知っておこう!子どもの「しもやけ」対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

子どもの頃に、冬のしもやけがかゆくて困った…なんて思い出のある人もいるのでは?
しもやけは大人より子どもの方がなりやすいといわれています。なぜでしょうか? 今回は「子どものしもやけ」について医師に聞いてみました。

どうしてしもやけになるの?

しもやけは
1. 寒さや冷えによって、血液がうまく循環しなくなる
2. 体の末梢部分(手足の指や耳)へ栄養が届かなくなる
3. うっ血や炎症が起きる
ということによってできるといわれています。

子どもはしもやけになりやすい理由は?

【子どもがしもやけになりやすい理由】
・背が低いので地面に近く、外気の影響を受けやすい
・体温を調節する機能が整っておらず、体が冷えやすい
・免疫力が低い
・経験値が低く、自己調整しにくい

さらに子どもは冬でも外遊びをして、冬でも汗ばんだり、手足が蒸れたりします。この状態で寒いところにいると末梢の血行が悪くなり、手足がしもやけになりやすくなります。

できやすい場所と症状は?

【できやすい場所】
1. 地面から近く最も冷えやすい、足の指
2. 続いて、手の指や耳の先など

【症状】
・赤くなったり、紫色になる
・湿疹様になることもある
・かゆみが出る

とくに、子どもはかゆさを我慢できず、よくかくようになります。しもやけがひどいと、かゆくて眠りにくくなったりすることもあるようです。

しもやけを防ぐために気をつけたいこと

・冬でも汗をかいたりしたらしっかり拭き、靴下を変える
・冷えないように、手袋や厚手の靴下を履かせる

また、子どもの場合は、夏と冬の靴が同じであること多いですが、ブーツなど冬用のあたたかい靴を履くようにすることも効果的です。

医師からのアドバイス

しもやけ改善には、以下のことを試してみてください
・お風呂は湯船につかり、しっかり末梢まであたためて血行をうながす
・ビタミンEを含有した軟膏薬などを塗布

それでもあまり改善せず、症状がつらいときは病院で受診しましょう。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

しもやけ(凍瘡)について