インフルエンザの体験談

インフルエンザで診断書をもらう

医師確認済み

インフルエンザの診断書は大切です

会社に通勤していた時に、咳と高熱がでるようになったので、朝、会社に電話をして会社を休む事になりました。そして、あまりにも辛いので、近くの内科医院に行って、検査をしてもらったら、私がインフルエンザにかかっている事が分かりました。
それから、その内科医院で飲み薬をもらう事になり、自宅のベッドに横になって、その薬を3食毎に飲みました。熱が39度くらい出た時があって、とても辛かったのですが、内科医院でもらった薬が効いてきたみたいで、熱も37度くらいに下がりました。咳も酷かったのですが、山場を通り越して本当に楽になりました。
行っていた会社では、インフルエンザになった時の規定が決められていて、診断書を提出しないといけないので、内科医院の先生にお願いして、診断書を作成してもらいました。会社を全部で、10日間休む事になり、本当に辛い目にあいました。これからは、家に帰ったら、手洗いとうがいを毎日しようと思っています。

インフルエンザの診断書が増えて

十分な対策を行っているというわけではないのですが、私自身はインフルエンザに罹患したことがありません。罹患の実体験がないので、イメージ的に普通の風邪とあまり区別がつかず、どれだけ気をつけなければいけない病気なのかをよく理解していませんでした。
しかし、数年前に大流行した際に、別の側面から特に注意を要する病気なんだなと強く認識させられたことがあります。私は某大学で教鞭をとっているのですが、その講義で診断書を提出して欠席する学生が相次いだのです。さらにインフルエンザは治療において隔離が必要となるため、普通の風邪と違って公欠扱いにせねばならず、その年の授業は例年よりも実質1回分少なくして成績を算出しなければならない学生が多くて苦労しました。現在でもどれだけ怖い病気か十分に理解できているとは言い難いですが、こうした実体験から、普通の風邪などとは厳密に区別されなければいけない重篤な病なのだと気づかされたことで、少なからず対策を意識するようにはなりました。

インフルエンザになったら診断書をもらいましょう

私の職場は病欠に厳しく、インフルエンザになった時も出勤しろと言われて困ったことがあります。
その日は朝から高熱があり、咳や頭痛も酷くてとても動ける状態ではなかったのですが、どうしても職場に行かなければいけない用事があって家を出ました。妻には止められたのですが、熱で頭が朦朧していたこともあり、反対を押し切って出勤してしまったのです。ところが駅に辿り着くと同時にどうしても動けなくなり、電話で妻に助けを求めることになってしまいました。そのまま病院に行き、診断をして貰うとやはりインフルエンザだとのこと。職場にも連絡をしたのですが、とにかく出勤しろと言われ、結局診断書を取ることで病欠を認めて貰うことになりました。強い感染力を持つ病気ですので、治らない状態で無理に行っては逆に迷惑になると妻に諭されてしまいました。その後一週間ほどは病院で貰った薬を飲みながらひたすら安静にして過ごしました。長引くと気管支炎なども併発してしまうというので、風邪だと思って油断してかかってはいけないと自戒しました。

インフルエンザの診断書は大切です

インフルエンザは厄介で、予防接種を受けていてもその年の流行のタイプと異なれば罹ってしまうことがあります。その分、予防接種を受けておくと万が一罹った時に症状が抑えられるので毎年念のため予防接種を受けています。しかし、冬の時期にはいくら気を付けていても空気が乾燥しているので罹ってしまうときは罹ってしまいます。
この間も、マスクをしたり家に帰ったら手洗いうがいと気を付けていはいたのですが、ちょっと体調が悪い時に風邪をひいてしまいました。症状としては熱が高く咳もひどかったので、もしかしたらと思い、病院に行きました。案の定、病院ではインフルエンザと診断されました。診断されてしまうと学校を休まなければならないのが大変ですが、重症になるので周りに症状をうつさないためにも自宅で寝ていました。この場合、医師からの診断書があると欠席扱いにはならないのでもらっておきました。専用の薬を飲んで2、3日は苦しみましたが徐々に体力が回復し、治っていくのを感じられました。

インフルエンザになったら診断書を

私は子供の頃から体が丈夫で、風邪もほとんど引かないのが自慢でした。病院にもほとんど行ったことがないまま社会人になって一人暮らしを始めました。体調が悪いと感じたのは一人暮らしを始めてから数か月後のことでした。会社からの帰り、電車に乗っているとふいに猛烈な寒気がして、間接が痛み始めたのです。
風邪でも引いたのかなと思ったのですが、その日の夜から高熱が出始め、身動きもできなくなってしまいました。体温計は持っていなかったので正確な体温は判りませんが、38度は大幅に超えていたのではないかと思います。それまで経験のないような体調の変化に布団の中で必死で耐え、早朝、病院が開くのと同時に駆け込みました。医師の診断はインフルエンザで、私が体験したような急激な発熱や体調の悪化が特徴だということです。会社に提出するため、念のため診断書を書いて貰いました。あの辛さはもう味わいたくないので、今では流行の時期になると予防注射を打ち、手洗いやうがいといった予防法をかかさないようにしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「インフルエンザリスク」チェック

その症状はインフルエンザ? それとも風邪?

空気が乾燥し、どんどん気温が下がる冬、体調を崩すことも増えてきますよね。中でも特に心配なのは、やはりインフルエンザではないでしょうか。

インフルエンザと風邪は、原因や症状に違いがあるとはいえ、なかなか見分けることは難しいですよね。
今の症状がインフルエンザの可能性が高いのか、それとも一般的な風邪である可能性が高いのか、見分けるために重要な15個のポイントを医師がまとめてくれました。
自分の症状がインフルエンザであるかどうか、まずはセルフチェックしてみましょう。

1 /15

熱が38度以上ある

インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 気管支炎でまさかの吸入器生活

    女性・37歳/気管支炎・吸入

    今年37歳になりましたが、正直気管支炎と言う言葉を聞いた事はありましたが、こんなに身近なものだとは知りませんでした。子供が生まれてから秋から冬にかけての季節はよく子供から風邪を移される様になりました。ちょっと肌寒くなってきた10月頃、まず子供の鼻水が出だします。まだ2歳なので自分で鼻をかむことが出来ないので、耳鼻科に行って吸ってもらうのですが、毎日は行けないのでお医者さんの勧めで1日数回私が鼻を…続きをみる
  • 気管支炎の影響で激しい運動ができなくなりました

    男性・29歳/気管支炎・運動

    私が29才を迎えた時の事です。 学生時代はテニス部の部員として高校や大学でも活動しており、根っからのスポーツ青年でした。卒業してからもテニスからは離れてしまいましたが、身体を動かすこと、鍛えることには相変わらず夢中だったこともあり、出勤前や帰宅後、休日にはジョギングを含めた筋力トレーニングを欠かさずに実践していました。 ところが、29才を迎えた頃、ある日、いつものようにジョギングをしていると、普…続きをみる
  • 熱が余りないからと放っておいたら気管支炎に

    男性・34歳/気管支炎・熱

    私が21歳のころです。当時はフリーターで一人暮らしをしていて、多少具合が悪くても仕事に行かないと生活が成り立たない状態でした。 年に一度は風邪をひいて寝込むような生活サイクルを送っていたので、最初は軽い風邪かと思い、仕事をしながら市販の風邪薬を飲んで治すつもりで頑張っていました。辛かったのは、数日で熱もすぐに引いたので、もう大丈夫かと思っていたのですが、喉の奥の違和感があまり取れないことでした。…続きをみる
  • 声楽専攻なのに風邪から気管支炎に

    女性・27歳/気管支炎・悪化

    小学生ごろの頃から、風邪をひくとまず喉が痛くなり、体調が快復しても咳だけが3週間ほど残るというくらい喉が弱かった私。 しかし同時に歌が大好きだったのです。自分の喉の弱さをよく分かっていましたが、大学進学にあたり散々悩んだ挙げ句、やはり夢を追っていこうと決意し、音大の声楽科を志望しました。受験の時期はインフルエンザも流行るし、花粉症の季節でもありましたので、相当ピリピリしましたが幸運にも声楽専攻で…続きをみる
健康チェック画像

「インフルエンザリスク」チェック

その症状はインフルエンザ? それとも風邪?
健康チェックする