とびひ/伝染性膿痂疹の体験談

あっという間に広がるとびひの抑え方

医師確認済み

子供のとびひは拡がるのが早いです

子供が保育園に通っているのですが、園内感染で「とびひ」をもらってきてしまいました。まだ小さい子供なので、掻いたらだめという事を言ってもわからないので、治療が大変でした。
始めは親の私もとびひと気がつかずかゆみ止めの小児用軟こうなどを塗っていたのですが、全然良くなりませんでした。当然かゆいので子供はあちこち掻いてしまうのですが、これが原因であちこち拡がってしまいました。一部ジュクジュクしてきてまずいと思い、近所の皮膚科を受診しました。お医者様にかゆみを抑えるためのかゆみ止め、抗菌剤、ステロイド剤などを処方してもらいました。ただ子供が、なかなか掻くのを抑える事ができずに、完治まで3週間くらいかかりました。爪の間などに菌が入り、その指で他の場所を掻くので拡がってしまうのですが、特に顔の部分は大変でした。夜寝ている時に無意識に掻いてしまう事もありましたので、冬場だった事もあり、薄い綿の手袋をしてやることで少しでも広がるのを抑えるようにしました。

早期完治は我慢が大事

始めは何でもない痒みからでした。その日は昼間も暑く、夜は熱帯夜だったので汗で痒いのかな?と思いつつ寝ぼけながら軽く腕を掻いて寝たのです。すると朝起きて腕を見ると赤いブツブツが出来ていて、水ぼうそうだと思い急いで病院に連絡し診察してもらうと水ぼうそうではなく「とびひ」だったのです。それまで、とびひは免疫力の低下した子供がかかる病気と思っていたので、大人でもストレスが溜まっていたり過労で疲れていたりするとかかると聞いて驚きました。
そして注意点などを聞いて治療薬をもらい、その日からとびひの広がりを抑えるために痒みを抑える軟膏や抗生物質を使い内側と外側の両方から治療しはじめました。この病気は皮膚を清潔に保つことが重要なので、夏場にかかった私は汗をかいたらシャワーを浴びるの繰り返しを続け、タオルも家族と別々に使用し就寝時も患部を無意識に掻きむしらないように手袋をはめて寝てたので治りが比較的早かったです。

乳幼児のとびひについて

子どもが0歳の時に、乳幼児湿疹からとびひとなりブツブツが広がっていきました。初めは、放置していたのですが段々と赤みが増して色々なところに発生し、とびひとなりました。抑えるために塗り薬を処方されました。医者に注意されたことは、ブツブツが発生した部位を衣類に擦り付けて痒みを防止させる行為をおこない、それがエスカレートすると膿や液体が発生して他の患部にさわって発生するメカニズムと説明してくれました。
また、手で触れることでそれを他の所を触ってとびひになるそうです。したがって、早く塗り薬で抑えると同時に、清潔に保っておくことが重要です。顔をふくタオルやガーゼは、ブツブツ専用にして使い分けることが重要です。手でかくことがやまない時は、入念に爪を切って清潔に保つことや、手袋をさせて傷つけないようにすることが重要です。シーツや衣類の交換周期や洗濯周期を短くして清潔に保つことと、ほこりなどを発生させないように気を配ることも重要です。

とびひを抑えるには掻かないのが一番

4歳の子供がとびひが完治しなくて悩んでいました。もともとアトピー体質ですが、春から4回もその病気になって痒い痒いと泣きます。治りかけてもまた掻いてしまって、どんどん範囲が広くなってきての繰り返しです。真っ赤になった肌をみて可哀想でどうしていいのか分かりませんでした。直ぐに皮膚科へ行って抗生剤とアレルギーを抑える薬を処方してもらいました。掻いたらだめといっても掻いてしまうので治るのは半年かかった事もありました。
小学校に入ってからは、とびひになって痒みを抑える薬などを塗って掻いちゃダメよ、と言うと、掻いたら治らないと分かるらしく、直ぐに完治するようになりました。今はあの時のように何ヶ月も悩む事もなく、とびひになるのも減りました。今思えばガーゼで覆わない方が良いと言われても、年齢や症状によってはその部分にガーゼなど覆っておいた方が良かったのかなと思います。小さい頃は辛かったと思いますが、今はあまり悩まされる事もなく過ごしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とびひ/伝染性膿痂疹の他の体験談

皮膚の病気の体験談

  • 虫刺されをかきすぎて内出血に

    虫刺され・内出血

    最近蚊に刺された場所があったのですが、痒みが強すぎて血が出るくらいかいてしまいました。 その結果内出血のような状態になってしまったので、念の為皮膚科を受診しました。 皮膚科に行って診てもらった結果、単なるかきすぎによる炎症だと言われました。体には全く問題ないので、大事をとって消炎薬を処方すると言ってくれました。医師に処方された消炎薬は塗り薬タイプの物でしたから、使いやすく、毎日刺された場所にそれ…続きをみる
  • 虫刺されを掻いて、しこりになってしまいました

    虫刺され・しこり

    以前、虫刺されの跡がしこりになってしまったことがあります。 高原の川でのことでしたが、遊んでいるうちに何かに足を10数か所刺されました。宿泊先で聞いてみたところ、そのあたりにいる、ブトという虫に刺されたのだろうということでした。 夜になると刺された所は赤く腫れ、強いかゆみも出てきました。薬も宿泊先の人に貸してもらい塗ったのですが、翌日になってもかゆみがひかず、より腫れてきたので、帰宅してから皮膚…続きをみる
  • 私のAGA進行は頭頂部からでした

    AGA・頭頂部

    私は、とても早くにAGAを発症してしまいました。20代前半の頃に頭頂部の髪が、立ち上がらせるのがやりにくくなった事で気付きました。 その日から風呂の排水溝を見たり、ドライヤーの後にもどれ位抜けたのかを確認したり、枕元の髪の毛を見ていました。 それからは、とても気になって他の事に支障が出る位までに悩みました。 ある日に怖かったのですが、鏡で頭頂部を確認すると見事に薄くなっていました。これは、完全に…続きをみる
  • ブヨによる虫刺されで発熱!

    虫刺され・ブヨ

    高原のリゾートホテルに宿泊した際のことです。 近くに川があり、そのあたりを散策していました。その時の私はスカートをはいており、足はストッキング1枚でした。 異変に気付いたのはその川からの帰り道です。足がかゆいような気がして触れてみたところ、手に血がついたのです。びっくりして足を見てみると、ストッキングの上から何かに噛まれたようで、20か所くらいから血が出ていました。私は驚いてすぐホテルの部屋に戻…続きをみる
  • あかぎれにステロイドは必要か否か

    あかぎれ・ステロイド

    あかぎれはとても辛いものです。ステロイドを使用すれば早急に回復しますが、副作用も気になるところ。重症化した場合には仕方ないですが、できるだけステロイドの使用は控えたいと思っています。 あかぎれの原因は乾燥ですから、とにかくその状態にならないように予防することが大切だと私は考えています。まず第一に、洗剤など肌に触れるものは洗浄力のきつい合成のものは避け、純せっけんや重曹などを活用します。洗浄力の強…続きをみる