れない為、飲む点滴等とよばれている、OS1等を摂取した為、脱水症状にはならずに済みました。熱が下がった後も、ウィルスの感染力は衰えませんので、手洗い・うがい・除菌を心掛ける様にしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 咽頭痛による微熱の様々な原因

    咽頭痛・微熱

    咽頭痛には様々な原因があります。私は風邪になると最初に喉にくることが多く、幼い頃は殆どが風邪で済んでいたのでそれほど深く考えずに風邪薬だけ飲んで過ごしていました。 しかしすさまじい咽頭痛と微熱が出てそれに伴い強い脱力感もあったとき、病院に行くと溶連菌と診断されました。通常の溶連菌だと高熱が出るようですが、熱は微熱のままその分喉の痛みが強かったです。当時は中学生で、長い間出席停止になりました。小学…続きをみる
  • 咽頭痛なのに熱なし!原因は???

    咽頭痛・熱なし

    私は冬になるとよく風邪をひきます。 社会人になって一年目の冬もいつものように風邪をひいてしまったのです。「また風邪か」と思いつつも社会人ということもあり簡単に仕事を休むこともできず市販の風邪薬を服用し出勤していたのです。咽頭痛もひどく、声も思うように出なかったのですが、いつもの風邪とは一点異なる点がありました。それは、熱なしということです。熱がないので頭はすっきりしており仕事の支障といえば声が出…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる