インフルエンザ

カテゴリ
呼吸器の病気
感染症

インフルエンザの体験談

インフルエンザのピークはいつ?ピークを過ぎたら大丈夫??

医師確認済み

インフルエンザにかかったら

生まれて初めてインフルエンザを経験しましたが、38度を超える熱が出ましたから、本当に驚きました。しかも、ピークの頃に発症しましたので、訪れた病院がとても混雑していて驚きました。こんなにインフルエンザが流行しているならば、もっと気をつけるべきだったと後悔しました。
幸いにも、訪れた内科クリニックで適切な処方箋を出してもらったおかげで、しばらく自宅で休んでいたら完全に治ることができました。やはり、高熱が出た時に、ただちに内科クリニックを訪れて良かったと思いました。さらに、水分補給に気をつけて、白湯やスポーツ飲料などを積極的に摂取したことも回復が早かった理由の一つです。
尚、インフルエンザのピークと思われる時期には、人混みを避けることが大切です。さらに、マスクを常備して、予防に努めることが重要です。手洗いやうがいはもちろん、免疫力を高めるために、質の良い食事と睡眠を心がけるようにしたいと思いました。

ピークを過ぎても注意しよう

インフルエンザは、流行性の病気ですが、全国一般的にインフルエンザは11月ごろから感染者が出始め、ピークは1月から2月といわれています。しかし、予防接種を受けたから、ピークを過ぎたからといって油断してはいけません。
私が3年前インフルエンザになったのは、なんと4月に入ってからでした。桜が咲き暖かい日が続いていたころになんだか体調が悪いなと思っていたら40度近い高熱と悪寒、全身の筋肉痛に襲われて病院で検査を受けました。
実は、ピークを過ぎるとウイルスの数は減少するものの、定期的にその形を変えて飛散し続けているのです。私の場合、最も流行したタイプのウイルスとは少し形が変わっていたこともあり、ずれた時期に発症したようです。
普段から手洗い・うがいを心がけ、人ごみに行く際にはマスクを着用するなど予防をすることが大切だといわれました。それからは冬の流行ではなく感染してもおかしくないということを念頭に手洗いうがいを徹底して対策を行っています。

子供のインフルエンザでの経験

現在子供が4名いますが、うち3人がインフルエンザに次々と罹患しました。3歳の子からスタートして感染経路はまったく不明ですが、3人とも発熱後2日目にピークを迎えたと思っています。初日は頭痛と体の痛みを訴えましたが、次の日から顔を真っ赤にして40度近い熱が出ました。そこからも熱は上がったり下がったりを繰り返して徐々に下がっていくというパターンでした。
熱が上がり始めてピークに達するまでに、精神症状が現れました。子供達みんな同じです。急激に熱が上がるせいなのかインフルエンザのウィルスがそうさせるのかは分かりませんが、熟睡していたのに急に起き出し、部屋をうろうろして何かを探しているようでした。声を掛けるとハッと目を覚ますような表情をしますが、目の焦点は合っていません。一生懸命何かを訴えたかと思うと、いきなり泣き出し若干パニック状態でした。
このような精神症状も2日目にしか起こらず、3日後は熱が上がってもそれに気づかないほど元気になり、遊び回っていました。

注意すべきインフルエンザのピーク

保育園に通っている子どもがインフルエンザに通いました。帰宅した途端に高熱が出たので、急いで病院へ連れて行ったら、インフルエンザと診断されましたから、すぐに来院して良かったと思いました。医師の説明によると、現在はピークの時期だと説明されましたので、もっと気をつければ良かったと反省しました。恐らく、保育園でも流行していたと思うのですが、自分の子どもが発症するまでは気がつきませんでした。
ピークの頃は患者の数が増えますので、マスクやもちろん、うがいや手洗いを徹底的に行うべきです。また、良質な睡眠を確保して、栄養バランスが取れた食事を心がけることが必要です。さらに、インフルエンザのピーク時には、人混みに出ることを控えた方が良かったと思いました。
早めに病院を訪れて、薬を処方してもらいましたので、一週間もかからずに保育園に復帰することができました。現在は、とても元気になりましたから、本当に安心しました。

インフルエンザのピーク時期の大事な対処

インフルエンザの一番ピークに流行るのは1月と2月の空気がもっとも乾燥する時期になります。インフルエンザは毎年ニュースで耳にしますが、軽く思ってはいけない恐ろしい病気です。特に妊婦、小児、お年寄りは重篤化して亡くなる人もいる事を忘れてはいけません。
私は妊娠中、母乳の時は特に注意し、ならないようにしました。先ずは予防注射で発症させないか発症しても軽くさせる、手洗いうがいは必ずする事、人混みに行く時はマスク着用する事です。そしてなるべく睡眠をとる事でした。このピーク時は外に出るにも億劫になる程、怖いと思っていました。でも日本で良かったと思うのが、インフルエンザにかからないように皆んなが意識し、マスクを着用している人が多いことです。意識してそれがマナーであるようにマスク、手洗いなどをしてくれる人が多いので外にも出れやすいと思いました。感染すると広がるのが早いのは事実ですが、皆んなが意識することで広がるペースも遅くなると思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 咽頭痛による微熱の様々な原因

    咽頭痛・微熱

    咽頭痛には様々な原因があります。私は風邪になると最初に喉にくることが多く、幼い頃は殆どが風邪で済んでいたのでそれほど深く考えずに風邪薬だけ飲んで過ごしていました。 しかしすさまじい咽頭痛と微熱が出てそれに伴い強い脱力感もあったとき、病院に行くと溶連菌と診断されました。通常の溶連菌だと高熱が出るようですが、熱は微熱のままその分喉の痛みが強かったです。当時は中学生で、長い間出席停止になりました。小学…続きをみる
  • 咽頭痛なのに熱なし!原因は???

    咽頭痛・熱なし

    私は冬になるとよく風邪をひきます。 社会人になって一年目の冬もいつものように風邪をひいてしまったのです。「また風邪か」と思いつつも社会人ということもあり簡単に仕事を休むこともできず市販の風邪薬を服用し出勤していたのです。咽頭痛もひどく、声も思うように出なかったのですが、いつもの風邪とは一点異なる点がありました。それは、熱なしということです。熱がないので頭はすっきりしており仕事の支障といえば声が出…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる