かぶれ/接触皮膚炎に関する薬

薬剤師監修

かぶれ/接触皮膚炎の薬の上手な選び方・使い方

かぶれや接触皮膚炎の薬は、薬局で売られているOTC医薬品(市販薬)にも様々な種類がありますが、どう選んだら良いのでしょうか。

何らかの外的刺激に対して、皮膚が敏感になり炎症を起こしている症状の場合、それの原因を特定するのが必要です。接触皮膚炎の場合は、その物質を遠ざける、肌に触れさせないことが前提になります。赤ちゃんのおむつかぶれなどのように、常にその刺激を受けている場合、刺激から肌を保護する目的で、たっぷり塗ってあげます。薬だからあまり多く使いたくないといって薄く塗っていたのでは、効果がありません。おむつかぶれには、ステロイド剤のはいっていないクリームタイプの塗り薬を選びます。

また、アレルギー(金属や植物、化粧品など)が疑われる場合、かゆみを伴うことが多くあります。この場合は、ステロイドの入った軟膏タイプの物が良いでしょう。薬局で売られているものは、ステロイドの強さが比較的穏やかなものが多いですが、よく効くからといって長期間にわたって塗るのはよくありません。ステロイド剤の基本は「火消し」の役割と思ってください。腫れや赤み、かゆみが良くなったらすぐに使用をやめましょう。患部が乾燥しているような場合には、ステロイド入りのクリームタイプの塗り薬を選びます。

かぶれ/接触皮膚炎の薬の副作用と注意点

薬局で売られているタイプの塗り薬ですぐに効果が現れたら、使用をやめてもよいのですが、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬の内服薬もあります。こちらは、飲むと眠くなりやすいという副作用があるので、車や機械の運転をする人は使えません。かゆみで夜寝られない人や、塗り薬を塗っても掻いてしまうような場合には有効です。

また、ステロイド入りの塗り薬を塗ってもよくならない場合は、菌による炎症による可能性がありますので、数日たってもよくならない場合は、受診しましょう。菌には菌に効く薬を塗らないと良くならないので、とびひなどの場合もステロイド剤だけでは効果がありません。

ステロイド入りの塗り薬は、顔面には使えません。部位によってステロイドの成分が吸収しやすい部位、吸収しにくい部位がありますので、どこがかゆいのかによって選択肢が変わってきますので、薬剤師に相談します。

患部を包帯で覆ったり、ラップで巻いたりするとかえって悪化する場合があります。塗り薬を塗る前には、患部と手指を清潔にします。患部が広がってしまったり、ほてりや熱が出てきた場合にはすぐに中止します。また軟膏の成分であるワセリンが肌に合わない人もいるので、塗り薬を塗ってかえって痒みが増した場合は、すぐに洗い流します。

かぶれ/接触皮膚炎の薬の飲み合わせ

塗り薬だけの場合は、特に他の薬と合わせて使う上では注意はありませんが、飲み薬の場合は、飲み合わせに注意します。薬局で一般薬を購入する場合でも、他の病気で治療中であることを薬剤師に相談します。かゆみ止めの内服薬である抗ヒスタミン剤は、眠気を催すことがよくありますが、軽い風邪で市販の風邪薬を飲んでいるような場合も、風邪薬の中にも同様に眠くなるような成分が入っているので、重複するとその作用が強まりますので危険です。同様に、鼻炎薬や解熱鎮痛剤、去痰剤、酔い止め薬とも併用はできません。

かぜ薬の中にも抗ヒスタミン剤が入っていないものもありますので、かぜの症状もあって辛いというような場合は、抗ヒスタミン成分が被らないような薬を選びます。

逆に抗ヒスタミン薬の効果を薄めてしまう内服薬もありますので、こちらも注意が必要です。一部の胃薬や便秘薬、またサプリメント等にも抗ヒスタミン薬の効果を弱めてしまう成分が含まれることがあります。日常的にサプリメントを飲む習慣のある人は、注意します。

内服薬には飲み合わせ次第で眠気を強める作用が高まるものがありますので、必ず添付の説明書をよく読み、薬剤師に相談の上に購入・服薬するようにします。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かぶれ/接触皮膚炎に関する薬一覧

次へ