呼吸器感染症こきゅうきかんせんしょう

カテゴリ
呼吸器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

呼吸器感染症とは

呼吸器感染症は上気道に炎症を起こした症状が特長の病気です。かぜ症候群とも呼ばれており、急性咽頭炎や急性扁桃炎、急性喉頭炎などが含まれます。どの症状も、急性的に現れ、強い喉の痛みを感じます。誰にでも発症する可能性があるので、風邪の流行時期には注意が必要です。

呼吸器感染症の症状

呼吸器感染症の症状は、強い喉の痛みが特長的です。また、発熱や咳、鼻汁などの症状も現れます。

通常では、2週間程度で症状が治まることが多いようです。呼吸器感染症の症状により、以下の病名が挙げられます。
・急性気管支炎
・慢性下気道感染症
・肺感染症

特に高齢者の場合は、重篤化して呼吸困難になることもあるので注意が必要です。咽頭部の急性の炎症が症状の特長で、赤く腫れた喉がすぐに確認できます。食物や水分を飲み込むたびに、強い痛みを感じる症状が現れます。インフルエンザウイルスにより、発症することも多くあります。

呼吸器感染症の原因

呼吸器感染症の原因は、ウイルスの感染がほとんどです。ライノウイルスや、コロナウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが、原因として挙げられます。他にも、呼吸器感染症の原因となる病原性の微生物には、グラム陽性球菌やグラム陰性球菌が知られています。グラム陽性球菌の中には、重篤な症状を引き起こす肺炎球菌や黄色ブドウ球菌があります。

感染経路は、空気感染や接触感染となります。感染者が身近にいる際には、手洗いやうがいをすることである程度の感染は防ぐことができます。原因となる、病原性細菌は多くあり、誰でも感染する可能性があります。風邪の症状のほとんどが、呼吸器感染症となるのです。

呼吸器感染症の治療法

呼吸器感染症を予防するには、前もって予防ワクチンを接種すると効果的です。予防ワクチンとして、肺炎球菌ワクチンや、インフルエンザワクチンなどが知られています。

特に、免疫力の弱い小児や高齢者は、早めの接種が必要です。日常生活での予防策では、免疫力を高める生活を心がけることが重要となります。

原因となるウイルスの感染を防ぐためには、規則正しい生活を送り喫煙や飲酒を控えるようにしましょう。また、風邪の流行時期には人込みを避け、マスクの着用やうがい、手洗いを行うと予防に効果的です。

治療は、抗性物質の投与などの薬物治療が行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

呼吸器感染症に関するコラム