医師監修

肺腫瘍とは

肺腫瘍は、良性のものと悪性のものがあります。また、悪性腫瘍は肺や気管支の組織から発生した原発性肺がんと、他の臓器から転移してきたものに分けることができます。原発性肺がんには喫煙が大きくかかわっているといわれています。

肺腫瘍の症状

肺は、鈍感な臓器であるため腫瘍が進行しても気づかないことが多いです。そのため、早期発見が難しい臓器です。肺腫瘍の場合、咳、体重減少、呼吸困難、胸痛、血痰等の症状が発生しますが、肺炎や気管支炎など呼吸器系の病気でも見られる症状です。そのため、これら呼吸器症状が続く場合には、早めに医療機関に受診することが必要です。
  
医療機関では、喀痰検査、腫瘍マーカー、CT、MRI、PETなどの検査により、肺腫瘍の診断を行い、同時に、腫瘍の種類や進行度合いに応じて治療法が決定されることになります。また、他の臓器からの転移によって肺腫瘍が発症した場合には、原発の臓器(部位)に合わせた治療が行われることになります。

肺腫瘍の原因

腫瘍は、遺伝子に異常が生じ、細胞が異常増殖することによって発症します。この遺伝子の異常が生じる原因として、発癌性物質、放射線、紫外線、慢性の炎症、体質、遺伝等様々な要素があり、これらが単独、もしくは複数の要素が組み合わさり発症に至ります。
  
肺腫瘍の場合は、「たばこ」が原因となる場合が多いとされています。タバコには、4000種以上の化学物質があり、そのうちの有害物質が複合的に組み合わさり、遺伝子の異常を誘発していると考えられています。ただし、「たばこ」は絶対的な原因であるとはいえず、喫煙者でも肺腫瘍にならない場合や非喫煙者で肺腫瘍を発症する人もいるため、体質や遺伝の要素もあります。

肺腫瘍の治療法

肺腫瘍の治療は、種類(小細胞腫瘍・非小細胞腫瘍)と進行度合いによって決定されます。
  
小細胞腫瘍及び非小細胞腫瘍も早期の場合には、手術で摘出しますが、小細胞腫瘍は、抗がん剤や放射線治療は効果があるため、積極的に行われます。
  
一方、非小細胞腫瘍は抗がん剤や放射線治療の効果が薄い一方で、小細胞腫瘍よりも手術で摘出できる場合が多いため手術及び、抗がん剤と放射線治療の併用が行われています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください