インフルエンザ

カテゴリ
呼吸器の病気
感染症

インフルエンザの体験談

インフルエンザにかかった時の体の熱さと汗

医師確認済み

汗だらだらのインフルエンザ

私は、元々平熱が高めである上、汗をよくかく方なので、インフルエンザで高熱が出るととにかく汗が出てきます。このために、脱水症状が出たこともあります。
インフルエンザにかかって病院に行くと、必ず言われるのが、水分をよくとるようにということでした。脱水を経験した今ならそのわけはよくわかるのですが、脱水したことがないうちは、水分摂取を怠ることもありました。自分が如何に水分を失いやすい体であるのかがよくわかっていなかったのです。そのため、インフルエンザにかかっていたある日、脱水症状が出てしまったのです。すぐに水分を摂ったので、大事には至りませんでしたが、自分の体質のせいで水分を摂らないと熱でかく汗から、脱水になりかねないということをよく理解できました。
そのような経験をしたので、今では医師のアドバイスの通りに、熱のあるうちは特に、失ってしまった水分量に合わせて、水分を摂取するように気を配ることを心がけています。

インフルエンザにかかった時の体の熱さと汗

中学生だった時のある朝、少し体調が悪いように感じました。その前の年にもインフルエンザにかかったのですが、その時の感覚とは違ったことと、その前の夜何故か眠れず寝不足だと思ったこともあり、そのまま登校しました。
その日は部活の朝練があったのですが、練習中にだんだん体調が悪くなり、冬場の短時間の練習にも関わらず汗をかいてしまいました。そのあと教室へ入った後も体調が悪いままでふらふらしており、いつもは寒いと感じる教室が暑く感じられ、汗をすこし汗ばんでいました。その日はなんとクラスの三分のニが欠席となっており、その日はすぐに学級閉鎖となりました。
帰宅したのちも、やっぱり体調が悪かったので病院へ行ったところ、インフルエンザと診断されました。その時点では、今までかかった時のように体の節々が痛かったりなどがなかったのですが、病院から戻り体温を計ったところ、高い熱が出ていました。おそらく比較的軽い症状であったのが、運動したことによって悪化してしまったのだと思います。

インフルエンザで汗を掻いて完治

異様に身体の寒気を感じながら職場から帰宅して、ついでに熱はないか体温計で測っておこうと思いました。そしたら39.3度でよくこんなに熱が出てて平気だったなと自分でも感心してました。とにかく温まることと薬を飲むことを考えてましたが、変に元気だったので身体に良くなさそうな一日を過ごしてました。
そしたらだんだん気分が優れなくなり、これはいよいよ布団に潜り込まなければと思いました。次の日は頭がボーっとしてて、これはいけないと職場を早めに早退させてもらい病院へと直行しましたが、インフルエンザにかかってました。自宅に帰って薬を服用してから身体を温めてとにかく汗を流すため寝続けましたが、一向に出なかったのです。
2日目にようやく温まった身体が汗を出し始めてくれて、そのまま寝続けていた私が気がついたときにはビショビショになってました。それを3日繰り返し4日後にインフルエンザを完治したようですが、もっと早くに気がついていたらそんなに時間がかからなかったと思います。

インフルエンザでも汗をかけば治ると勘違いしていました

数年前の冬、なんだか寒気がするなと感じたので風邪かと思いお風呂にゆっくり浸かってから布団に入りました。毎年風邪をひいてもこうやって体を温めてからたくさん布団をかけて眠ると、汗をいっぱいかくことで翌日には寒気も取れて悪化しないことがほとんどだったからです。しかし、この時は寝ている間にもどんどんと熱が上がるのがわかるほどで、そのうちに関節が痛み出してまるで体がバラバラになってしまうような辛さでした。
翌日は会社を休んだのですが、全然熱は下がらず全く食欲もありません。妻がこれは風邪じゃなくてもっと大変な病気かもしれないから病院へ行こうというので、妻の運転する車で行きつけの内科に行きました。
鼻水をとって検査した結果、やはりインフルエンザとの診断でした。その時はまだそれほど流行している季節でもなかったので、自己判断で汗さえかけば治ると1日放っておいたことで、肺にも少し炎症が出るほどだったため結局完治には一週間以上かかりました。それ以来インフルエンザワクチンの接種は欠かしていません。

インフルエンザ治療中に汗のかきすぎでやせました

今から6年ほど前の1月に私はインフルエンザにかかりました。
3連休の最後の日、明日からまた仕事だなと思っていました。夜になり、のどが痛みはじめ風邪の初期症状かと思い、早めに就寝しました。翌日、のどの痛みはあるものの他の症状が何もなかったために出勤しました。ところが夕方から関節が強く痛みはじめ、帰宅後熱をはかると38度6分の熱がありました。翌日も熱は下がらず、仕事を休み病院に行きました。インフルエンザの疑いがあったため検査をしました。長くて細い棒を鼻の奥に突っ込み、検査をした結果、インフルエンザA型と診断されました。タミフルを処方され、帰宅後それを飲み、すぐに眠りにつきました。
夜の11時過ぎにものすごい暑さで目が覚めるとものすごい汗をかいていました。少し食事をして、もう一度薬を飲み就寝しました。
翌日目覚めると、またたくさんの汗をかいていて、熱は下がっていました。さらに大量の汗をかいたせいでか、体重が1キロ落ちていました。仕事は解熱後2日たってようやく復帰することができました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザの他の体験談

呼吸器の病気の体験談

  • 大人になってからの気管支炎の原因について

    気管支炎・原因

    子供の頃から喉や器官が弱くて、ちょっとしたことで気管支炎になっていましたが、それが大人になっても治りません。子供のときより頻度は減ってましにはなったものの、さまざまな原因で咳と喉の痛みが生じるのです。 例えば車の運転をしていて、冬は暖房、夏はクーラーで気管支炎になるときがあります。エアコンが良くないと思って窓を開けると、今度は交通量が多い所では排気ガスが原因で咳が止まらなくなって大変です。道を歩…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 咽頭痛による微熱の様々な原因

    咽頭痛・微熱

    咽頭痛には様々な原因があります。私は風邪になると最初に喉にくることが多く、幼い頃は殆どが風邪で済んでいたのでそれほど深く考えずに風邪薬だけ飲んで過ごしていました。 しかしすさまじい咽頭痛と微熱が出てそれに伴い強い脱力感もあったとき、病院に行くと溶連菌と診断されました。通常の溶連菌だと高熱が出るようですが、熱は微熱のままその分喉の痛みが強かったです。当時は中学生で、長い間出席停止になりました。小学…続きをみる
  • 咽頭痛なのに熱なし!原因は???

    咽頭痛・熱なし

    私は冬になるとよく風邪をひきます。 社会人になって一年目の冬もいつものように風邪をひいてしまったのです。「また風邪か」と思いつつも社会人ということもあり簡単に仕事を休むこともできず市販の風邪薬を服用し出勤していたのです。咽頭痛もひどく、声も思うように出なかったのですが、いつもの風邪とは一点異なる点がありました。それは、熱なしということです。熱がないので頭はすっきりしており仕事の支障といえば声が出…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる