アトピー性皮膚炎に関する薬

薬剤師監修

アトピー性皮膚炎の薬の上手な選び方・使い方

アトピー性皮膚炎の薬でよく使われるものとしては、ステロイド外用薬が代表的でしょう。ステロイドは他の病気でも使われますが、皮膚の炎症を抑えるためにアトピー性皮膚炎でも用いられるものです。

ステロイドは薬の種類によって強さのランクが異なるので、一度医師の診断を受けて、自分の今の状態を知っておく必要があります。市販薬にもステロイドが入っているものがありますが、自分のアトピーの段階がわからない状態で使ってしまうと、かえって悪化を招く恐れがあるからです。まずは自己判断をせず、医師の判断を仰いで処方をしてもらってください。

体の部位によって炎症の程度が異なる場合、強さランクの異なるステロイドを使うこともあるので、しっかり分けて塗る必要があります。体には正常な皮膚の部分や炎症が少ない部分も混ざっているので、副作用を防ぐためにもむやみに強いステロイド剤の成分を皮膚に吸収させる必要はありません。こうした点からも使い分けは重要です。

また、ステロイドではない免疫抑制剤としては、タクロリムスが成分の軟膏もあります。こちらは主に皮膚の炎症が治まってから使うものです。上記のステロイド同様、体の部位によって使い分けを行うもので、医師の処方でのみ入手が可能です。ステロイドとは成分が異なる薬なので、自己判断は禁物です。ステロイドを使わなくても良い部位は、こちらの軟膏を使うと良いでしょう。

アトピー性皮膚炎の薬の副作用と注意点

ステロイドはアトピー性皮膚炎の治療薬ではないので、当然副作用もあります。ステロイドは長期間使い続ける薬ではないので、アレルギーを抑えるだけではなく、正常な皮膚細胞の活動も妨げてしまい、皮膚が薄くなるなどの症状が起こります。

また、使いすぎると耐性が付き、効かなくなってしまいます。そうなると、また薬剤のランクを上げなくてはならず、この繰り返しになりがちです。ステロイドに依存してしまう形です。そのためには、医師と相談し、抗アレルギー剤の内服薬と併用をするなどして、強さのランクを上げない工夫をしなくてはなりません。

あくまでステロイドは「短期的な薬」であるということを忘れないでおくことが大切です。炎症が起こっているときにだけ使うように心掛け、炎症が少ない時は保湿剤とうまく組み合わせていきましょう。

そして、タクロリムス軟膏についてですが、これは炎症がある部位に使うとほてりやかゆみが起こります。ステロイドのような副作用はありませんが、炎症がしっかりおさまってからでないと使うことができません。「ステロイドを使いたくないから」といった理由で炎症があるにも関わらず使うとかえって悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の薬の飲み合わせ

アトピー性皮膚炎で使われる外用薬は、併用が可能であるものが多いですが、不安がある場合は医師に相談してみましょう。

ステロイドは保湿剤と併用することもできます。炎症部分にだけステロイドを使い、他の部位は保湿剤を使うと良いでしょう。病院などの処方によっては、保湿剤とステロイドを混ぜて出されることもあります。特にステロイドの濃度を薄めることなく、同時に保湿もできるというものです。

タクロリムス軟膏についても同様で、ステロイドや保湿剤と併用できますが、ステロイドのように保湿剤と混ぜて処方はできません。そのため、別々に塗り分けなくてはならない点に注意が必要です。

また、アトピー性皮膚炎の症状によっては、抗アレルギー剤などの内服薬の処方がある場合があります。抗アレルギー剤を服用している間は、同じ成分の薬を重複して服用しないようにしましょう。病院で風邪薬などとして処方を受けていても、同じ成分が入っているケースがあります。抗アレルギー剤にはもともと眠気やだるさを引き起こす成分が入っています。それを重複して摂取することで、より強い副作用を招く恐れがあるので、受診の際には服用している薬のことをしっかり伝えておくことが必要です。市販薬の場合は知らず知らずに飲んでいる場合があるので、表記を確認しておきましょう。表記に同じ名称で書かれているかわからない場合は、薬剤師の方に効くことを忘れずにしてください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎に関する薬一覧