インフルエンザ

カテゴリ
呼吸器の病気
感染症

インフルエンザの体験談

インフルエンザのときに頭痛薬はNG!

医師確認済み

インフルエンザに頭痛薬はNG

38度を超える高熱が出ましたが病院に行く暇がなくとりあえず熱を下げる解熱剤の役割として頭痛薬を飲んでしまいました。しかし熱は下がらずにその日の夜には39度台になり、病院の診療時間も終わってしまったので、仕方なく頭を冷却剤で冷やして横になって、翌日になっても熱が下がらないようなら病院に行くことにしたのです。
翌朝目覚めるとやはり38度台、病院に行き診断を受けると、インフルエンザとのこと。問診の中で解熱のために頭痛薬を飲んだと申したところ、インフルエンザだけでなく、風邪などの場合も頭痛薬などで熱を抑えると余計長引くこともあるので、自己判断で飲まない方がいいことを教えてもらったのです。
たしかにウイルスを追い出そうと熱を出して頑張っているのに、解熱剤などで下げてしまっては免疫機能の頑張りを無碍にしてしまうことになります。ただ、忙しいのでいつも通院できるわけではないのが問題ですが、少なくとも38度以上の熱が出たら、通院しようと思います。

インフルエンザに頭痛薬を飲むと命が危険

インフルエンザの時に絶対頭痛薬は飲んではいけない事知っていますか?私もそれを知ったのは結婚して家庭を持ってからです。この病気は高熱や頭痛、関節の痛み、喉の痛みなど色々な症状がある中、一番頭痛が辛い症状です。夫や特に子供がかかると何とか和らげてあげたい気持ちから、頭が痛いならと勝手に飲ませてしまう人もいるかもしれませんが、それは要注意です。
子供が保育園でうつされて、医者に頭が痛い時は頭痛薬飲ませて良いかと聞いて怒られた事があります。この病気にはよくない成分が含まれていて、インフルエンザ脳症やライ症候群を引き起こして命に関わるという事になるそうです。どうしても痛いなら冷やすかインフルエンザ用の鎮痛薬ならいいそうです。しかし熱があるという事はこのウイルスと戦っているという事なので、無理に熱を下げると完治も長くなるといわれました。
これは私たちが思っている以上に怖い病気です。何でも自分で決めないで医師に相談する事が大切です。

インフルエンザと頭痛薬

今年の冬、十数年ぶりにインフルエンザに罹ってしまいました。
お昼を過ぎたあたりから何となくだるい、頭が痛いなどの症状があったのですが、仕事中だったので定時まで仕事をして帰宅。軽い風邪だろうと思って病院にも行かなかったのですが、夜になって熱が38度以上に上がりました。そして頭がガンガンするほどの頭痛が。ですので家に買い置きをしてあった頭痛薬を飲んで寝ました。
朝になっても熱と頭痛はよくならなかったので、仕事を休んで病院を受診しましたが、そこで検査を受けた結果、インフルエンザと診断されました。そしてその時、「インフルエンザの時に頭痛薬を飲むのはよくない」ということを知りました。薬の種類にもよりますが、脳症などを引き起こし、場合によっては死に至る可能性もあるというのです。全く知らなかったことなのでかなり驚きましたし、怖いと思いました。
今後は体調が悪い時にも自分で勝手に判断せず、医師の診察を受けようと思います。

インフルエンザが大変だった頃

今でこそ特効薬であるタミフルやリレンザがあって、インフルエンザはそれほどつらい思いをしなくて済むようになりましたが、まだそれらの特効薬がなかった頃、私は大変な思いをしました。
はじめに喉が痛くなり寒気と頭痛がしたので、ただの風邪だと思い市販の頭痛薬を飲んで寝ました。
次の日も頭痛は治まらず熱が38.0度も出たので食後に再び頭痛薬を飲みました。次第に熱は下がり楽になったので、治ってきたのだと思っていたら、数時間後、再び寒気がして熱が上がり、今度は39.0度になってしまいました。咳や鼻水も出て頭痛もあり、節々が痛くなりとてもつらい思いをしましたが、「医者に行っても同じこと」だと思って行きませんでした。熱が出たら頭痛薬を飲んでひたすら寝ていました。
結局、すっかり治るまで10日くらいかかってしまいました。今思えば、インフルエンザだったのだと思います。やたらに熱を下げたので治るのが遅くなってしまったのだと思います。

インフルエンザに頭痛薬は危険

今年になってとても流行していた時期に流行にのるようにインフルエンザになってしまいました。実は今まで一度も罹ったことがなかたため、まさか自分がかかっているとは思いもよらなかったのですが、通常の風邪の症状に比べて非常に辛い症状が特徴的でした。
はじめは軽い喉の違和感から始まりました。声がかれて出にくいような感じになったので、市販ののど飴などで対処していましたがなかなか良くならず、次第に頭痛と倦怠感、関節痛がありました。市販の頭痛薬を飲もうかと思ったのですが、たまたま手持ちのがなかったためそのまま眠ることにしました。しかし、だんだん全身の症状が悪化し熱が39度まで上がってしまいました。
横になっていても辛く苦しい状態で夜を過ごして翌朝すぐに病院に向いました。病院で検査してもらった結果、インフルエンザ陽性でした。先生から聞いた話によるとインフルエンザの時に安易に頭痛薬を飲んでしまうと脳症や悪い症状を引き起こしてしまうことがあるそうです。素人判断で薬を飲むことは危険だということをとても感じました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 咽頭痛による微熱の様々な原因

    咽頭痛・微熱

    咽頭痛には様々な原因があります。私は風邪になると最初に喉にくることが多く、幼い頃は殆どが風邪で済んでいたのでそれほど深く考えずに風邪薬だけ飲んで過ごしていました。 しかしすさまじい咽頭痛と微熱が出てそれに伴い強い脱力感もあったとき、病院に行くと溶連菌と診断されました。通常の溶連菌だと高熱が出るようですが、熱は微熱のままその分喉の痛みが強かったです。当時は中学生で、長い間出席停止になりました。小学…続きをみる
  • 咽頭痛なのに熱なし!原因は???

    咽頭痛・熱なし

    私は冬になるとよく風邪をひきます。 社会人になって一年目の冬もいつものように風邪をひいてしまったのです。「また風邪か」と思いつつも社会人ということもあり簡単に仕事を休むこともできず市販の風邪薬を服用し出勤していたのです。咽頭痛もひどく、声も思うように出なかったのですが、いつもの風邪とは一点異なる点がありました。それは、熱なしということです。熱がないので頭はすっきりしており仕事の支障といえば声が出…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる